花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

植物工場ピンチ?

2017年05月13日 | 環境システム科
環境システム科では3年生が自分たちで模擬農業生産法人を立ち上げ
野菜の生産販売に取り組む全国でも珍しい授業があります。
その名も学校設定科目「起業チャレンジ」。
この授業を支えているのがこの水耕栽培装置です。
ご覧のようにLEDを搭載し、生徒たちが自分の考えを
自由に栽培に反映させることができます。
ところが先日、大きなトラブルに見舞われました。
なんと気がついたら水耕装置が動いていないのです。
よく見るとせっかく育てた野菜の4分の1が萎れています!
どうやら電源が落ちているようです。
工業の先生が復旧にあたってくれ2台は動き出したのですが
1台は装置が故障している可能性があるとのこと。
すぐメーカーに連絡して点検してもらうことになりましたが
それでも数日後でなければきてくれません。
一生懸命育ててきた生産担当の人たちは
ショックで笑顔を消えてしまいました。
これが機械を使う農業の怖いところ。
しかし落ち込んでばかりはいられません。
そこでまだ生き延びている植え付けたばかりの苗を
緊急回収してまた育苗室にもどしていました。
起業チャレンジはいろいろな試練を乗り越えることで
生徒たちの心も育てているようです。
さて明日は八戸市のど真ん中、
ポータルミュージアム「はっち」で
名農ファーマーズマーケットというビッグイベントが開催されます。
自慢の野菜や草花の苗はもちろんですが、
ひし刺しやキノコ、水耕栽培などのワークショップも行われる予定です。
ぜひご来場ください。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 立夏のブルーモーメント | トップ | カビも育てる!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。