知らなかった 英単語今日の発見

映画、ドラマ、小説、ニュース。
毎日たくさん出会う知らないことば。
忘れないようにブログに残していきます。

going forward

2017年02月13日 | 英語

「ニュースで英会話」、今日は2月7日放送分の「東京のタクシー初乗410円開始」というニュースから。

よく知っていると思っている単語もきちんと説明されると、「そうだったのか」ということが多いです。そういうのは普段は気づかずに聞き流しているんだろうなあ。

The previous fare covered the first two kilometers and was about six dollars and 30 cents.

これまでの運賃は、最初の2キロを行くのに、およそ6ドル30セントでした。

coverには「覆う」という意味もありますが、「適用される、対象とする」や、ここでの「(ある距離を)進む、移動する」などの意味もあります。

という説明でした。

「適用される」と解釈するのかと思ったら、違うんですね。

cover は英辞郎では自動詞、他動詞合わせて項目が29!

「(ある距離を)進む、移動する」という意味はちなみに英辞郎では9番目でした。

 初乗料金は"starting fare" と"initial fare"の2つが紹介されています。こういうの英語で説明しようとすると、簡単そうだけど出ないんだなあ。

 

今年から日課になった「しごとの基礎英語」は1日10分間の放送を見るだけなので、、「ニュースで英会話」のように油断すると溜まってしまうこともないので、完全消化ですっきり。

既に番組は3年目に入っているので、これまでの放送で使われたフレーズは「ゴガクル」でチェックしています。

「ニュースで英会話」の内容とかぶることもあるし、TOEICのテキストにそっくりな文があったりと、「相乗効果」でなかなかいい感じです。

 

This is all for now, but we plan to develop many more products going forward

現時点ではこれだけですが、今後もっとたくさんの商品を開発する予定です。
これは去年の11月に出てきた表現。
今後、これからという意味の"going forward"、自分では一度も使ったことのない表現です。
 
ビジネス英語にもはやりというのがあるらしく、この"going forward"がまさにそうらしい。
 
"in the future" や "from now on" と同じように使われているようですが、新しい言葉だけに、積極的に使う人もいる反面、批判的な意見もあるらしい。
 
 
 
このベスト10に、"going forward"が入っていました。
 
"to be honest" とか "to be fair" なんかが入っているのはわかる気がしますが、going forward もイギリス人はイマイチなんですね。
 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mare's nest | トップ | ミシン目を切り離す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。