花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

大地に抽象画を描こう

2016年10月19日 | 園芸科学科
園芸科学科の温室脇でたくさんのハボタンが育っています!
いつきてもきれいな花が咲いている第2農場。
しかし季節によって育てている花壇苗は当然違います。
春はサルビアやマリーゴールドなど定番のきれいな花が多いのですが
秋になるとこの一見地味なハボタンになります!
ハボタンは花を咲かせず葉の色を楽しむのですが
実はサルビアなどのきれいな花を咲かせる草花より
ずっと植栽する方のセンスが試されるような気がします。
なぜなら花だったら花壇に点々と植えても可愛い花を楽しめますが
ハボタンは鑑賞すべき花がありません。
つまり鑑賞する側は花を楽しむのではなく、そこに敷き詰められた色である
カラーブロックを楽しむのではないでしょうか。
ハボタンにも葉の濃さや色のちがういろいろな種類があります。
それを点々を植えるのではなく、まさにこの苗のように
色の塊として配置すれば抽象画家のモンドリアンのような
デザイン性の高い作品に仕上がるとは思いませんか。
もちろん赤や黄色はないのでモンドリアンほど派手にはなりません。
しかし緑と紫はテニスのウインブルドンカラー。
色使いによってはシックだったり、
シティー感覚のお洒落な花壇になるはずです。
みなさんもぜひデザイナーになったつもりで
配色の妙を楽しんでみてはいかがでしょう。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 百花繚乱 | トップ | アイデンティティー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。