VALERIAN 映画と音楽 それはおれの非日常へのささやかなトリップ

日本代表、世相も切る総合エンターテイメント!過去記事はカテゴリー、最新表示は上のタイトルをクリック!

アジア最終予選2戦目、早くも崖っぷちのアウェー・タイ戦なんとか勝利 ☆ 今後の展望も ☆

2016年09月13日 | 日本代表(サッカー)
 ロシアWC最終予選、2戦目にして早くも崖っぷちの試合。今日負けてしまうとかなり危機的状況。それもこのグループでは最弱とみられているタイです。
 しかし、この国のサッカー熱は右肩上がり。技術も向上しスピードもあるチーム。あなどれない相手です。しかし、日本代表がふつうにやれば格がちがう。
 今回の先発。ハリルは3人変えてきます。

 

 意外だったのが、岡崎の先発落ち。これはOKだと思う。
 岡崎の90分攻守に動き続ける姿勢は素晴らしいけど、トップをはる選手だもん。最近ゴールを生んでない、攻撃的な動きもいまいち。
 ただここに浅野が入るのは意外。浅野は裏への抜け出しとスピードは文句なしだけど、起点となる動きとなるとまだまだ。
 トータルバランスだと、武藤の方がぜんぜん上だと思う。しかし浅野を使うハリル。
 そして左に原口。ボランチは待望の山口蛍です。
 これが見事に当たった試合となります。
 敵地での試合。30度で湿度が80%って相当なコンディション。
 しかし、試合開始から集中している日本代表。パス回しのテンポもいい。
 タイは思ったよりスピードはないけど、テクニックはあった。しかし日本代表と比較するとレベルが違うのは明白。
 日本は原口が入った左サイドがいい感じ。酒井高との連携もいい。
 中央の香川へのパスも入る。
 開始から、日本はタイゴールへ襲い掛かりゴールをわるのも時間の問題的な空気。
 そして前半18分、右サイドの酒井宏からの速いクロス。本田が囮になる感じで原口が頭でしっかりコースをねらいゴール左へ決める!!
 酒井宏の球もよかった。押してる中のいい時間帯のゴール。
 原口の左サイド、効いてる。前への推進力が強い。清武がこの位置でこういう推進力は出せないんだよな~。
 さらに前半23分、決定的なシーンが再び。
 トップの浅野、けっこうポストPlayもできてて起点になれてる。いいじゃん!
 酒井高からその浅野に出たボールを浅野はうまく体をいれて受け、相手DFをかわしゴールへドリブル。
 中央に走り込んだフリーになった本田に出すも、本田がまさかの空振り!!
 この位置に走り込む嗅覚はさすがなんだけど、これを決めれないかぁ、本田!!!
 前半終盤にも酒井宏からまたいいクロスが出て本田が合わせるけどキーパー正面。これも惜しかった。
 前半、1点どまりだったけどいい攻撃ができてる。
 ディフェンスも山口蛍効いてる。チェックが速い。相手にカウンター攻撃をさせない。タイのシュートは0本。
 長谷部がけっこう危険なパスミスや対応でヒヤッとするシーンあり。
 
 そして後半。日本以上の高温多湿の環境だと思うけど、日本が主導権を握り続ける。
 相手のペナルティーエリア周辺で球が動き続ける。日本代表、シュートは連発だけどゴールを生まない。
 そんな中、後半26分、相手のカウンター。危険な18番からの絶妙なワンタッチパスがFWに渡り一気に攻め込まれる。
 西川が最後まで踏ん張り、吉田麻也もコースを消してゴールを割らせず。これは危なかった。同点になったらまた展開変わってた。
 その後、酒井高のクロスを香川が頭で合わせるも決めれず。香川シュートはうつけどゴールを割る匂いがしない。
 これだけシュートを打っても決めれな嫌な雰囲気だったけど、30分、相手DFのボール処理に躊躇している所を浅野が見逃さず、一気にギアをあげボールを奪いそのままドリブルで相手ゴールへシュートで決める!!貴重な、待望の2点目。
 この後、ちょっと日本代表もばててくる。
 選手交代は浅野⇒武藤。武藤久々っ!もう少し活躍みたい! 



 ここにきても山口蛍、攻守に効いてる。相手もこんなボランチいたら嫌だと思うよ。サクサク縦パスも入れてくるし。今日でハリルの評価も高まったと思うよ。
 原口も攻守に走りまくり。ユニフォーム汚れまくり。
 40分過ぎて、本田⇒小林。原口⇒宇佐美。
 終盤、日本の方もパスミスやパスの受け渡しミスでバタつくシーンもあったけど無失点で終わる。
 今日の主審、言うほど変なジャッジがなかったと思う。倒れるとすぐ笛をふいて止める審判が多いけど、今日の主審はちょっとしたファールはスルーで、見てて流れが切れずによかった。
 日本代表、シュート21本、コーナーキック7本もあるも2点どまり。
 とにかく敵地で、この追い込まれた状況で勝ちを手にしたのは大きい。
 ただ手放しで喜べない状況。

