深紅の宝器

混乱を紐ときたい。一糸一糸。

2007-04-28 01:55:14 | 宝器
 先日「図解雑学2冊」でも紹介した「時間論」の中で、ひときわ私の興味をそそったのがS・ホーキング氏のある言葉。『タイムマシンが未来において製造されることがあれば、現在に未来からの来訪者があるはずである。それがないということは、未来においてタイムマシンは作られないということであろう。』(正確には覚えていないのだが、たしかこんなような内容だったはず。)というもの。思わず「あっ、そうか。」と口にしてしまった。
 おもしろいことを言う人だなー。名前だけは覚えておこうっと。という感覚で、その時は彼の著書を手にすることは考えていなかったのだけど、ひょんなことからR.ペンローズ氏の著書にふれるようになり、二人がかつて共同研究をしていてノーベル物理学賞を受賞したことがあるということを知った。それで、ペンローズ氏の著書を読む合間合間にホーキング氏の著書を読むようになった。
 この続きはまた後日。何が言いたかったかって、縁だよなーって感じたよっていうこと。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酔力(そんな言葉ないけど)... | トップ | 国が滅ぶということを感覚す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宝器」カテゴリの最新記事