映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

マイ・バック・ページ

2011年06月18日 | 邦画(11年)
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。

(1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入っていました。
 おそらく、人気の高い妻夫木聡や松山ケンイチが出演するというので、若い観客が随分と見に来ていたのではと思われます。

 映画を見てみますと、実際にあった赤衛軍事件(注1)を巡るお話で、主人公の沢田妻夫木聡)は、事件に関与したことで逮捕され、勤めていた新聞社も辞めざるを得なくなってしまいます。
 他方、その事件の首謀者である梅山松山ケンイチ)は、実際には手を下していなかったことから、京都にいたカリスマ的な運動家の指示に従ったまでなどと、警察に捕まってからもなんとか言い逃れようとするものの、裁判で15年の実刑を食らってしまいます。
 こうした背景の中で、沢田は、あくまでも心情左派的な行動をとろうとし、また梅山は、銃器を奪取してカリスマ運動家として世の喝采を浴びようと画策します。

 とはいえ、当時の事情や雰囲気をある程度知らなければ、なんでそんな特異な行動を2人が取ろうとするのか、若い観客にはなかなかついていけないのではないか、と思われます。
 というのも、沢田の行動は、当時の朝日新聞の持っていた雰囲気の中で許されていたものでしょうし(この映画の中でも描かれている1971年の「アカイ アカイ アサヒ アサヒ」掲載号回収事件くらいから、どんどんその傾向は右旋回していきますが)、梅山の銃器奪取という行動も、三里塚闘争など一連の出来事を踏まえないと唐突過ぎるのではと思われますから。

 でもこの映画では、そうした時代状況と密接に絡みつく事柄ばかりを読み取るべきではないのでしょう。むしろ、この映画については、様々の次元から議論できるといえるでしょう。
 例えば、当時の学生運動や左派の活動をよく知る人は、自分が見聞きしたこととこの映画の映像とを比べて批判できるでしょうし、あるいは歴史的な視点から、当時の学生運動とか新聞社のあり方といった点を議論できるかもしれません。
 あるいは、青春の一時期に何事かに邁進することの意義のような点を取り上げればいいかもしれません。
 また、この映画からは、原作者が述べている「ジャーナリストとしてはあくまでも(取材源の)犯人を秘匿するのか、それとも市民として犯人を警察に通報すべきなのか」(P.126)という問題提起―現在でも依然として未解決の―を読み取ることもできるでしょう。
 ただ、それらについては、既に様々なブログで論じられているようですから、ここで屋上屋を重ねるまでもないと思います。

 この映画では、沢田は、最初のうち、梅山が引き起こす事件についての語り部的な存在であり、言ってみればこの映画の狂言回しのような役割を果たしていますが、ラストまで見てみると、決してそうではなく、ジャーナリストとしての沢田の生きざまをこの映画が描きたかったのだな、と思えてきます。



 先輩が止めるのを聞かずに、CCRの歌が好きで、宮澤賢治の童話を愛読しているということで梅山をどこまでも信じてしまう、心の優しい沢田を、妻夫木聡は大変巧みに演じていると思いました。
 また、もう一方の梅山役の松山ケンイチも、大言壮語ばかりしている偽者の革命家ながらも、実際に「雨を見たかい」や『銀河鉄道の夜』が好きで沢田を信じさせるものを持っている若者でもあるという難役を、いかにもという感じで演じていて感心いたしました。




(2)本作品については、社会学者の大澤真幸氏の論評(注2)がなかなか興味深い点を指摘しています。
 すなわち、同エッセイによれば(かなり大雑把な要約にすぎませんが)、
イ)沢田は、当初は梅山を信じたものの、後になって「裏切られた」と思ってしまうわけだが、そうした2人の「関係は、多くの一般の日本人と連合赤軍との関係を先取りしていた」といえよう(後者の場合、「連合赤軍と名乗る活動家たち」が「あさま山荘にこもり、警察と銃撃戦をした」が、「彼ら活動家をひそかに応援していた日本人はすくなからずいたはず」だが、「連合赤軍のメンバーが逮捕された後」、「総括」のことを知って「状況は一変した」)(注3)。

ロ)沢田があとで後悔する破目になるのは、梅山は「理想を持たない革命家、革命家であることだけを目的とする革命家」である一方、沢田は、「社会を外から観察し続けるジャーナリストではあるが、しかし「理想」なるものに憧れている」のであって、「空虚な革命家梅山の中に、理想を読み込んでしま」い、「梅山に騙され」たからだ。

ハ)もっと言えば、「梅山のような凡庸な人物にも、ユートピア的な期待にあたるものが付着して」いて、「それこそが、宮澤賢治やCCRへの純粋な愛着」なのだが、「沢田はその部分を信じたのである」。

ニ)だから、「沢田が失敗した原因」は、彼の人を見る能力のなさにあるわけではなく、むしろ「他のジャーナリストが見ることができなかったものまでをも梅山の中に見出すことができたこと」にこそある。




 以上は、主に沢田についての一つの見方と言えるでしょう。それでは、梅山に関してはどうでしょうか?
 大澤氏は、最後に挙げた点を別な風にも述べています。
 「未来の方から遡及的に見返したときに十分にとらえられるような潜在的な期待が、まさに現在自体の中にあるのだ」。

 逆に言えば、仮に将来革命が成就した暁には、梅山の「宮澤賢治やCCRへの純粋な愛着」こそが、革命への希求を表していたと理解されるようになるだろう、ということになるのではないでしょうか?