 攻撃陣は、本田、香川が軸になっているけど、このままでいいのか。終盤に本田を交代させたのは、前半の決定的なシュートを外した本田へのハリルのメッセージも感じる。
 日本代表のキャプテン、長谷部が精神的な支柱になってるけど、UAE戦といい今日といい長谷部の危険な位置でのミスが目立つ。なんか判断ミスをしている印象。
 宇佐美が日本の攻撃の軸になるべき。武藤ももっと活躍できるはず。
 フォーメーションありきではなく、優れた選手ありきで、それを活かすフォーメーションを組むのも大事だと思う。
 原口が今日のような活躍をしたらちょっとスタメン濃厚。原口は左の前が合ってる気がする。でもここって宇佐美もいいんだよな。
 宇佐美のトップ下ってダメなの。
 なんだろう、香川はこの日本代表ではそのポテンシャルが発揮できないというか引き出せない印象を受ける。これは選手の組み合わせの相性というかめぐり合わせというか。
 このメンバーで香川のトップ下はいきない。この最終予選の2戦。とても日本のエース、10番と呼べる活躍ではない。
 ボランチ、山口蛍はぜったいいる。まず長谷部ではなく、まず蛍で次に誰と組みあわせるかを考えるべき。
 両サイドの酒井の成長と安定感は感じる。特にオレ的には酒井高の方が。
 ブラジルWCが終わってから日本代表の停滞感を感じる。
 本田自身も、自分を脅かす若手が出てきて欲しいと言ってる。本田自身、当時のエース中村俊輔を代表引退においやった。当時はその生意気な態度にかなりの批判が集まったけど、本田は耐えて結果を出し今の地位を築いた。そういうかつての本田のような選手がいないっちゃいないな。
 本田は結果を出すけど、本田が久々に不在だったキリンカップのブルガリア戦では、パステンポと全体のバランスがよくてブルガリアは日本の動きについてこれなかった。
 ボールと人が連動しまくりで7点も入る。結果論ではあるけど、本田がいたらこのテンポは維持できたのか、7点も入ったのかはわからない。
 まあ大量得点がそのまま強さに結びつくわけでもないけどあの7点というゴールは衝撃だった。
 香川と清武の共存は微妙な感じ。二人の連携が相乗効果を生むまでのスパーク感は感じない。
 そもそも今のフォーメーションがいいのかってのもある。
 フォーメーションありきではなく、現在のポテンシャルの高い選手をあてはめてみる。
 今日の動きを見せられたら原口はいるわ~。これだけ攻守の切り替えが早く、前への推進力もあり決定力のある選手は貴重。
 センターハーフの位置で、攻守に動いてもらう。
 ボランチの要は山口蛍。
 日本のエース、宇佐美は左に入る。
 そうはいっても香川もいれる。普通にトップ下ではなくちょっとサイドよりで。次世代を担う天才・柴崎、最近呼ばれないんだよな~。
 本田のフル出場は微妙。ただこの決定力は秘密兵器的にとっておく。右の浅野も強力。
 長谷部は卒業。



 左サイドは攻守のバランスだと長友になるのかな。酒井高の成長は著しい。酒井宏の評価はオレ的にはもう一歩。
 吉田麻也のセンターバックはいつまで続けるのか。担う選手がいないのが厳しい。
 GKは西川が定着してきたな。

 さて次は現在のグループBの結果。


 
 個人的には、日本とオーストラリアが2強で、次に、UAE。そしてイラク、サウジ、タイというイメージだったので、サウジがイラクに敵地で2-1で勝利したのは意外。
 次の節は10月6日。
 日本はホームでイラクと。
 これはほんと必勝です。イラクもこれで負けるともう望みは絶たれる感じだから必死にきそう。
 これで日本が勝点6。
 サウジVsオーストラリアはグループ首位決戦。オーストラリアが敵地ですが勝利でしょう。
 UAE vs タイはUAEがホームで勝利。
 これで
 
 1位 オーストラリア      9点
 2位 サウジ、日本、UAE    6点
    *3チームが勝点6で並ぶ。
 5位 イラク、タイ   0点

 そして10月11日。
 日本は敵地でオーストラリアと。勝ってくれるでしょう。最近のオーストラリアそんなに迫力を感じないんだけど。
 UAEに勝ってるオーストラリアを倒せば、UAE戦での敗戦のマイナスも帳消しにできる。
 イラクvsタイ。タイが頑張って勝利⇒やっぱ引き分け。
 サウジvs UAE。UAEが勝利。ここでサウジが勝つとよいのだけど。
 これで

 1位 オーストラリア、日本、UAE 9点
    *3チームが勝点9でならぶ。
 4位 サウジ 6点
 5位、タイ  1点
 6位 イラク 1点

 そして11月15日1stレグ最終戦。
 UAE vs イラクはUAE勝利。イラク、引き分けでもいいんだけどな。
 タイ vs オーストラリア、オーストラリア勝利。タイが番狂わせおこすとうれしい。
 日本 vs サウジ。ホームで日本勝利。

 これで
 1位 日本、オーストラリア、UAE が12点でならぶ。
 4位 サウジ 6点
 5位 タイ  1点
 6位 イラク 1点

 そして2ndレグで日本がUAEを倒して今度こそ勝てば初戦の敗戦もチャラになる。
 にしても厳しい戦いになるな。
 10月6日のホームのイラク戦はまたまたかなりのプレッシャーの中での戦いになる。
 ハリルホジッチはどんな選手を起用してくるか。ドキドキだけど楽しみ。


ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシアWC最終予選開始!対UAE... | トップ | 松下奈緒のボーカルに癒され... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。