アルビレックス新潟U-15 冬の全日本選手権プレーオフ出場権を懸けて10月29日正午 カターレ富山U-15と決戦

アルビレックス新潟U-15 高円宮杯北信越ユース(U-15)サッカーリーグ3位以内を懸けてあと1試合 能登島で

adidasが「アルビレックス新潟」への協賛を大きく減らしたせいなのか

2017年06月09日 14時00分00秒 | アルビレックス新潟育成チーム
おとうさん、異変が起こりました。
アルビレックス新潟のアカデミーチームの選手たちが着るユニフォームに、異変が起こりました。

おとうさん、アルビレックス新潟のユースやガールズの選手たちの着用するユニフォームの型は、トップチームのそれが一新されれば、それに連動していました。
それがですね、2017シーズンは違うんです。
「お古」なんです。


おとうさん、↑これ見て下さい、2016シーズンのデザインです。
レディースU-15の選手たちです。


これは↑、レディースU-18の選手たちです。


おとうさん、↑これも見て下さい。
2016季のセカンドユニフォームを着用したU-18選手たちです。

U-15も同じです。

ただですね、ユースのファーストユニフォームのデザインは、2017シーズン版なんです。


整理すると、アルビレックス新潟U-18のホームゲーム用のユニフォームだけ2017シーズン型。
U-18のアウェイゲーム用ユニフォーム、U-15、U-15長岡、レディースU-18、レディースU-15は、2016シーズン型。

確かに昔は、育成チームの選手たちに支給されるユニフォームは「お古」でした。
それが、2013シーズンだったかな、「お古」じゃなくなったんです、おとうさん。
以降、2016シーズンまでトップチームとレディースと同様に、最新型のデザインユニだったんです。

それが2017シーズン、昔みたくなりました。
これは、アディダスが新潟への協賛額を減額したせいですかね?


人気ブログランキング


ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 助川時子・兼平豊子・青天目... | トップ | 試合開始 アルビレックス新... »
最近の画像もっと見る

アルビレックス新潟育成チーム」カテゴリの最新記事