 この点は、もしかしたら、自衛隊駐屯地で起きた事件について自分がわざわざ沢田に語ったにもかかわらず雑誌の記事として掲載されなかったことに関し、梅山が、自分こそが真の革命家だということを世の中にわからせることができたはずだったのに、と沢田を責めるところにもあるいは通じるのかもしれません。
 というのも、革命そのものではなくとも、そこに通じるとみなされる事件を引き起こしたことが分かってもらえれば、自分のこれまでの行動はすべて革命のためのものだったと世の中の人は理解するだろう、と梅山は言いたいのではと思われます。

 こうして考えてみると、確かに、梅山の独りよがりで貧弱な行動を映画で見てきた観客にとっては、自己を余りに過大視しているだけの単なる言い訳にしか思えませんが、ただまったくの遁辞ではないようにも思えてきます(注4)。

(3)映画には、主人公の沢田が映画館に入って川島雄三監督の『洲崎パラダイス赤信号』(1956年)を見るシーンがあります(注5)。
 この作品は以前自分でDVDに収録したことがあるので、棚の奥から引っ張り出して見てみると、映画で映し出されている場面は、冒頭の橋のシーンです(注4)。
 宿泊先に当てのない新珠三千代(蔦枝)と三橋達也(義冶)とが、これからどうしようかと言い争いをして、新珠三千代は、「あんた男でしょ。いやになっちゃう。いつでもあたしにばかり頼るのだから」と三橋達也を責めます(そして、新珠三千代は、折よくやってきたバスに乗り「洲崎弁天町」まで行きます。三橋達也も後を追いかけるのですが、……)。

 『洲崎パラダイス赤信号』で描かれている洲崎パラダイスは、映画で設定されている時代より10年以上も前に廃止されていますから、わざわざその映像の一部を取り入れたのは、時代の雰囲気を観客に分からせるためという訳でもなさそうです。
 おそらく、このサイトの記事が述べているように、原作者の川本三郎氏がその映画が「相当お気に入り」だからなのでしょう。

 ただ、『洲崎パラダイス赤信号』を見ると、本作品に足りないものも見えてきます。仮に、新珠三千代のような大人の女性が登場したら、映画の雰囲気ががらりと変わることでしょう。
 生憎とそんなことはなく、沢田が一緒に映画館に行くようになる相手は、週刊誌の表紙モデルですが高校生に過ぎませんし、また梅山の恋人も20歳の活動家なのです。



 年齢のことはともかく、もう少し女性の役割を大きなものにしたら、この映画もズッと深みを増しただろうにと思った次第です。

(4)映画評論家は、総じて好意的なように思われます。
 まず、福本次郎氏は、映画は「他の者ではない何者かになりたい2人が出会い、己を取り巻く世界と格闘しながら自分とは何かを問い続け、答えを探してもがき苦しむ姿を描く」として80点をつけています。
 また、渡まち子氏は、「薄気味の悪い活動家役の松山ケンイチが、終始、作品をリードしているかに見えるが、最後の最後に、妻夫木聡が涙を流す入魂の演技で一気に形勢が逆転する。苦い後悔と青春の終焉、人と距離を置いて生きる今の孤独な自分。それらすべてがないまぜになった、この泣くシーンは見事だ」として70点をつけています。
 ただ、前田有一氏は、「こうした過去話というものは、「かつて僕たちはこうでした。それなりに頑張ってました、てへへ」では仕方がない。シンパシーを感じられる同世代観客が楽しめるだけでは凡作であり、私としても高く評価はできない」ものの、「幸いにして『マイ・バック・ページ』は、似た過ちを繰り返す人々が目の前にたくさんいるという、偶然の社会情勢によって2011年の今、存在する意義を得た」として55点をつけています。


(注1)陸上自衛隊駐屯地で歩哨中の自衛官が殺された1971年に起きたテロ事件。 なお、詳しくは、ここで。

(注2)雑誌『ユリイカ』6月号「特集 山下敦弘」に掲載された「なんでおれ(たち)はあいつのことを信じちゃったのか?」。

(注3)原作本でも、連合赤軍事件について、「「連帯」や「変革」といった夢の無残な終わりだった」と述べられています(P.205).

