花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

木の芽起こし!!

2017年03月07日 | 学校
先日はひな祭でした。
ひな人形を飾った家も多いかと思います!
さてひな人形はいつから飾っていますか。
昔は二十四節季の「雨水」の頃が良いといわれていました。
雨水とは2月19日頃、ちょうど春一番が吹き始める頃です。
空から降るものが雪から雨に変わる雨水の時期は
農耕開始の目安でもありました。
今は雨水という二十四節季はあまり使わなくなったので
ぴんときませんが、農耕をしていた先人には大切な時期なので
これにひな人形を重ねるととても便利だったのでしょう。
さてこの時期の雨を「木の芽起こし」といいます。
ひと雨毎に草木が芽吹いていく。
とても素敵な言葉だとは思いませんか。


ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« つららが透明な理由? | トップ | 久しぶりのブルーモーメント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。