花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

立夏のブルーモーメント

2017年05月13日 | 研究
国立極地研究所と連携して
日没後から暗黒の闇になるまでの短い時間あらわれる
空や周囲が青く見える現象「ブルーモーメント」を観測しているチーム 。
立夏を迎えた先日、久しぶりにあらわれたので出現時間を測ってみました。
正式にはこの日の日没時間を調べなければいけませんが
およそ日没後から40分ぐらい続いていました。
チームが3月に行った際もだいたい同じ時間。
冬至が近づく昨年の11月に行った時は30分もありませんでした!
やはり日が長くなるにつれてブルーモーメントも長くなるのでしょうか。
太陽の動きと深い関係があるのは間違いないので
夏休みにじっくり3年生で調べてみたいと思います。
なぜなら今年11月にはこの観測データと南極昭和基地から送られてくる
観測データを比較して国立極地研究所で発表することになっているからです。
園芸科学科から農と工を融合して学ぶ環境システム科に移行したチーム。
ますます研究テーマは広範囲に拡大中です。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 野菜苗まだ買えます | トップ | 植物工場ピンチ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。