花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

ドクターヘリ!!

2017年12月09日 | 学校
こちらは名農のグラウンド。
朝7時30分頃ですが真っ白です。
ちょうど芝が生えている辺りで
これは葉に霜が降りたからです。
残念ながら太陽が出てくると徐々にとけてしまうので
朝だけ見ることができる冬ならではのきれいな風景です。
このグラウンドに先日、Dr.ヘリが着陸しました。
いつもは近くにある町の病院に降りるのですが
この日ばかりは名農に降りてきました。
降りる前には学校に着陸許可の連絡があり
それを受けて先生方はみんな車を移動させたそうです。
あいにく不在だったため写真でのご紹介はできず残念です。
芝が生えて泥だらけにならない名農のグラウンド。
これからも降りてくるかもしれません。
コメント

名久井岳

2017年12月09日 | 学校
ご覧下さい!
きれいな雪化粧した名久井岳です。
真っ白にならないのは樹木が生えているため。
名久井岳は615mとそんなに高い山ではありません。
したがって富士山のように山頂まで樹木があるため
このように雪が降っても黒い樹木によって
真っ白にはならないのです。
チームがサクラソウの保全活動をしている種差海岸は
現在、三陸復興国立公園に指定されていますが
それ以前は県立自然公園でした。
自然公園は生態系を守るため
ほとんどの植物の採種を規制しているため
サクラソウ調査を行うときは
県庁の生活環境課に書類を提出して
知事の許可をとって活動していました。
実はこの名久井岳も県立自然公園。
名久井岳には毎年名農の1年生が登山をします。
高校生なので植物を盗掘する人は誰もいませんが
雑草と呼ばれる植物さえも傷つけてはならないのです。
あまりにも身近な自然ですが
県立自然公園に指定さえていることを忘れてはなりません。
コメント