花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

まるでクリスマスモール!

2016年10月31日 | 学校
名農の庭木です。
つる性の植物が絡んでいたようですが
今まで気がつきませんでした!
ところがこの植物が黄色に紅葉したので
ご覧のとおり存在がわかりました。
季節はちょっと早いのですが
クリスマスツリーにぐるぐる巻き付いている飾り、
つまり自然のクリスマスモールのように見え
とても面白いと思いませんか。
さてクリスマスモールにはどんな意味があるか知っていますか。
諸説あるかもしれませんが、このモールは
蜘蛛の巣をイメージしているといいます。
追っ手に追われた幼いイエス一行は洞窟に逃げ込みます。
すると洞窟の蜘蛛はイエスたちに夜風があたらないよう
入り口に蜘蛛の巣でカーテンを作ったといわれています。
また洞窟の入り口に蜘蛛の巣が張っていることから
追っ手は中に逃げ込んだ形跡がないと判断して
立ち去ったという話も残っています。
クリスマスツリーはそんな命の恩人である
蜘蛛の巣を飾っているのですね。
名農祭が終わった南部町は冬へと向かいます。

ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« レッドテーブル? | トップ | 農業高校の文化祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。