ニューヨークの想い出

ニューヨーク生活20年間の想い出を書いていこうと思います。

3152、平和賞

2016年10月15日 | Weblog
ノーベル賞受賞のニュースが毎日のようにマスコミを賑わせています。
3日、ノーベル生理学・医学賞は「オートファジー」の仕組みを発見した東京工業大の大隅良典栄誉教授が受賞すると発表されました。
13日、文学賞はボブ・ディランに授与されることになりましたが、賛否両論2分しています。
文学とは何か?、という論争にも発展しそうです。
52年前(1964年)の10月14日、キング牧師のノーベル平和賞受賞が決定しました。
35歳での受賞は最年少の平和賞受賞でした。
2014年、マララ・ユサフザイさんが17歳で受賞し、最年少記録を大幅に更新しました。
今後、マララさんの記録を更新する人は出てこないでしょう?
2009年、就任間もないオバマ米大統領は「核なき世界」を訴えノーベル平和賞を受賞しました。
それから7年、アメリカ、世界はますます混迷してきました。
今年の平和賞はコロンビアのサントス大統領に授与されます。
左翼ゲリラ・コロンビア革命軍(FARC)と4年間交渉を重ねた末、今年6月に停戦合意に達し、50年余りの内戦を終わらせたことが評価されました。
しかし、停戦合意をめぐる国民投票では、反対票が50.24%と多数を占め、前途多難。
世界の平和はまだまだ先のようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3151、文学賞 | トップ | 3153、特需 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL