小池裕太と瀧澤莉央 ユニバーシアード台湾大会での大活躍を祈る! 日本代表の勝利に寄与する働きを!

8月27日 アルビレックス新潟レディース×ちふれエルフェン埼玉 残留争い6ポイント試合 新潟市陸上競技場

辛島啓珠監督自身もシルバーコレクター返上へ

2016年12月24日 21時30分00秒 | アルビレックス新潟レディース
アルビレックス新潟レディースは、ご存知のように皇后杯全日本女子サッカー選手権大会決勝に進むこと3回も準優勝に終わってばかり。
俗に言う「シルバーコレクター」という有り難くない称号で、日本サッカー協会広報に大会見所を書かれる有り様。
でも哀しい哉、事実。
第38回大会で、シルバーコレクターを返上したい!

辛島啓珠さんがアルビレックス新潟レディース監督に就任した際、拙は弊社ウェブログに、辛島さんはもっていない指揮官だと不安をこぼしました。

松本山雅FC監督時代、北信越フットボールリーグ優勝を果たし、全国地域サッカーチャンピオンズリーグで敗退し、JFL昇格には失敗。
JAPANサッカーカレッジ監督時代もやはり、北信越りーぐ王者になって全国地域サッカーチャンピオンズリーグで涙を飲む。
北信越リーグ1位には導いても、全国リーグ昇格は成し遂げられませんでした。

佐川印刷京都SCの監督になった辛島さんは、JFLセカンドステージ優勝監督に。
年間勝点ではファーストステージ1位のホンダFCよりも上。
だがしかし、チャンピオンシップに敗れて年間王座を逃しています。

SC相模原監督時代は、4位につけながら途中解任。
相模原はその後もJ2昇格は達成していません。

辛島啓珠監督にも、アルビレックス新潟レディースと同様に、一番望ましい結果を手に入れていないという共通点が。
辛島さんもサッカー指導者人生を懸けた決戦です、フクダ電子アリーナでの決勝は。

余は2月に不安を漏らしたブログを書きましたが、アルビレックス新潟レディースがタイトルを獲るために、これまで運を溜め込んでいたのではあるまいか、と希望的なことも記しました。
是非、そうなってもらいたい!
ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルビレックス新潟レディー... | トップ | タイトル獲得の味わいとは? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む