花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

南部の雪はこれからが本番

2017年01月30日 | 学校
名農の校舎前の木々です。
周囲の自然に溶け込んだスタイルの名農の樹木の中で
ここだけがあきらかに人の手による日本風な
仕立てがなされています。
なかには雪吊りを施された松もあります!
松は柿の木のように枝が折れやすい樹種。
そのため県南特有の春先の重い雪が降ると
枝が折れてしまう可能性があります。
このところ雪そのものがだんだん降らなくなってきましたが
昔から2月はドカ雪の降る時期。
対策の雪吊りが力を発揮するのはこれからです。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 最後はダークネイビー | トップ | 南部の柿の物語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

学校」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。