緊張力の導入

丘スラブの一部分に、緊張力を導入する。たわみ防止のためである。
1期では事前の指示にも関わらず、勝手に施工されてしまった。なので、緊張端にジャンカが発生していないかなど、入念な事前確認をした。
写真はJVからの報告書を確認する岩澤。



岩澤の質疑に回答するゼネコン担当者。


回答を確認する岩澤。


全てを確認し、サインする市監督員。


監督員の確認を経て、緊張力の導入開始。


はじめの状態。


導入後。


試験結果の記録。良好。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  外構工事 »