晴れ時々絵日記

日常のお気に入り場面をデジカメで切り取っています。

梅雨時期の二尊院で

2017年06月30日 | 京都
京都嵯峨野の二尊院です。
釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を本尊とする事が名前の由来だそうです。
総門をくぐると雰囲気ある長い参道が続いていました。
梅雨の時期、雨に濡れた青もみじが印象的です。
拝観した寺宝の文書の中に親鸞「僧綽空」の名前を見つけました。






半夏生が涼し気に






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祇王寺の苔の緑 | トップ | 梅雨の京都 常寂光寺から »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
青もみじ (ぴよ丸)
2017-07-01 21:38:09
こんばんゎ♪
青もみじと苔がとても心地よいですね~
お花のアクセントも何かホッとする。
荘厳されたお寺はやはり心が洗われますね。
時々はお寺へ行って、浄めていただこうかな~...ナンテ

いい空気を感じました。
ありがとございます
ぴよ丸さま (時々絵日記)
2017-07-02 22:21:43
ぴよ丸さま
こんばんは
コメント頂きありがとうございます。
もみじが沢山あったので、紅葉の時期は真っ赤に染まった落ち着きある景色が出迎えてくれるのだと思います。
今の時期は緑色に包まれて爽やかな景色でした。

コメントを投稿

京都」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。