勝点80以上 25勝以上 2018明治安田生命J2リーグ優勝か準優勝でJ1復帰を決めたいアルビレックス新潟

清水エスパルスを道連れにしてJ2リーグでオレンジ色ユニフォーム5チームを現出させたい

U-16サッカー新潟県選抜 背番号・ポジション 第38回北信越国民体育大会

2017年08月04日 21時30分00秒 | 女子サッカー JFL 大学・高校サッカー
第38回北信越国民体育大会のU-16少年男子サッカー競技に臨む新潟県選抜のメンバーは
 
1番 GK 藤田和輝(かずき)君 アルビレックス新潟U-18
2番 DF 佐藤元紀(もとき)君 帝京長岡高校サッカー部
3番 DF 辻椋大君 アルビレックス新潟U-18
4番 DF 和田翔琉(かける)君 アルビレックス新潟U-18

5番 DF 吉田晴稀君 帝京長岡高校サッカー部
6番 MF 古俣眞斗(まなと)君 日本文理高校サッカー部
7番 MF 丸山喬太(きょうた)君 帝京長岡高校サッカー部
8番 MF 青山慶紀(よしき)君 帝京長岡高校サッカー部

9番 FW 本田修也君 アルビレックス新潟U-18
10番 FW 晴山岬君 帝京長岡高校サッカー部
11番 MF 矢尾板岳斗君 帝京長岡高校サッカー部
12番 GK 猪越優惟(ゆうい)君 帝京長岡高校サッカー部

13番 DF 吉田勇介君 帝京長岡高校サッカー部
14番 MF 千葉玲王(れお)君 アルビレックス新潟U-18
15番 DF 平野蒼波(あおば)君 新潟西高校サッカー部
16番 FW 鈴木遼平君 帝京長岡高校サッカー部


実質的に、アルビレックス新潟U-18と帝京長岡高校サッカー部の連合体。

藤田和輝君は3シーズン連続で新潟県選抜に登録されたGK。
中学3年生時、高校1年生時、そして今年度。
彼は早生まれだということもあり、こんな〝珍事〟が起こったとも書けますが、それを差し引いてもこの3年連続の国体メンバーは立派なこと。

毎年毎年、新潟県選抜は、県内の主要強豪チームから満遍なく選手を選んで編成していました。
アルビレックス、帝京長岡、新潟明訓高校、北越高校、新潟西高校、開志学園JSC高等部、長岡向陵高校などなどに目配せをして、均等に招集していました。
政治的配慮、とも見られる方針でした。
だから、たとえばアルビレックス新潟ユースに個の能力が高い選手が数多くいても、せいぜい5人が上限でした。
それが今年度は、従来の選抜方針から大転換です。

もし平成29年度の編成方針で結果を出せば、来年度以降も同様の編成が採られるんじゃないでしょうか。
ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タンキ 2017明治安田生命J1... | トップ | 女子サッカー新潟県選抜 背... »
最近の画像もっと見る

女子サッカー JFL 大学・高校サッカー」カテゴリの最新記事