花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

展示は「ひな壇」!

2017年04月25日 | 研究
ずらりと並んだサクラソウです。
実際はこの倍以上の鉢が並んでいるので圧巻です。
サクラソウは変異しやすいので
鎌倉時代からその変わり種は野山から採取され
武家や庶民によって栽培されてきました。
おそらく愛好家同士で自慢し合ったのではないかと想像されます。
実はこのずらり並んだ花は江戸時代から育てられているもの。
よくぞ残っていたものです。
またその寿命が長さには驚かされます。
さてここで注目してほしいのがこのひな壇式の展示方法!
江戸時代からの知恵だそうですが、理由がわかりますか?
サクラソウは真上から見るよりもやや横から見る方が風情を感じる花。
したがって小さなサクラソウを横からも見ることが出来るよう
このようにひな壇にして飾る位置を高くしたのだそうです。
また花によってはクリスマスローズのように
花が下を向くものもあります。
そういう花はより高い位置に飾ることで
無理なく花を鑑賞できるという長所もあります。
日本で初めての園芸種といわれるサクラソウ。
こんな展示台が考案されるほど大ブームだったようです。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« さくらそう展へようこそ! | トップ | さくらそうフォーラム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研究」カテゴリの最新記事