知らなかった 英単語今日の発見

映画、ドラマ、小説、ニュース。
毎日たくさん出会う知らないことば。
忘れないようにブログに残していきます。

新オリエント急行殺人 さてどうでしょう

2017年06月16日 | 英語
For One More Day (English Edition)
クリエーター情報なし
Hachette Books

がんばって(?)最後まで読まずに、聴きました。

でもやっぱり読みたかったかも、、、

 

オーディオブックがもっと楽しく聴けるようになったら、私の永年の課題「リスニング」も向上するんじゃないだろうか、なんて期待してるんですけど。

 

もう1冊、読まずに聴いてみようと思います。

Murder on the Orient Express (Poirot)
クリエーター情報なし
Harper

デヴィッド・スーシェ氏の朗読なので、気分はそりゃあもうポワロ! 

でも読みたくなっちゃうかもなあ。がんばってみます。

 

11月公開のケネス・ブラナーポワロはどうでしょう。髭が見事。

Murder on the Orient Express Trailer 2017 Movie - Official Teaser

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーディオブックを聴いてみる | トップ | ついに殺人が、さあ、ポワロ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Lily)
2017-06-17 00:58:49
語彙力が高いばっちもんがらさんですから、慣れればきっと耳読書も楽しまれるようになるでしょうね。

そういえばクリスティのオーディオ、短編は2本聞きました。やはり読んでから聞きました。私はそうじゃないとムリですね。以前コメントしましたがドラマ形式のPhilomel Cottageは現代風に設定が変えられていてびっくり。もう1つはクリストファー・リーのS.O.S.で良かったです。短編に絞ろうかな。

長編もいくつかPCに入っていますが、BBC版と日本版のそして誰もいなくなったを見たのでそれも聞きたいですねえ。オリエント急行も内容を知っているからいいかも。スーシェの声ならなおさら。またどんな感じか教えてください。
Lilyさん、 (ばっちもんがら)
2017-06-17 21:39:20
For One More Day よりずっと聞きやすいです。それに何と言ってもクリスティーですからね。面白さが違う!

現代版のPhilomel Cottage どんな感じなんだろう。

そういえば前に 
ジョーン・ヒクソン
クリストファー・リー
デビッド・スーシェ
ヒュー・フレイザー

この4人がナレーションをしているオーディオブックのことをブログに書いたことがありました。クリストファー・リーのものもけっこうあるんですね。

ちょっとオーディオブック楽しくなってきました。
Unknown (Lily)
2017-06-18 01:19:34
Philomel Cottageは朗読ではなくドラマ仕立てになっているので原書で文字を追えずちゃんと理解してなかったと思うのですが、ヒロインが確か速記をやっていたはず。オーディオでは結婚後も家で仕事をしていて、いきなり家の手入れをしにきた男に驚いて帰宅した夫に「なんで誰かを雇うと言ってくれなかったの」と尋ねると彼が「君が自分でやりたいのはわかるけれど、君はあまりにコンピューターに時間を使っているから」みたいな会話があったんですよ。
ヒロインが独身時代に夫になる男性が(本ではジェラルド・マーティンでしたが、ドラマではテリー・マーティンと名乗ってました)「仕事が終わったら一杯どう?寿司は?」なんて言ってたので笑ってしまいました。寿司はないだろうと。

ばっちもんがらさんのこの記事や最新のものを読んで
クリスティーをオーディオで楽しめたらいいだろうなと感じます。短編も長編もいくつかPCに入れているのですが、チャプターに分かれていないんですよ。ずっと聞いていれば「チャプター3」とか言うのかもしれませんが、PC画面上に表示されないので一体いまどこまで進んでいるのかわからなくて。

前にばっちもんがらさんが紹介してくださったオーディオブックのサイトだと思いますが、オリエント急行殺人事件が無料で聴けますね。それもしっかり6章に分かれていて。これなら1度につき頑張って1章分聴こうと目標を立てられますね。ただそれぞれ1時間越えなので5分もたないこともある私にはハードルが高いです(^^;;) それでもトライしてみたい!という気持ちにさせて頂けるこのブログの存在はありがたいです。ありがとうございます。
Lilyさん、 (ばっちもんがら)
2017-06-19 23:32:22
Philomel Cottage 、現代風に少し設定を変えるというのはわかりますが、名前まで変えるというのは不思議ですね。

カラオケ、寿司、日本語がかなり浸透してますが、やっぱり英語の中にこういう音が出て来ると、なーんか変と思ってしまいますね。

オリエント急行はストーリーがわかっているせいか、思っていたよりすんなり聞けています。でも初めて聞くものはこうはいかないんだろうなあと思います。

このところ目の疲れがひどくて、そういう意味でももっともっとオーディオブック利用した方がよさそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。