アルビ 東京在住サポーター  ―早川史哉・小島美玖・高村ちさと・伊藤優汰・前野貴徳の帰還―

全国大会で好成績を!
アルビレックス新潟ガールズ&
アルビレックス新潟ジュニアユース&
アルビレックス新潟ジュニア

日本文理と新潟明訓セカンド プリンス参入戦に

2016年10月13日 | 女子サッカー JFL 大学・高校サッカー
高円宮杯U-18新潟県サッカーリーグ1部は全14節。
2016シーズンは、10月9日に閉幕し、日本文理高校サッカー部が制覇。
準優勝は新潟明訓高校サッカー部セカンド、3位は開志学園JSC高等部サッカー部、4位に新潟工業高校サッカー部。

新潟県サッカーリーグ1部の上位2チームには、高円宮杯U-18プリンスリーグ北信越2017参入トーナメント戦に挑戦できる権利が与えられます。
11月、石川県能登で行われる参入戦、日本文理と新潟明訓セカンドは2連勝すれば、来季はプリンスリーグが戦場です。

但し、新潟明訓セカンドには、ややこしい"縛り"が。
それはファーストチームが、高円宮杯U-18プレミアリーグ参入戦に負けると、2連勝してもプリンスリーグに昇格できない、ってこと。
明訓ファーストは、今季プリンスリーグで優勝、プレミアリーグ参入戦に挑戦しますが、仮に昇格失敗=プリンスリーグ北信越残留となれば、明訓セカンドも連動して昇格できず、来季も新潟県リーグに"残留"。


ところで、開志学園JSC高等部がまたU-18新潟県サッカーリーグ1部で戦うことに。
3季目です。
インターハイと高校選手権の県予選を続けて優勝し、開志時代が来たか、とも思えたんですが…

新潟工業高校サッカー部もプリンスリーグ北信越再昇格ならず。
伝統校にも容赦ない厳しいリーグ戦と昇格争い。
ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『へぎそば』を「秘密のケン... | トップ | 「ドクターX 」対策 フジテ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む