GONZABUのバタドラ生活

漫画業やっております後藤圭介です。映画、サッカー、ジョグ、建築、美術、日々の出来事、たまに仕事の告知等ゆるりと語ります。

新潟里帰り紀行VOL.4  偉大な漫画家とのコラボ品

2013-07-31 01:16:36 | 旅行記

6月某日。<o:p></o:p>

 

東京に戻るんで新潟駅ビルでお土産を物色。<o:p></o:p>

2013_0720_083840img_4619


やはりここでもイタリアンか・・・。<o:p></o:p>

2013_0730_230801img_4698


  2013_0624_135333dsc_1197_2

名品、安田ヨーグルトのショップで涼む。<o:p></o:p>

   20130624_135033

ヨーグルトアイスはさっぱりとした甘みと酸味が、優しく沁みわたり圧倒的美味!。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>途中、お昼どうしようかと悩む。<o:p></o:p>

2013_0624_141406dsc_1201
結局、小島屋の御蕎麦で済ました奥さんとゴンザブ。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>満腹感と共に物色再開、<o:p></o:p>

 

・・・とそこに、飛びこんできたロッテリアの看板。<o:p></o:p>

     2013_0624_135922dsc_1198

タ・・・タ・レ・か・つ・・・?!。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

そ・・そうだった・・・。<o:p></o:p>

 

新潟を代表する食・・・タレかつを食べて帰ろうとしたことを思い出す。<o:p></o:p>

 

馬鹿か!蕎麦何ぞ食ってどうする!

 

圧倒的後悔・・・。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

<o:p></o:p>気を取り直し

    2013_0730_230648img_4697

2013_0730_230552img_4695


ポン酒コーナーを見ていたらこんなものがっ・・・。<o:p></o:p>

2013_0730_230608img_4696

らんま1/2ワンカップ

 

地元新発田市、ふじの井酒造さんの御品。<o:p></o:p>

 

若かりしゴンザブが高橋留美子先生やあだち充先生に憧れて<o:p></o:p>

 

少年サンデーの新人コミック大賞でデビューした事を思い出し、<o:p></o:p>

 

思わず即買い。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

因みにふじの井さんでは、こんな商品も・・・。↓(販売終了の品あり)<o:p></o:p>

 

やるなあ・・小学館。<o:p></o:p>

 

2013 大吟醸 めぞん一刻 初夏・夏・秋・冬 4本セット】発売のお知らせ
ネットショップ「美人ショッピングモール」さんの331日サービス終了に伴いまして、
再販のご要望が多く寄せられていました、2006年 高橋留美子先生描きおろしの
「ふじの井 大吟醸 めぞん一刻 初夏・夏・秋・冬 」ラベルの大吟醸を、
この度、新たに御用意して4本セットで発売致します。
鑑評会出品酒仕込の、優雅な香りと気品のある味わいをお楽しみください。

©
高橋留美子/小学館
商品名  : 2013 ふじの井 大吟醸 めぞん一刻 初夏・夏・秋・冬 4本セット
容量    : 大吟醸 720ml × 4
小売価格 : 21,630円(送料、消費税込)
販売店、発売日等につきましては、下記の通りです。
ネットショップ : 新潟美人ショッピングモール ふじの井酒造【酒蔵一刻館】
             御注文受付 : 平成25325日(月)15時まで
            価格 : 21,630円 <o:p></o:p>

   20130220165536
商品名  : 2013 ふじの井 大吟醸 めぞん一刻 初夏・夏・秋・冬 4本セット
容量    : 大吟醸 720ml × 4
小売価格 : 21,630円(送料、消費税込)

<o:p></o:p>

S20120313101600

©高橋留美子/小学館
ふじの井 うる星やつら ラムちゃんのリキュール(ラム&チョコ) 720ml 2本セット
価格 : 3,780円 ( 商品価格3,150円 + 送料630円 )

<o:p></o:p>

S20120313101736

 

<o:p> </o:p>

<o:p></o:p>

S20121003111432_2


  

<o:p></o:p>

-->

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟里帰り紀行VOL.3 県JYユース選手権決勝、現地観戦!

