ある気ままなオッサンのブログ

日々豆腐ダイエットに励む中年男性の日常を描くエゴに満ちた世界

北アルプス登山2016年10月 その4 下山編 大荒れの涸沢ではテントが風に飛ばされてそりゃも~大変なんてもんじゃないってば!

2016年10月12日 | 日記

時刻は10時30分

 

 

 

 

 

 

 そろそろタイムリミットだから・・

 

 

 

 

 

 一気に下山じゃ!

 

 

 

 

 

 ウッルァァァsァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして・・

 

 

 

 

 

 やっと穂高山荘に到着です

 

 

 

 

 

 しばし休憩の後は・・

 

 

 

 

 一気にザイテン降るのさ~

 

 

 

 

 

そして13時

 

 

 

 

 

 奥穂から涸沢小屋まで下山に2時間半

 

 

 

 

 500円のモツ煮込みと500円の缶ビール3本で軽くお昼ごはんだよ♪

 

 

 

そして空になった水筒に水を補給して

 

 

 

 

 テント撤収じゃ~!

 

 

 

 

 

 名残惜しいが今から数時間もすればここは迫り来る台風18号の影響をまともに受けるんだろうが吹きっさらしの涸沢のテン場はも~とんでもない事態になるんにもかかわらずにすぐ側で能転気にテントの設営するオッサン数名を横目に俺は俺はああ俺は・・・

 

 

 

 

 カッパを着こんで下山じゃ下山・・・

 

 

 

 

 マッスルマッスル・・・

 

 

 

 ひたすら下山しマッスル

 

 

 

 

 ほ~ら言わんこっちゃない・・(;´Д`)

 

 

 

 

 

 一歩一歩慎重にヨチヨチ下山だお

 

 

 

 

 

 そして二時間もかかってや~っと本谷橋を通過・・

 

 

 

 さらにさらに一時間歩いて・・

 

 

 

 

 横尾まで帰ってきたお

 

 

 

 

 時刻は既に夕方の5時を回ってるんで

 

 

 

 今日はここまでかな・・・

 

 

 

 

 う~ん・・(・ω・)

 

 

 

 

ど~しよ~かな・・・

 

 

 

 

 

 

 ここのテン場はドロドロだし・・

 

 

 

 

 

 

どうしよっかな・・・

 

 

 

 

 

 このまま上高地まで歩いてバスターミナルで野宿すっか!

 

 

 

 

 

 ヘッドライトを付けて暗い夜道を歩くんだがクマが出てきそうだったんで途中で工事車両専用道路へ出たんだがこれがまたチョ~快適な道なんでスキップしながら歩いていると後方から来た工事関係者の方々に・・

 

 

 

 

時刻は6時半頃かだんだん雨風が強くなってきたんで止む無く新村橋を渡って今夜は徳沢で寝ることにした 

 

 

 先ずは徳沢園のキャンプ場の受け付けで700円を支払い

 

 

 

 

 

 台風に備えロッジすぐ目の前でテント設営

 

 

 

 

 

 そして大急ぎでパスタを湯で

 

 

 

 

 

テント内でイッキに食事を終える頃にはも~恐ろしい程の轟音と突風が吹き荒れた・・

 

 

 

 

 

 夜の10時半にもなると何度もテントがひっくり返りそうな暴風雨に独り大の字になって四隅のポールを支えながら踏ん張っていると徳沢園のスタッフが本日の営業の済んだラウンジを無料開放するから避難してくださいっても~たいへん有難いお声をかけてくださったのでテント内に散らばった全てを一気にザックに押し込んでポールを抜いて潰したテントをそのまま丸めて植木に突っ込みザックを抱きながら命からがら徳沢ロッジ内に飛び込んだのだが全身雨でびっしょりだし大変きれいな徳沢園のラウンジを汚すわけにはいかないと俺は俺はロッジの食堂の床で寝ようとザックを下してシュラフを引っ張り出すがどこを探してもリッジレストが見当たらない見当たらないんで扉を開けて外を覗き見るもも~その暴風雨に一瞬で諦めがつき入口にある靴底の泥落としのマットの上にシュラフを引いて今夜の寝床とした

 

 

 

 

携帯電話を朝の5時にセットし濡れた全てを脱ぎ捨てて殆ど下着だけでシュラフに包まると今日一日の疲れと先ほどイッキ呑みした二本の日本酒のおかげか瞬時に気を失った

 

 

 

 

 

次の朝は携帯電話が鳴る前にここで宿泊していた山を目指す人々の騒めきでめをさませた 

 

 

 

 

 外に出てみるとまだ薄暗かったが雨風はすっかり止んでいた

 

 

 

 

 徳沢園の皆さんには深く感謝ですありがとうございました

 

 

 

 

 植木に突っ込んであったテントを少し乾かし

 

 

 

昨夜台風に飛ばされて無くなったリッジレストは何処をどう探しても見つからないのでこれは新しいサーマレストを買えと言う神のお告げなんだと潔く諦めていると

 

 

 

 昨夜一緒に避難した同志から熱いコーヒーを頂いたのでそのお礼にと全てのゴミを引き受けた

 

 

 

 

 

これから穂高を目指す者

そして下山する者

ここ徳沢はそんな山男たちの交差点になっている

 

 

 

 

 さ、

 

 

 

 

 下山だお

 

 

 

 

 明神からは素晴らしい眺めが・・

 

 

河童橋から梓川沿いを上流へ、約1時間ほど歩むと明神岳が間近にせまる明神一帯。ここは眼前にそびえる明神岳をご神体とした穂高神社奥宮の神域です。喧騒をほどよく逃れた明神は、山野草や野鳥の種類も豊富で、ゆっくり散策したい方にはおすすめのスポットです。
明神橋の手前から、明神岳を望む景観は写真家も好む珠玉の風景。橋を渡れば、神秘の造形美をたたえる明神池へと続きます。

 

 

 

 無事に河童橋まで戻ってこれました

 

 

 

 

 今回はこのジャンダルムまで山の裏側に回り込んで登ったんだよ

 

 

 

 

 

 あ~愉しかった!

 

 

 

 

 

 目の前にはグッドタイミングでアカンダナ駐車場行きのバスが停まっておりますな

 

 

 

 

 ハイ!

 

 

 

 

 

 

 平湯の森で三日分の汗を流し

 

 

 

 

 

 とぼとぼと大阪へ帰ります

 

 

 

 
んじゃなあばよ!

 



 

 

 この登山日記を最初から読む

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北アルプス登山2016年10月 ... | トップ | ああ、また一つ消えた俺の聖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む