アルビレックス新潟U-15 冬の全日本選手権プレーオフ出場権を懸けて10月29日正午 カターレ富山U-15と決戦

アルビレックス新潟U-15 高円宮杯北信越ユース(U-15)サッカーリーグ3位以内を懸けてあと1試合 能登島で

アルビレックス新潟サポーター カシマサッカースタジアムでの応援区域

2017年06月22日 13時00分00秒 | 観客動員 サッカー観戦付随の観光
おとうさん、そのカシマサッカースタジアムの観客席配置が、大きく変更をされたことは御存知ですか?
2017シーズンから、様変わりしました。
2016シーズンまで、アウェイチームを応援している人達はメインスタンドから見て右手側の座席から声援を送っていました。
それが2017シーズンより、メインスタンドから見て左手側でチャント 応援歌を歌ったり、選手コールをすることになってしまったのです。

2017年シーズンより茨城県立カシマサッカースタジアムに大型映像装置が新設されることを受け、試合時における来場者の利便性と安全性向上のため、ホーム側(北)サポーター席とビジター側(南)サポーター席、およびホーム・アウェイベンチの入れ替えを実施することとなりましたので、お知らせいたします。
メインスタンドからピッチに向かって右側をホーム、左側をビジターとします。


『試合時における来場者の利便性』というのは、鹿島アントラーズサポーターが使い勝手が良い配置という意味だそうです。
従来のビジターチームゴール裏の方が、駐車場に近く、高速バス乗り場に近く、スタジアム外の飲食屋台も近く、鹿島応援者は余計に歩かなくちゃいけませんでした。
それをひっくり返すことで、新潟はじめアウェイチームサポーターは不便になりますが、ホームチームサポーターには便利になります。

日立柏サッカースタジアム・ノエビアスタジアム神戸・ヤマハスタジアムと同じ事情の客席配置の入れ替えです、おとうさん。

ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルビレックス新潟レディー... | トップ | 2017夏 アルビレックス新潟U... »
最近の画像もっと見る

観客動員 サッカー観戦付随の観光」カテゴリの最新記事