2013-07-30 21:36:27 | 旅行記

2013_0623_152851img_4439_3

6月23日(日)は地元で<o:p></o:p>

 

新潟県サッカーU15ジュニアユース選手権<o:p></o:p>

 

決勝戦が行われました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

FC五十嵐ジュニアユース<o:p></o:p>

 

長岡ビルボード<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

FC五十嵐の関係者に誘われ<o:p></o:p>

 

観戦に行く事にしました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

2013_0623_152856img_4440

会場は実家近くにある五十公野陸上競技場<o:p></o:p>

 

陸上トラックや<o:p></o:p>

 

アスレチック場などもあって<o:p></o:p>

 

子供の頃から馴染み深い場所なのですが<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

拡張工事で今では見違えるように<o:p></o:p>

 

整備された美麗な運動公園になっていました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

このピッチはなでしこリーグの<o:p></o:p>

 

アルビレックスレディースや、<o:p></o:p>

 

高校サッカーの県予選の試合で使われており、<o:p></o:p>

 

テレビ観戦でピッチ内は見ていたのですが…。<o:p></o:p>

 

まさかこれほどとは…。<o:p></o:p>

2013_0623_140143img_4429


山の新鮮な空気が身体に沁みわたるようです!。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

20130531_5

FC五十嵐は中学生離れしたテクニシャンの背番号10<o:p></o:p>

 

U-16日本代表梶山幹太15)を擁し<o:p></o:p>

 

攻撃的なポゼッションサッカ―を展開。<o:p></o:p>

20130531_7


<o:p> </o:p>

対する長岡はゴリゴリのカウンター志向。<o:p></o:p>

   2013_0623_125806img_4421


試合序盤は五十嵐のペースで進むも、<o:p></o:p>

 

長岡が逆襲一閃を虎視眈々と狙うという<o:p></o:p>

 

決勝戦らしく緊張感のある15分間。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

五十嵐ボランチ6番の子が狙われている…。<o:p></o:p>

 

コンディションも良くないのかパスがつながらない…。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

ボール奪取し、再三前線にロングパスを出し切り込む<o:p></o:p>

 

長岡のアタッカー陣。<o:p></o:p>

 

しかし五十嵐のセンターバックが落ち着いて対応。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

守備の安定に答える様に<o:p></o:p>

 

梶山と7番のトラップや足下の巧さで<o:p></o:p>

 

徐々に相手にボールを取らせなくなる。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

中学レベル、ここまで来たか・・・。<o:p></o:p>

2013_0623_125812img_4423_2


FW11番のスピードのある仕掛けでゴールを脅かし、<o:p></o:p>

 

得点の匂いが漂う。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

ついに先制点を奪う五十嵐。<o:p></o:p>

 

堰をきったように五十嵐の猛攻が始まり、追加点。<o:p></o:p>

 

そして後半で2点を追加…。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

長岡が見事なカウンターで一矢報いるも力及ばず、<o:p></o:p>

 

終わってみれば4-1で終了。<o:p></o:p>

2013_0623_140002img_4428


FC五十嵐のユ―ス初優勝!おめでとう。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

試合後のあどけない表情からは、これほどまでに

 

年齢以上の落ち着いたサッカーをした子供達とは思えない。<o:p></o:p>

2013_0623_144741img_4432


チーム力は五十嵐の方が格上ですが、<o:p></o:p>

 

長岡も戦術に迷いのない鍛えられたチーム。<o:p></o:p>

 

先制点を長岡が取ったら試合展開もどうなっていたか<o:p></o:p>

 

分からなかったかも…。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

いやあ…良いもの見せてもらいました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

同席した関係者の話だと、FC五十嵐史上<o:p></o:p>

 

最強のチームと言っても良いとのこと。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

見たところカウンタ―への対応を始め、<o:p></o:p>

 

