花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

プリムラの思い出

2016年12月20日 | 園芸科学科
第2農場にある園芸科学科の草花温室でプリムラが咲いています。
プリムラは西洋サクラソウとも呼ばれる植物で
鮮やかな色、大きな花でまさに鑑賞にぴったりの園芸種です。
このプリムラを見ると、いつも思い出すことがあります。
それは2011年の1月下旬、当時園芸科学科の草花斑であった
チームフローラの2年生は放課後に集まり
プリムラの人工授粉を経験しました。
プリムラには雌しべの長い長花柱花と
短い短花柱花の2つのタイプが自然界に1:1の比率で存在します。
この2つの間で受粉が行われる他家受粉のため
人工受粉するのには2つの花を用意しなければなりません。
したがってちょっとしたコツが必要なのです。
ところがこの約1ヶ月後、東日本大震災が発生しました。
そこでチームの代名詞ともなっている
種差海岸のサクラソウ救出活動が始まりました!
救出の方法は人工授粉によって採種し、
学校で栽培しながら種を守るというアイデア。
3年生が短時間で人工授粉に挑戦しました。
緊張の中、野生のサクラソウを助けたいという一心で取り組んだ
フローラメンバーを支えたのがプリムラの人工授粉体験。
コツを覚えていたので、なんなくこなすことができました。
しかし今考えると、なぜあの時、
偶然にもプリムラの人工授粉をしたのか不思議でなりません。
チームのサクラソウ保全活動にはこれだけじゃない
理屈では説明できない偶然がたくさん残されています。
さて先日、サクラソウ保全活動が「いきものにぎわい市民活動大賞」を受賞。
さらに来年、活動について講演してほしいとの依頼が届きました。
サクラソウの大きな力がチームを動かしています。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« all for one でも今だけは fo... | トップ | お宝データ!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

園芸科学科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。