花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

他班をプロデュース?

2017年04月24日 | 園芸科学科
第1農場の果樹園です。
樹木の上に大きな骨組みが立っていますが
これはサクランボの木。
裂果を防ぐため、雨をよけて栽培するためです。
果樹の先生のお話ではサクランボは
リンゴより早く開花するとのこと。
予想では4月下旬ということです!
さてこのサクランボ、リンゴと同じように
人工受粉を行います。
この辺りでは長い長い棒の先につけた鳥の羽根で
花をまんべんなく撫でたり、蜂をレンタルしてきては放ち
受粉をしてもらうなどなかなか大変なようです。
名農でも蜂を使って受粉するそうですが
現在、チームフローラは果樹研究班に
今までとは異なる受粉方法を提案しました。
嬉しいことに実際にアイデアは採用され
賛同されたメーカーまで動き出し、
まもなく記念すべき第1回目の実験が行われます。
さあどんな方法なのかみなさん考えてみてください。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« ものづくりの精神 | トップ | さくらそう展へようこそ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

園芸科学科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。