花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

ドローンで人工受粉!!

2017年05月19日 | 園芸科学科
園芸科学科で今年から取り組んでいるドローン研究。
なんとドローンで果樹の人工受粉をしようというのですから驚きです。
人工受粉といえば梵天と呼ばれる耳かきのような
ふわふわの毛に花粉をつけて、
一花一花雌しべにつけてあるくのが一般的です。
しかし彼らが考えたのは花粉を溶いた溶液を
樹上からドローンで散布しようとするもの!
以前から溶液受粉という名で知られていましたが
結実率が落ちること、スプレーするのに
なかなか良い方法がないことから
あまり行う人はいませんでした。
しかし人の手で行うと、たくさんの木があるうえ
高いところには脚立に上がらなければならないため
とんでもない時間がかかります。
高齢化が進んでいる農村にとって時短・省力は大切なキーワード。
そんな問題を解決しようと立ち上がった果樹班に注目です。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 農場にたくさんの報道陣? | トップ | 人工受粉? 人工授粉? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。