はじめの一歩から。

一歩を踏み出すには、チョッと勇気が必要。でも、一歩一歩が積み重なって結果になる。今日も一歩を踏み出そう!

妙義山ビューライドin富岡2017《前編》 ~ オヤジ隊、3位、4位、5位で第1エイドへ到着! ~

2017-05-19 | 03 ロードレース大会

昨年は、第4回ハルヒルと日程が重なった「妙義山ビューライドin富岡2017」に、ハルヒルオヤジ隊で参戦した。



(参照:妙義山ビューライドin富岡2017配布資料より)
2回目の開催となる「妙義山ビューライドin富岡2017」。
昨年は、280人の参加者。
今年は、スケールアップして募集人数は400人。



(参照:妙義山ビューライドin富岡2017配布資料より)
距離は、61Km。
タイム計測はしないで、制限時間は5時間。
 コースは、
メイン会場の妙義総合運動公園 → 妙義神社下 → 第1エイド:中之嶽神社駐車場 → 杉ノ木峠→菅原 → 諸戸橋 → 平成橋 → 上丹生 → 第2エイド:丹生湖 → 宮崎 → 一ノ宮 → 貫前神社下 → 田島 → 上高瀬 → 第3エイド:額部公民館 → 浅香入 → 大塩ダム → サファリ入口前 → 善慶寺 → 内匠 → 富岡西小学校 → 七日市ヨコオ踏切 → 第4エイド:貫前神社西駐車場(折返) → 宇田 → 下高田 → 妙義総合運動公園まで帰ってくる。




 平成29年5月14日(日)
天気は、曇り。
指定された富岡市立妙義中学校に到着。
 駐車場場所は「A」。
Am6:50



前日の雨で、駐車場所のグランドはウエット。



 徒歩で受付場所の妙義総合運動公園へ。
受付を済ませて、駐車場でゼッケンをハルヒルジャージに付けた。
Am7:00



スタートできる用意をして、早々にスタート位置へケベルを置いた。
ヒルクライムレースでは無いのに、ついつい前の方へ停めてしまう。
Am7:30



今回の参加は5人。
ハルヒルジャージで、来週開催の第5回ハルヒルPRをしていきたい。



ステージでは、妙義雷太鼓の皆さんによる元気な演奏。
Am7:50



出発前のセレモニー。
Am8:00



そろそろスタート。
参加選手が整列し始めた。
Am8:20



富岡市のイメージキャラクター「お富ちゃん」。
スタートに駆けつけた。



スタート場所へ移動。



(参照:妙義山ビューライドin富岡2017配布資料より)
第1エイドは、妙義山頂上。
この区間がこのコースの難所。
コース的には「妙義山ヒルクライム大会」。
ペースを上げて仮想ヒルクライム大会を楽しみたい。



いよいよスタート。
20人位のグループに分けれ、数分間隔でスタート。



妙義山方面の空は、鉛色。
雨が降っていない事を願いたい。



最初から飛ばして、先導バイクの後に付いた。
すぐに後続の選手にパスされた。



坂の区間になって、1人、2人と抜かれていった。



E本さん、Kムラさんにもパスされた。



(参照:妙義山ビューライドin富岡2017配布資料より)
高低差をみると、一気に500m駆け上がる。



この辺の坂がキツイ。



妙義神社前を通過。
平地が気持ち良い。



E本さん、Kムラさんの背中を追った。



進むにつれて、路面がウエットへ。



頂上に近づくほどに白く霧に包まれていく。



妙義山山頂に到着。
第1エイドの中之嶽神社駐車場では、霧の中、盛大なお出迎えに驚いた。
Am9:15



(参照:妙義山ビューライドin富岡2017配布資料より)
スタートから、11.1Km地点。
こんなに早く休憩。



今Iさん、E本さんのお出迎え。
先に2人到着したので、3番目、4番目到着だという。
その次に到着したので、自分は5番目
これが「妙義山ヒルクライム大会」なら、3位、4位、5位入賞



「妙義山ビューライド」としては悲しいが、霧の妙義山もなかなか良い。



 黄金に輝く中之嶽神社の日本一大きな大黒様も迎えてくれた。



”地元のおばさま達”が笑顔で迎えてくれた。



こんにゃくゼリー。



ドーナツ。
地元の和菓子店の「本宿どうなつ」。



プチトマト。



 バナナ。
他にもきゅうりや梅干などなど。
さすがに、11Kmしか走っていないので、あまり食べられない。



そして、ドリンクは豊富な種類で、飲み放題。    



地元の太鼓演奏も楽しめた。



次のエイド目指して出発。
Am9:35



見送りもしてくれた。



しばらくは急な下り坂。
 係員が、減速を呼びかけていた。



信号を遵守して進む。
沿道でも応援してくれる。



上信越自動車道が目の前。
スタート場所の大会会場が左側。



交差点などでは集団で応援。



左側に、丹生湖が広がった。
湖畔には釣りを楽しむ方々が見える。



第2エイドの丹生湖に到着。
Am10:15



(参照:妙義山ビューライドin富岡2017配布資料より)
スタートから30Km
第1エイドから、18.9Km



ここでも”地元のおばさま達”が笑顔で迎えてくれた。



バナナ、きゅうりや梅干などが用意されていた。
特に、白玉入りお汁粉が美味しかった。
中に入っていた白玉がうれしい。



すでにカロリーオーバー。
次のエイド目指して出発した。
Am10:25
 
 妙義山を気持ちよく上れて、予想を裏切るエイドでの”おもてなし”に驚いた。 


妙義山ビューライドin富岡2017《後編》へ 


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   ランキング参加しています。 
  クリックして頂けると、更新のモチベーションが上がります。
 お手数ですが
”ポチッっ”とクリックをお願いします。  
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奇跡! 豪華寝台列車「トラン... | トップ | 妙義山ビューライドin富岡2... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む