歴史は人生の教師

高3、人生に悩み休学。あったじゃないか。歴史に輝く人生を送っている人が。歴史は人生の教師。人生の活殺はここにある。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

曇鸞大師─兵他力廃立)

2009年06月30日 | 七高僧
曇鸞大師─兵他力廃立)

浄土真宗の教義は、
親鸞聖人によって大成され、
三代目、覚如上人によって要約され、
八代目蓮如上人が普及なされた
極善最勝の妙法である。
これら三善知識に一貫する法脈は、
徹底した廃立法門だ。

廃というは捨てもの
立てるもの、拾いものということである。
その廃立すべきものに
内外廃立・聖浄廃立・真仮廃立と三種あるから
三重廃立といい、
これをしなければ絶対に助かることがないから
親鸞聖人の『教行信証』には
きびしくそれが説かれている。

覚如上人は、聖人の意を『改邪鈔』に
「真宗の門に於ては幾度も廃立を先とせり」
と申され、

蓮如上人は
「もろもろの雑行雑修自力の心をふりすてて
 後生助け給えと弥陀たのめ」
と御教示になった。

釈尊を初め、七高僧は廃立の教えで
貫かれている。

阿弥陀仏=選択本願を立てられ、四十七願を捨てられた
釈迦如来=内外廃立
    =一切の仏教以外の宗教を捨てて仏教を信じよ。
龍樹菩薩=難易廃立
    =難行道を捨てて、易行道を信じよ。
曇鸞大師=自他力廃立
    =自力を捨てて、他力に入れ。
道綽禅師=聖浄廃立
    =聖道門を捨てて浄土門に入れ。
親鸞聖人=真仮廃立
    =浄土他流を捨てて、真宗に入れ。

内外廃立・聖浄廃立・真仮廃立の
三重廃立の教えこそ、
釈迦・諸仏・菩薩の出世本懐である。
「一向専念無量寿仏」を鮮明に徹底させ、
濁流とうとう流れる現代人を救う最高の指針。

これこそ親鸞聖人の精神であり、
源流遠く、大聖釈尊の真意を伝えるものである。

曇鸞大師の自他力廃立は
親鸞聖人に与えた影響は甚大であった。

覚如上人は改邪鈔に
「知識伝持の仏語に帰属するをこそ、
 『自力をすてて他力に帰する』ともなづく」
と知識の重大な使命は
自他力廃立の徹底であることを
明示されている。

ここをクリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 曇鸞大師А檻押並称蓮蘯然・他人... | トップ | 道綽禅師 癖教弾圧の中、出家) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。