何箇所か修正点はあるかと思いますが将来が楽しみな子供たちでした。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

それと、流石レギュラークラスといえるメンバーの中で、<o:p></o:p>

 

右サイドバックの2番(だったかな)の子がとても気になりました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

彼だけ、オーバーラップの鈍足っぷりやクロスが精度がイマイチで、<o:p></o:p>

 

何故スタメンなのかと思いましたが、<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

背の低さを逆に生かして相手の懐に入るのが巧く、<o:p></o:p>

 

守備面の対人プレーで大きく貢献。<o:p></o:p>

 

彼が練習中に自分の利点を必死にアピールする姿を想像したら<o:p></o:p>

 

なんだか泣けてきましたよ。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

FC五十嵐ジュニアユースのサイトはこちら⇒http://www.u-15ikarashi.com/<o:p></o:p>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟里帰り紀行VOL.2 B級グルメといえば・・・。

2013-07-21 00:10:51 | 旅行記

2013_0623_195559dsc_1191

イタリアンとは、<o:p></o:p>

 

県内にチェーン展開している<o:p></o:p>

 

ローカルファストフード店みかづきが開発した<o:p></o:p>

 

看板メニュー。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

新潟B級グルメを代表するもので<o:p></o:p>

 

新潟ッ子のソウルフードといっても良い・・・モノのようです。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

実は数年前に<o:p></o:p>

 

本店に何気に立ち寄り、<o:p></o:p>

 

一度食した事があるのですが、<o:p></o:p>

 

その時は特に印象も無く、<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

数年後に、コレが新潟B級グルメの<o:p></o:p>

 

代表に昇格したのだと知りました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

簡単にいえば、屋台のソース焼きそばに、<o:p></o:p>

 

ナポリタンのトマトソースを載せたもの…。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

何故そんな真似を…と突っ込んではいけません。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

定番とは別に、夏季限定メニューとして<o:p></o:p>

 

夏野菜のイタリアン

 

シーフードカレーイタリアン

 

が・・・。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

今度はじっくり吟味してみようかと、<o:p></o:p>

 

この2品を注文。<o:p></o:p>

 

持ち帰って食べることにします。

 

<o:p></o:p>

 

新潟B級グルメ 新潟名物イタリアン焼そば2人前 新潟B級グルメ 新潟名物イタリアン焼そば2人前
価格:¥ 400(税込)
発売日:

その後買い出しを始めると、<o:p></o:p>

 

なんと冷食コーナーで<o:p></o:p>

 

お土産用にチルドの「イタリアン」も発見。<o:p></o:p>

 

<o:p></o:p>

チルドはは定番イタリアンの一種類のみなのですが、<o:p></o:p>

 

1つ心配なのは、製造元がみかづきではなく、<o:p></o:p>

 

小国製麺という全く別の会社だという事。

 

 

 

 

県外へのお土産用には良いかも。

 

<o:p> </o:p>

話のネタに<o:p></o:p>

 

東京にいる同郷出身の漫画家さんにも<o:p></o:p>

 

お土産に買う事にしました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

そして翌朝、<o:p></o:p>

 

購入したイタリアンを<o:p></o:p>

 

2品とも朝から(!)食すゴンザブ。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

な…何だ、このチープ感は・・。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

味はハッキリいって、意外性のかけらもございません…。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

このもっさりした太麺。<o:p></o:p>

 

ムムゥッ(by川平)・・・どこか懐かしい感じすらスルのだが・・・。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

そうか・・・昔食べた給食のソフト麺に近いんだ !!

