倒産カレー屋顛末

何年か前、倒産した某カレー屋の内情

50店舗の壁、説

2017-05-05 18:08:48 | 日記
何の業態でもいいんですが、

マスコミ等で拾われて、バーっと話題になり、次々に出店して、拡大イケイケのどん詰まりが50店舗。

昔、どん詰まりの本部を集めて、本部機能や、経営資源を集約してウンヌンの合併話に乗って来たのが、

大体、40〜60店舗傘下の本部が多かった。


全国の主要都市で、押さえられる数。?
都内の主要駅で、押さえられる数。?

とか、みんなもっともらしい結論でしたが。

私が、発見したのは、7店舗7人が限界説。

1人の社長が細かく対応できる人数7人。

その7人の社長の意思がダイレクトに伝わる数、7店舗。

7人✕7店舗で49店舗。

これ以上増えると、7人の下に7人を付けたり、

社長の下に8人以上になったりで、トップの意向を曲がって受け取る奴⇒俺。みたいのが出て来る⇒破滅に向かう説。


最近では、伝説のーーーー丼の店とか。
第3の牛丼とか言って、池袋に本部がある。あー言えない。とかみんな頭打ちゃっているでしょ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまた、カレー屋の倒産。 | トップ | 食品イベント詐欺の仕組み。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事