赤坂の不動産業「バトルステーション」営業日記

赤坂で不動産業を営んでおります株式会社バトルステーションの日記です。

やる前から無理と言う人

2016年10月19日 | 日記
私が、世の中で接していると自分で経験していないにも関わらず、チャレンジする前から何となく無理そうだからという理由で「出来ない」とか「やっても無駄だ」とか言う人がいる。
私は、そういう人の思考が信じられない。
過去の常識が何となく無理そうな雰囲気を醸し出しているだけで、その案件、事案が失敗するかは限らないのに、最初から「無理だ」と諦める人が結構いると思っている。
忙しいから、無理そうなことはやらないのか。私はそういう人に限って大して忙しくない人がそう言っていると思っている。ただ面倒臭いから避けて通っているだけだと思う。
私は、駄目そうだったら何故上手くいくようなやり方を考えてトライしてみないのかと思うのである。
その目的を達成するのに、やり方は一つでは無いはずだ。色々なやり方を考え、駆使して成功に導いて行けば良いではないか、と思うのだが、失敗することが怖いのか、失敗した後の後始末で責任を取るのが嫌なのか、よく分からないが、私はそういう時に「何でやる前から諦めるのか」と質問する。当然その質問に回答は無い。
やらないことに根拠が無いからである。
勝負の世界では撤退すにも根拠があると思う。それは色々手を尽くしたが、現状で考えうる方策は全部やり尽くした後の撤退であれば自他ともに納得できると思うが、戦う前からの只、強そうだ、無理そうだ、駄目そうだ、で撤退であれば只の頭を使っていない敗軍の将と同じである。
こういう人は最もらしく出来ない言い訳を並べ立てる、しかしやれる方法は考えない。
ビジネスマンとしては失格である。
ビジネスマンは常に挑戦を続けていかなければ成長しない。スポーツと同じで自分の限界にチャレンジしない人間は、スポーツが上達しないのと同じように今よりも仕事が出来るようにはならない。
スポーツも仕事も原理原則は同じである。
やる前から自分の限界を決めずにチャンジ精神を持って、何でもやってみる事である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運がいい時ほど危ない | トップ | 配偶者控除に一言 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。