バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

坂本博之選手が遂に…

2006-11-24 | ボクシング
パッキャオ選手を称えるブログを書いたところで更に…。読んで下さってる方、連続ボクシングネタお許し下さい。

プロボクサー坂本博之選手が来年1月の試合での引退を表明したそうです。

感想は言葉に、文章に、し難いものがあります。
引退は残念ですが4、5年前でも驚かなかったとは思います。
これ以上ダメージが蓄積しないうちにリングを降りて欲しいという気持ちもありました。
なのに…絶句。です。

彼の試合は東日本新人王の頃から現場で観戦してきました。強さを見せつけた試合もたくさん観ましたが
彼がことごとく敗れた4度の世界挑戦を全部会場で観戦しました。
2度のダウンを奪い、今にもレフェリーストップで王座奪取!というところまでたどり着いたセラノ戦。そして観戦者のくせに悔しさをたっぷりと味わった畑山戦。



…どんなインチキ判定でも茶番でもいいからチャンピオンになるところを見たかったとさえ思います。
これまで僕と一緒に坂本選手の試合に行った何人かの人たち。こんな馬鹿な事さえ書いてしまう気持ち、わかるよね?
うーん。セラノ戦の1Rに時間を戻してくれ~。Photo_19


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マニー・パッキャオ凄すぎる... | トップ | ロックウッドさんさようなら »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蛇屋 鰐太郎)
2015-12-29 19:03:35
ヒルベルトセラーノ戦は、思い出す度に
歯がゆいのう!
Unknown (ゆう)
2016-01-06 11:13:17
ワニタロー!歯がゆいなんてもんじゃないで!!
今でもあそこで終わりでも誰っちゃぁ怒らんかった!って本気で悔しい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。