花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

ビギナーズラック

2017年10月06日 | 研究
チームはポスター発表を引っ込み思案の多いメンバーが
自分自身を育てる場と考えています。
なぜなら研究成果を自分の言葉でまとめて
自分で説明しなければならないからです。
人前に立つのだけでも嫌なのに
専門家から質問攻めに会うのは針のむしろ。
そうならないようみんな必死に練習して勇気をもって臨むのです。
つまり賞狙いではなく自分自身を育てるために参加しています。
発表時間は2時間で、ひっきりなしに説明を求める人が来るので休みなし。
水分を補給しながら大学や高校の先生方、
さらには高校生とディスカッションをしています。
中には千葉大の学長さんと長時間話しているメンバーもいました。
2時間後、疲れた顔のメンバーですが
とりあえず初陣としての目標を達成できたようです。
表彰式が始まるとなんと想定外、2年生が優秀賞を頂きました。
360チームの中で受賞したのはわずか約60チーム。
その中に入ったのですからびっくりです。
表彰式が終わり校舎の外に全員集合した時、全員から
自然と受賞したメンバーを讃える拍手が出たのを見ると
みんなやりきったという満足感があったようです。
ビギナーズラックだとは思いますが
遠い青森からわざわざ早起きしてやってきたかいがありました。
本物のポスター発表を乗り切った体験は貴重な財産。
ひとまわり大きくなったメンバーです。

コメント

高校理科研究発表会!!

2017年10月06日 | 研究
千葉大学主催の研究発表会に参加してきました。
出場したのはチームの2年生5名とフローラJr.5名。
団券を使って移動するなんて久しぶりです。
まず参加したメンバーが最初に驚いたのが
千葉大の広いキャンパス。
土曜日でしたがキャンパスの中では
チアリーデヂングやジャグリング、格闘技
さらにアメリカンフットボールなど名農にはない
部活動に励んでいました。
物珍しさもあってしきりに感心していました。
そして発表会場の体育館に入ってまたびっくり。
広い体育館いっぱいにポスターが並んでいます。
数えてみたらポスターの枚数は360枚。
参加校もみんなSSHやSGHなどの指定を受けた進学校です。
これを見ただけで始まる前からビビっている初陣の1年生や2年生。
果たして自分の考えを説明できるのでしょうか?
コメント