花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

チャレンジの意味!!

2016年10月17日 | 環境システム科
気温が下がり露地の野菜栽培はそろそろ終わりを迎えるころ
環境システム科の水耕温室ではますます葉物栽培が盛んになっています!
ここは3年生が経営している模擬農業法人の植物工場。
彼らが3チームに分かれて農業経営の技を競うため
太陽光利用型植物工場温室に2段式水耕栽培装置が3セットも導入されています。
大きな水耕栽培温室を持っている農業高校は全国にたくさんありますが
本校のようにすべて生徒たちが自由に装置の設定を変えながら
好きな作物を栽培できる施設はそうあるものではありません。
自分で試行錯誤し、さらに失敗しないと技術は身につかない。
そんな名農の考えを青森県がしっかり受け止め
実現してくれたのがこの水耕栽培温室。
私たちはこれを通称「チャレンジ温室」と呼んでいます。
このチャレンジには当然、名農生が自ら力で難関の水耕栽培装置を駆使した
農業経営に挑めというメッセージが込められていますが
日本で初めてとなる農工を融合させた新しい農業高校教育に
取り組むのだという決意もこめられています。
環境システム科の第2回生となる3年生の最後の頑張り。
応援したいものです。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 古豪復活か? | トップ | 年末大掃除? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。