花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

Cool Beauty!!

2017年05月16日 | 研究
同じ群落の端っこの方に長花柱花がありました。
穴の中から雌しべが顔を出しているのがわかるはずです。
このようにサクラソウは人間でいえば男の女のように
2つのタイプが必要なのです。
他県では片方のタイプの花しかなく自力で種子ができない
自生地も増えている中、種差海岸のサクラソウは
種子ができる恵まれた環境にあることがわかります!
しかし問題なのは受粉を担うマルハナバチが少ないこと。
聞き取り調査でもハチを見たという人を見つけることができませんでした。
サクラソウを守るには昆虫の復活が必要。
種差海岸全体の生物多様性を育むことが
あらためて大切であることを感じます。
さてこのサクラソウの目をご覧ください。
白い部分が少なく、すっきりした目。
これまた涼やかなクールビューティーという顔つきです。
このように変異しやすいサクラソウ。
人気の理由もわかります。
全国的にも貴重な野生のサクラソウ。
このようにかわいい花ですが、自生地に踏み込まず
遠くから望遠カメラで狙ってほしいものです。
さて今週末、チームはあるサクラソウ保全団体に招かれ
宮城県で交流する予定です。
その時の様子も後日、ご紹介します。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« サクラソウの目!! | トップ | 安心してください? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。