小池裕太と瀧澤莉央 ユニバーシアード台湾大会での大活躍を祈る! 日本代表の勝利に寄与する働きを!

8月20日 INAC神戸レオネッサ×アルビレックス新潟レディース 兵庫県三木市で なでしこリーグ1部再開1戦目

第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権 10月28日1回戦/12月24日決勝

2017年01月23日 18時00分00秒 | 女子サッカー JFL 大学・高校サッカー
第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会は、10月28日に開幕します。
10月28日と29日の土日に1回戦。
第38回大会より、1週間遅れ。
これは、10月22日になでしこジャパンが国際親善試合「MS&ADカップ2017」に臨むため。
決勝は12月24日の日曜日。

さて12月8日から16日まで、フクダ電子アリーナで「EAFF E-1 フットボール チャンピオンシップ2017 決勝大会」が開催されます。
なでしこジャパンは、これに参加。
となれば、第39回皇后杯の準決勝を、12月16日・17日の土日にやるのは不可能です。
当然のことながら、前週の12月9日と10日の土日も無理。

従って準決勝は、12月2日または3日となるのでしょう。
或いは、11月25日か26日か。
筆者は、11月25・26日説を唱えます。
というのも、12月2日は2017明治安田生命J1リーグ第34節が、3日は2017J1リーグ昇格プレーオフ決勝が、それぞれ開催されるので。
この両日に、皇后杯準決勝をかぶせるだなんて、非常識。

従って、2回戦・3回戦・準々決勝は-
2回戦 11月3日・4日・5日
3回戦 11月11日・12日
準々決勝 11月18日または19日
準決勝 11月25日もしくは26日
-に設定されると考察するのが常識的。

直近の皇后杯は、1回戦から3回戦までを連続して週末に開いて、約1ヶ月後に準々決勝、という日程でした。
しかし2017シーズンのそれは、準決勝まで間断なく催行して、決勝は中27日で、というものになる見込みです。
ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017アルビレックス新潟の補... | トップ | 2017アルビレックス新潟レデ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む