蓄音機でジャズを聴く!

蓄音機とジャズを中心に、日々の出来事をつづる。

今週の一枚 「カインド・オヴ・ブルー」 マイルス・ディヴィス(tp)

2016-10-12 16:53:20 | ジャズ


これは、私にとって不思議なアルバムです。

いや、不思議ということに最近気づきました。

今、私の手元にはこのレコードもCDもありません。

しかし、演奏内容は良く覚えています。

では、以前レコードかCDを持っていたかというと、はっきりした記憶がありません。

これは珍しいことで、処分しても入手した時の記憶は割と残っているものです。

とすると、レンタルレコードを録音して聴いていたのかもしれません。

その記憶もないというのも珍しいのですが・・・。

いずれにしても、先日、ディアゴスティーニの新シリーズ「ジャズ・LPレコード・コレクション」の創刊号を購入し、このレコードを手に入れました。



最初テレビコマーシャルを見たときは、「やはりレコードブームなんだなぁ!」程度の関心しかなく、買うつもりはありませんでした。

しかし、ディスクユニオンに行くと実物が展示されており、コメントも高評価。

「そういえば持っていなかったな。では、安いし買ってみようか?」となった訳です。

興味を引かれたのは、まず180gの重量盤だということ。

また、どうやらオリジナルマスターから新たにカットしたらしいこと、の2点です。

後日、仕事帰りに職場近くの書店で購入し、夜遅いので聴くのは翌日にしてとりあえずマガジンを読んでみました。

実質3ページ程度のボリュームで、平凡な内容です。

アーティストの生い立ちとかコンプリートディスコグラフィーなど、もう少し充実した中味を期待していたので残念です。

このシリーズの主役はレコードということなのでしょうか?

さて、そのレコードですが、180gのグルーヴガードレス盤はさすがにずっしりとした手応えです。

音は、比較対象が無いですが、かなり良いと思います。

しかし、盤質(プレス)は、輸入盤にありがちなプレスミスのようなノイズが数カ所、キズによる連続ノイズが2箇所ありました。

さらに、最も残念なのはジャケットです。

オリジナルジャケットに忠実なのは良いですが、あまりに紙が薄い!

どうせなら、ここだけはしっかりした厚紙にして欲しかったです。

ところで、ディアゴスティーニでは、このシリーズと同時にレコードプレーヤーも販売するそうです。

先日書いた「世界大音楽全集」と同じ手法です。

時代は違えど、レコードプレーヤーがさほど普及していないという背景は同じだということでしょう。

それにしても、「世界大音楽全集」とこの「ジャズ・LPレコード・コレクション」の装丁の差はどうでしょう?

単に値段の差(物価が4倍と考えると前者の価格は10000円程度になる)だけではなく、「もの」に対する「思い」の差だと思います。

そうそう、肝心の演奏の方ですが、やはり素晴らしい内容です。

マイルスとしては過渡期の作品ですが、単なる「問題作」ではなく美しい作品集に仕上がっています。

ビル・エバンス(p)の参加も興味深く、コルトレーン(ts)もこのくらい抑制された演奏ならば言うことはありません。

キャノンボール(as)のプレイも生き生きとしています。

「100選」を選んでいるときには、なぜかこのアルバムのことは全く思い浮かびませんでした。

本当に不思議です。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラックスキット | トップ | 今週の一枚「イントロデュー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。