花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

Jr.といえどもフォトニクス

2016年09月15日 | 研究
チームフローラフォトニクスが取り組む研究は
ほとんどが植物に人工光を照射してその変化を探ったり、
その変化を生活に利用しようというもの。
フォトニクス(PHOTONICS)とは光工学と訳しますが
まさに光工学を用いた植物研究なのです。
そのためチームが1年生のJr.に研究提案する際も
当然ながらLEDを利用したテーマが多くなります!
クワイの頭上をご覧ください。
やはりここでもLEDが照射されています。
葉菜類は光によって生育や栄養成分量が変化しやすい作物です。
ところがクワイはジャガイモのように食用する部位が土の中です。
果たしてこんな作物でも光をあてると
地下部の生育が変化するのでしょうか。
残念ながらこのような先行研究は見つけられませんでした。
そこでチームはこのテーマをJr.に授け
チャレンジしてもらうことにしました。
しかし変化するかしないかはまったくわかりません。
でもこれが研究の醍醐味。
世界で誰よりも早くその変化を目撃する人になるかもしれません。
さて今日の新聞に先月の観光選手権の記事が掲載されました。
ぜひご覧ください。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« クワイの赤ちゃん? | トップ | 季節を感じるキーボード? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研究」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。