 

<o:p> </o:p>

 

あれを若干堅めにした感じと申しましょうか。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

何故か嫌いになれない・・・こうゆうの。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

しかし、昨今のB級グルメの<o:p></o:p>

 

ハイクオリティーぶりを考えると<o:p></o:p>

 

B級と呼ぶ事すら<o:p></o:p>

 

あまりにも申し訳ない気もするのであります・・・・(苦笑)。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

因みに、コレが東京の漫画家さんに

 

お土産に渡したチルドのイタリアン

 

<o:p></o:p>

Dsc_1215

有り難い事に目の前で作って下さり、<o:p></o:p>

 

御馳走にまでなってしまいました。<o:p></o:p>

 

キャベツともやしと紅ショウガを<o:p></o:p>

 

加えて作るのが定番でなのすが、<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

これは豚肉も入れたパターン。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

コクがあって美味い。<o:p></o:p>

 

屋台の焼きそばにより近い味になった感じ。

 

<o:p> </o:p>

2013_0703_174415img_4609

続いては、<o:p></o:p>

 

自宅で奥さんが作った定番イタリアン。↑<o:p></o:p>

 

再現度にこだわり、<o:p></o:p>

 

器は、新潟で食べたものを念入りに洗い再利用。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

2013_0629_231019img_4607

ついでに買った小国製麺のチルドブラック焼きそば<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

2013_0629_230914img_4606

味の深みには欠けるが、小腹が空いた時には<o:p></o:p>

 

充分に役目を果たすであろう一品。<o:p></o:p>

 

(つづく)<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟里帰り紀行VOL.1 今更ですが新潟ソウルフード

2013-07-20 00:47:18 | 旅行記

4386

先月、奥さんと故郷の新潟へ。<o:p></o:p>

2013_0622_083347img_4393

久々の帰郷で色々と新たな発見もありました。<o:p></o:p>

2013_0622_083412img_4394

    

<o:p> </o:p>

 

2013_0622_143207img_4420


これは新潟県中部の山間部、山古志村周辺。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

中部地震の影響なのでしょう、車での移動中<o:p></o:p>

 

こうした崩落した山肌の光景を随所に見かけました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

地元市内は<o:p></o:p>

 

昔ながらの商店街が、<o:p></o:p>

 

シャッター街化に歯止めが掛からない<o:p></o:p>

 

状況なのはよく聞く話ですが、<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

ここ近年、そうした中心街からやや外れた<o:p></o:p>

 

郊外の田園風景だった地域に<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

大型ショッピングセンターや<o:p></o:p>

 

フランチャイズのレストラン、ショップ、

 

ブックセンター等が続々と進出。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

住宅地化も急速に進んで<o:p></o:p>

 

今では様相がガラッと変わっていました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

そのせいで<o:p></o:p>

 

長年住んでいた土地なのに、<o:p></o:p>

 

買い出し帰りに<o:p></o:p>

 

道に迷うという失態を犯す羽目に…。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

まっ、地元の発展は喜ばしい事です。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

田んぼを潰して立てた巨大なイオンで買い物中、

<o:p></o:p>

2013_0623_172015dsc_1185

2013_0623_172129dsc_1186

お茶屋さんで、まろやかで激ウマの抹茶のソフトクリームとラテで休憩。<o:p></o:p>

2013_0623_172546dsc_1189


一瞬ナメック星人のウ*コ・・・かと思った。

      2013_0623_172248dsc_1188

ふと見るとウ*コの隣にイタリアンの店舗を発見。<o:p></o:p>

 

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リストラ探偵アカハナ単行本見たってか!

2013-07-18 00:20:15 | アニメ・コミック・ゲーム

 Tutaya_0002
宣伝で恐縮ですが、

 

ゴンザブこと後藤圭介の拙著

リストラ探偵アカハナ・上下巻の陳列報告を

 

故郷新潟県在住の某T氏より頂きました。

 

有難うございます

Img

<o:p></o:p>

Tutaya_0001

おやじ系コミックの充実っプリも素晴らしい

新潟県新発田市新栄町2丁目4-10

蔦谷書店新発田店さんです。

 

あのミナミノ帝王のの隣・・・なんかウレシイヨネ。

ご近所の方で見かけたら是非ご購入頂けると有り難いです。

もちろん全国でも絶賛発売中です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加