ニューヨークの想い出

ニューヨーク生活20年間の想い出を書いていこうと思います。

3453、民泊

2017年08月13日 | Weblog
トランプ米大統領の生家が民泊になりました。
ニューヨークのクイーンズ地区にあるトランプ米大統領が生まれ育った家が、空き室などを利用した民泊の仲介サイト「Airbnb」を通じて貸し出されることになりました。
トランプ氏の父親が1940年に建てた一軒家で、トランプ氏は4歳まで生活しました。
家の内装は、トランプ大統領が幼少期に過ごしていたころとほとんど変わっていないようです。

寝室は5つあり、最大20人が宿泊できます。(ANNニュースより)
1泊の料金は725ドル(約8万円)だそうです。
クイーンズ区ジャマイカ・エステートにあります。
近隣で類似した家の民泊相場は1泊350ドル前後で、大統領の生家ということでかなり高めです。

ジャマイカ・エステートは「514、ケネディ空港からマンハッタンに行くルート」の地図で、空港のすぐ北(赤丸辺り)
ニューヨーク旅行のお勧め。
ニューヨークのケネディ空港に着いたらマンハッタンに行き、マンハッタンのホテルに泊まる。
1週間ほどの旅行を終え、最後の夜はトランプ大統領の生家に泊まる。
空港から近いので朝、ゆっくりできます。
値段は高いが、最高の土産話になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3452、田植え | トップ | 3454、伝説に終止符 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事