アルビ  東京在住サポーター  ―早川史哉・小島美玖・高村ちさと・八坂芽依・池田玲奈・伊藤優汰の早期帰還を強く祈る―

2017アルビレックス新潟U-18 プリンスリーグ北信越開幕戦 
4月2日 10時30分 
聖籠町アルビレッジ 

人種差別発言

2009年07月23日 05時00分00秒 | 明治安田生命Jリーグ 天皇杯

事実ならば、嘆かわしい。
この上なく、嘆かわしい。

共同通信等が報じているので、皆さんもご存知のことでしょうが、ヴァンフォーレの或る選手が、ヴェルディのレアンドロ選手に対して、人種差別的な内容の発言をしたとのこと。
口にしたとされる選手は否定しているので、これは言った・言わないの水掛け論になりそう雰囲気。
果たして、実際のところはどうなんだろう?

ヴェルディが劣勢の展開だったので、それにイラついたレアンドロが、〝聞き違い〟をしたのかもしれない。
そういう可能性はあるけど、リーグ側はきちんと調査して、玉虫色の結論だけにはしないでもらいたいものです。

昨季、大分トリニータの上本に対して、西村雄一レフェリーが“死ね”発言をしたかどうか物議を醸し、最終的に“して”と発言したという見解をまとめたことがありましたよね。
ああいう、不自然な幕切れだけは御免蒙りたいものです。

情報が不足しているので推測するのは無理があるんだけど、レアンドロは昨シーズンから日本でプレーしているから、或る程度、日本語を聞き取れるようになっていることでしょう。
で、甲府の選手Aが、こいつ日本語は理解らないから、という気持ちで侮蔑発言をしたのかもしれない。
逆に、日本語を或る程度は把握できるようになったけども、それは完璧じゃないので、聞き間違いをしたかもしれない。

一体どういった経緯で、こういったことになったのか?
早く、全体像を報じて欲しい。


もしも人種差別発言が本当だとして、それがプレイヤーの口から発せられたとしたら由々しき問題。
欧州でも人種差別発言が問題化しているけど―最近は沈静化―も、そういうことを口にする輩は、観客か、スタジアムのスタッフか、というのが通り相場。
選手Aが、選手Bにしたって報道は、正直、記憶に無いですね。

監督がそういう発言をしたのは記憶にあるけど。
アラゴネスがアンリに言ったとされるものだけど。

この手のエピソードで引き合いに出されるのは、FCバルセロナのストライカーであるエトー選手。
2009-2010シーズンは、イタリアでプレーすることになりそうな彼は、3年前だったか4年前だったかの国内リーグ戦で、観客から人種差別的な野次を飛ばされてしまい、余りの悔しさに涙を流して、途中でプレーを放棄して退場しようとしたことがありました。
性格に表現すると、「野次」ではなく、猿の物まねをされたんだけど、それは彼の地ではブラックアフリカンをバカにする行為。
それに気づいたエトォは非常に傷つき、まだタイムアップの笛が鳴っていないんだけど、放棄しようとしたんです。

当時、『すぽると』や『スーパーサッカー』などで、その模様が放映されていたので、覚えている方は多いはず。

スペインだけじゃなく、イタリアやドイツなどでも、程度の差こそあれ、人種差別的な野次が散発。
事態を重く見たヨーロッパサッカー連盟と国際サッカー連盟は、[人種差別的な行為・発言・野次は排除する、守れない場合は罰金、それに勝ち点剥奪も有り得る]というお達しを出しました。
たとえば、マンチェスターシティのサポが、そういう行為をしたら、マンチェスターシティが罰則を受けなきゃいけない、そういうことになったんです。

まあ、Jリーグでも、サポが刑事事件的なトラブルを起こしたら、クラブ側に累が及ぶけど、それと一緒ですね。

2006年のFIFAワールドカップで、やたらと「人種差別反対」というメッセージが飛び交っていたのを覚えています?
確か、開幕戦と決勝戦では、両チームの主将が、人種差別に抗議します、というメッセージ文を試合前に読み上げていたんじゃなかったでしたっけ。

FIFAは、そうやって人種差別問題を重要視しています。
南アフリカ共和国でワールドカップを開催する理由の一つも、アパルトヘイト政策撤廃絡みからだし。


もしも、ペドロやジウトン、ヨンチョルが人種差別的なことを言われたら、激高しますね。
プレースタイルに野次を言われるのは甘受できます。
ラフプレーをしたことについて文句を言われたのならば、納得できます。

でも、人種差別的なことだったら。

安英学が新潟でプレーしていたとき、北朝鮮による拉致問題がヒートアップしていたんで、ひょっとして彼に対して、心無い言葉が飛んだりするのでは?と危惧したことがあったんだけど、幸いにも吾輩は耳にしませんでした。
また、そういうのがあったというのも聞いたことがありません。

当方が知らないだけで、実はあったのかもしれないけど。

そういうことで選手が〝攻撃〟に晒されるのはイヤですよ。
プレースタイルとかだったら許せるんだけど、人種差別は絶対にイヤ。

中村俊輔も中田英寿も高原直泰も、イタリアやドイツでは人種差別を受けていたって話です。
あんまりオープンにはなっていないことだけど、そういう話。
チームに貢献できている、できていないという次元から攻撃されていたんじゃなく、極東の島国から来た人間だから、偏見を持たれていたとか。

メジャーリーグの日本人選手も、保守的な土地柄のチームだと、偏見を受けているとか。
西海岸のチームやニューヨーク近辺のチームに入団する日本人選手が多いけど、それらが日系人に寛容な土地柄だというのが大きく影響しているって聞いたことがあります。

そういうね、日本人差別の実態を知ると、黒色人種らを差別するなんて行為、余計に許せない。

話がまとまらなくなってきたけど、仮に、甲府の選手が人種差別発言をしたのならば、かなり思い処分が下されるはず。
いや、軽い処分で済ましたら、他国サッカー協会からJFAが非難されるでしょう。

願わくば、レアンドロの聞き間違いであってもらいたのだけど。

まさか、就寝前に、こんなニュースが飛び込んでこようとは。


追記;甲府の外国人選手は、肌の色が黒いです。
また、同じブラジル国籍。
ってことは、仮にそういった意味での人種発言をしたならば、それはチームメイトをもバカにしたことになるなぁと気付いた次第。
そう考えると、人種発言は、し難いと思うんだけど。

ジャンル:
文化
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルビ 落胆の時間帯2つ | トップ | 田中亜土夢 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (JOJO)
2009-07-23 21:57:39
真相は不明ですが、
審判とチンパン(ジー)
なんとなく発音が似てる気がします
Unknown (bbshin)
2009-07-24 00:54:42
私もこのニュース見てびっくりしました。
かなり深く考えてるコラムで読みがいがありました。

しかしJOJOさんの意見の「審判とチンパン」・・・

確かに似てるかもです。。

興奮してたら聞き違えるかも(-_-;)
JOJOさん (bartret555)
2009-07-24 19:06:29
JOJOさん、こんにちは。

報道によれば、JOJOさんの推理をなぞるように、「審判」を「チンパンジー」と聞き間違えた可能性が取り沙汰されていますね。
出来れば、真実は、こうであって欲しいものです。
bbshinさん (bartret555)
2009-07-24 19:06:49
bbshinさん、こんにちは。

意外と聞き間違いというのは、日常生活でも少なくないですからね。
まして興奮していたり、サッカースタジアムのような場所だと、そういうことは起こりやすいでしょうね。

あわせて読む