花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

猛暑と発電量?

2017年07月28日 | 学校
これは名久井農業高校に設置されている太陽光発電パネルです!
みなさんは一般的に1年間のうち、
もっとも発電量が多い時期がいつだかわかりますか。
実は日射量の多い8月ではなく、5月なのだそうです。
理由は8月は気温があがるから。
日射量が増え気温が上昇すると発電する電流は若干増えますが
電圧が逆に下がってしまうのだそうです。
電力は電流×電圧のため、猛暑では発電量が下がってしまうのです。
猛暑は太陽光発電にとってもマイナスのようです。
もちろん気温が下がっても良くないとのことで
そんな意味から5月がいいようです。
名農の発電量は実験室内の液晶パネルに
リアルタイムに示されており
環境システム科のエネルギー学習に利用されています。
さて今日は中学生の体験入学。
たくさんの生徒がやってきますが
ちょっと心配なのが廊下の電灯。
太陽光エネルギーを活用し非常時のため常に点灯させています。
これを見て名農は節電していないと思われたらちょっと困ってしまいます。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 農繁期? | トップ | Vanraure !! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

学校」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。