花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

摘果りんごで「焼きりんご」

2017年07月23日 | 研究
摘果したりんごは小さくて美味しそうなのですが
克服しなければならない課題があります。
それはエグミです。
長年の研究からこのエグミは果実の中心部、
つまり種のできる周辺にあることがわかってきました。
かつてはこのエグミを消そうと重層など
いろいろな手を使ってきましたが
物理的に取り除くのが一番簡単で確実。
そこで今回はナツメなどの芯を取る筒のようなものを使い
幼果の種子周辺の果肉をすっぽり抜くことにしました。
サクランボの種抜き器より筒が太いので
断然こちらがお勧めです。
これでまず挑戦したのが「焼きりんご」。
穴に砂糖とバター、そしてシナモンで香りづけして
今回はなんと電子レンジで加熱しました!
するとなかなか美味しく出来上がったのです。
しかし試食していただいた先生方からは
皮が口に残るので取り除いた方が
いいとのアドバイスが多く寄せられました。
しかし幼果の一番の機能性はりんごポリフェノールで
皮にもたくさん含まれています。
皮をむいては効果が半減するし手間もかかります。
そこで次は皮をむかないで新たな調理法にチャレンジしました。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 摘果りんごを食べる '17 | トップ | 摘果焼きりんごのパイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研究」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。