7月30日(日)アルビレックス新潟トップチームとアルビレックス新潟レディース  東京都調布市と江東区で並行して公式戦

第38回北信越国体 サッカー競技 福井県坂井市の丸岡スポーツランドと三国運動公園で2017年8月11日~13日開催

亀田製菓サンクスデー アルビレックス生え抜き新入社員

2017年05月20日 05時00分00秒 | アルビレックス新潟のスポンサー
亀田製菓株式会社は、新入社員研修の目玉として、アルビレックス新潟主管試合に彼ら彼女たちを、おもてなし要員として送り込みます。
「亀田製菓サンクスデー」の折り、デンカビッグスワンスタジアムの入場口で同社のお菓子を手渡すのは亀田製菓新入社員。
試合前、陸上トラックに並び、観客に挨拶をし、アルビレックス新潟応援を呼び掛けるのは亀田製菓新入社員。
試合後、観客席の清掃をするのは亀田製菓新入社員。

毎年恒例のこの新人研修は、経済誌に紹介されているほどです。

ことし2017年度 同社新入社員のひとりに、小野秋香さんがいます。
彼女は、中学1年生から高校3年生までの6シーズン、聖籠町アルビレッジで、ずっとサッカーを学んでいた女性。
即ち、アルビレックス新潟レディースU-18選手でした。

サイドバック、サイドハーフ、ボランチ、フォワード、ときにはセンターバックもこなす万能選手。
運動量が豊富な、“めんこい”サッカー少女。
走り方、腕の振り方がアルビレックス新潟レディース小原由梨愛にそっくり!
アイドル顔という共通項も!笑
奇しくも、秋香さんと由梨愛は亀田製菓の“同僚”になったわけですが笑

毎日新聞の新潟版に、亀田製菓の入社式後に取材を受けた秋香さんの談話が掲載もされています。


秋香さんは、選手として「アルビレックス新潟」を背負って立つことは叶いませんでしたが、アルビレックス新潟を財務から支える一大企業の社員という形で、アルビレックス新潟を今後は支えていきます。

アルビレックス新潟アカデミーで育った少女少年が全てアルビレックス新潟選手にはなれません。
しかし、スポンサー企業社員などで関わるようになれれば、とかねてより願っていました。
こうして実現して、胸がいっぱい。


向かって一番左の娘が、秋香さん。
ちなみに、秋香さんの隣が前田ふらのさん。
その隣が、アルビレックス新潟レディースの千野七海。
七海の隣が、藤澤素子さん。
素子さんとふらのさんは、いま東京国際大学女子サッカー部員1年生。


ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原輝綺 フジテレビNEXT BSフジ | トップ | 「呂比須監督が救世主」はイリ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む