アルビ 東京在住サポーター  ―早川史哉・小島美玖・高村ちさと・伊藤優汰・前野貴徳の帰還―

全国大会で好成績を!
アルビレックス新潟ガールズ&
アルビレックス新潟ジュニアユース&
アルビレックス新潟ジュニア

唐橋万結 途中出場そして準決勝に!!

2016年10月14日 | サッカー日本代表
FIFA U-17女子ワールドカップ ヨルダン2016
準々決勝[U-17日本女子代表×U-17イングランド女子代表]は前半2点、後半1点を挙げた日本の勝利。
JFAアカデミー福島の遠藤純さんが先取点、日テレ・メニーナの植木理子さんが2得点。

ベスト4は、日本とベネズエラ、北朝鮮とスペイン。
準決勝の組み合わせは、日本×スペイン、ベネズエラ×北朝鮮。
3位決定戦もあるので、U-17日本女子代表はあと2試合できる資格を得ました。

我らがアルビレックス新潟レディースU-18の唐橋万結さんは、後半37分から途中出場。
脚をつった金勝里央さんに代わり、3人目の交替枠として。

因みに、実況の青島アナウンサーは「新潟アルビレックスレディースU-18の唐橋」と読み上げる失敗(>_<")
唐橋万結さんの見せ場がありました。
センターサークル付近から左前方にグラウンダーのロングパスを蹴ると、ゴール前に上がります。
左サイドに渡ったボールは程なく中央に。
そして万結さんに再びボールが戻り、シュート!
が、U-17イングランド女子代表の選手がブロックして、得点至らず。
でも良い攻撃で、『からまゆ、これはゴールだあ!』と一瞬、夢見させてくれる代物でした。

先発じゃないし、出場時間は短いのが不満も、でも4強進出の瞬間にピッチに彼女が立っている、誇らしいです!
ジャンル:
ワールドカップ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月29日14時 「アルビレッ... | トップ | アルビレックス新潟シンガポ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む