花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

春の海

2017年04月05日 | 研究
1年ぶりにやってきた種差海岸です。
この日は凪で波も穏やか。
気温も高く本当に気持ちいい春の海でした。
もちろんやってきた理由はサクラソウの観察。
開花は5月のため今はまだ葉が出るか出ないかの
微妙なところだと想像して出かけました!
チームがサクラソウの保全活動を始めて今年で6年目。
今は2014年に行った人工受粉のモニタリング中のため
以前ほど海岸に足を運ぶことはなくなりました。
そのため震災時、先輩方がいったいどんな思いで活動したのか、
またどんな苦労がありどんな喜びがあったのかは
現在のメンバーは想像すらできなくなってきたように思います。
そんなチームですが、なぜか今になってサクラソウの保全活動が
日本自然保護大賞をはじめさまざまな賞を頂くようになりました。
いろいろインタビューを受けるのですが
なかなかメンバーは実感がわかず返答に困っているようです。
これはチームだけではなく被災地ボランティアを行っている
グループも同じような問題を抱えているといいます。
継承していくことの難しさを感じます。
そこでチームでは後継者となる後輩たちを
活動の原点となった種差海岸で振り返りを行う活動を始めました。
潮風に吹かれながら6年間の取り組みを聞くうちに
活動にどんな意味があり、今何をすべきなのかを
自分たちで考えて欲しいからです。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« こんにちは赤ちゃん! | トップ | 会いたかった!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。