バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

楽しかった!初めてのボブスレートリオ&アメリコ

2017-10-29 | ライヴ報告
ボブスレートリオとAmerico。
昨夜はずっとナマ体験したかった2バンドの共演LIVEでした。
「店主が観たい人を呼ぶ!」の典型みたいな夜。
満足しました。

先攻はボブスレートリオ。

BeatCaravanのギタリストボブのリーダーバンド。
若き激烈音楽マニアであるボブのセンスの良さが炸裂したバンドサウンドとオリジナル楽曲に関心しきりの俺でした。
時にロックパイルのようでブリンズレーのようで後期XTCのようでもある楽曲が隙間を生かしたバンドサウンドで繰り出される。
テレキャスターのサウンドがなんとも心地よい。ドラムとベースも相性が良くかなり気持ち良いロックトリオぶりでした。

そういえばかつてボブがバイユーにエレキギター弾き語りカバー選曲で出演したことがあったけど、その時彼の演奏した楽曲がダン・ペン1曲を除いてまったく知らないミュージシャンのものだったことを思い出しました。
ルーツミュージックからパンク、ガレージ、パワーポップ(というらしい)までそれぞれの重箱の隅まで幅広く聴く、年齢詐称⁉︎のリスナーであり素晴らしいギタリスト。こんな若者もいるんですね。
(でもハタチそこそこだった彼もいつしかそれなりの歳に…)
そして何よりガツンときたのがアンコールで「バイユーゲイトなのでニューオーリンズを…」と演奏されたアラン・トゥーサンの『Whirlaway』!
こんなのやるロックバンドなんていないだろー!?

参りました。やるなぁ。

後攻はアメリコ。

ガレージ界隈で人気のこのご夫婦デュオもナマで聴きたかった!
バイユーにお客様として来ていただいたことはあったけど出ていただく機会がなかなか作れずにいたけれどようやく実現。

楽しみました♪

この日は新作CD発売直後最初のライブで、最近一緒に活動中でレコーディングにも参加している
ガレージ界のキュートなレジェンド(americoサイトより)ローラさんをベースに加えたトリオでの登場。
2人での映像をいくつか観たことがあったけど、そこにひと味プラスアルファ!ローラさんの摩訶不思議に微かにうねるベースラインが絡み気持ちの良いポップロックンロールを聴かせてくれました。

親しみやすいメロディライン。気持ちのいいロック度合い。楽しいロックショーでした!
オリジナルのダンエレクトロを抱えた女性2人が並ぶ絵面も素晴らしく
そりゃぁお客さんも盛り上がります。

終演後の宴も楽しく、良い夜でした!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜はアメリコとボブスレー... | トップ | 今夜もよろしくお願いいたし... »

コメントを投稿