(注4)この点は、『ミスター・ノーバディ』についての記事の(2)で取り上げた同じ大澤真幸氏の『量子の社会哲学―革命は過去を救うと猫が言う』(講談社、2010.10)にも通じるのでは、と考えます。
 そこでは、量子力学との関連性が論じられつつ、「過去の中の「存在していたかもしれない可能性」を救済するということは、現在の体制そのものを変換することを、つまり革命を意味しているのだ」。「今、歴史の中で、輝かしい勝者や英雄として登録されていた死者も、革命の結果によっては、無視される敗者の方へ、遺棄されるクズの方へと配置換えになるかもしれない」云々と述べられています(P.234)。

 ですから、事件で果たした梅山の行動が、なんらかでも革命に連なるものと一度世の中に理解されれば、彼の過去の誇大妄想的な行動も、すべて革命的なものとみなされることになるのかもしれません。

(注5)この橋について、クマネズミには「永代橋」のように思えるところ、川本三郎氏は、『銀幕の東京』(中公新書)において「勝鬨橋」とし(P.40)、他方このサイトでは「吾妻橋」とされています。
 なお、『銀幕の東京』によれば、「洲崎」は、戦前は遊郭のあった場所で、それが3月10日の東京大空襲で焼け野原になったところに「特飲街」(いわゆる赤線でしょう)が出来たとのこと(P.44)。



★★★★☆





象のロケット:マイ・バック・ページ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソリタリー・マン | トップ | 愛の勝利を »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
書き込み失礼いたします。 (愛知女子)
2011-06-18 16:13:52
クマネズミさん、こんにちは。
拙ブログにTBをありがとうございました。
ξ(⌒ ワ ⌒ξ

私はこの時代から大分離れた世代でよく分からない事だらけです。
昭和30年代生まれの方は浅間山荘事件にも共感出来る世代のようですね。
何が原因で社会にフラストレーションが溜まるのか…。
恐らく貧しさと敗戦のコンプレックスが根底にあるのかな?と私は思うのですがどうなのでしょうか。

この映画には確かに大人の女性達は出て来ませんね。
不自然ですが…。
さらに彼らの親世代との繋がりが描かれて無いのが残念です。

最後の警察がやって来てドアから出て来た女の子の顔が忘れられません。
ぼんやりとした表情から梅山を想って微笑むシーンは梅山の夢物語の終わりと、これから待ち受ける彼女達の罰を考えるとやりきれませんね。
でも、捕まった事で救われたんだとも思います。
暗いやりきれない気持ちにはなりましたが、駄作では無いな、と思わせる何かがある映画だと思いました。

生意気な事をすみません。失礼いたします。

世代? (クマネズミ)
2011-06-19 07:07:35
「愛知女子」さん、TB&コメントをありがとうございます。
さて、「愛知女子」さんが、「よく分からない事だらけ」とおっしゃるように、若い方は、大学闘争など現在はマッタク眼にすることがないために、どうしてあんなことが起きたのだろうと疑問に思われることでしょう。
ですが、世代が上で当時をよく知る人たち(団塊の世代でしょうか)だからといって、事態がよくわかるものでもないでしょう。
まして、学生運動はフランスなど世界各地で激しいものがあったようですから、日本特有の背景だけを考えても、それだけで理解するのは難しいのではないでしょうか?
とすると、こうした映画については、どんな世代の人が見て何を言おうとも、マッタク構わないように思えます。
むしろ、当時のことを何も知らない世代の人が見て、イロイロこの映画について批判する方が新鮮であり、また有益なのではないでしょうか?なにしろ、35歳の監督がこの映画を制作しているのですから(注)!
それで、そういった流れに棹さすべく、クマネズミも、矮小に描かれている梅山にも見るべき点があるのではないかとか、この映画では女性が上手く描かれてはいないのではないか、といった点を挙げてみたわけですが。
また、そういうことから、「愛知女子」さんの、「最後の警察がやって来てドアから出て来た女の子の顔が忘れられません」とのコメントは実に貴重なものだと思いました。

(注)雑誌『シナリオ』7月号の「桂千穂の映画館へ行こう」では、お年寄りの脚本家や批評家がこの作品を酷く貶していますが、すべて原作及び原作者についてのものなので、唖然としてしまいました!
こんにちは (愛知女子)
2011-06-20 19:44:47
クマネズミさん、こんにちは。
「雑誌シナリオ」を初めて手に取りました。
書店で立ち読みですが、教えていただいた部分を読んでみました。
沢田が梅山に惹かれる理由があれだけなんて可笑しいみたいな事が書かれていましたね。
私は、人に惹かれるのにそもそも理由なんているのかな?と思いました。
今Kさんがこの映画を観たら何と言うんだろうか?と考えたりしました。そして、もし川本さんとKさんが再会したらどうなるんだろう…と。
今、彼らはどうしているでしょうね。

ではでは失礼いたします。


モデル探し? (クマネズミ)
2011-06-20 22:26:31
「愛知女子」さん、こんばんは。
わざわざ再コメントをいただき、ありがとうございます。
「雑誌シナリオ」に目を通されたとのことですが、どうして原作者のことをあれだけ一方的に批判できるのだろうか、こんなに文学が分からない人がどうしてシナリオなど書けるのだろうか、と思ってしまいました。
なお、クマネズミには、沢田と梅山というように架空の名前が付けられているキャラクターのモデルが、実際にどういう人物なのか、彼らが今どうしているかといった事柄について殆ど関心がないところです(川本氏は、先頃最愛の奥様を亡くされましたが〔『今も、君を想う』〕、文芸評論家として相変わらず精力的に活動されているようですが)〔折角コメントをいただきながら、こんなことを言ってしまい、誠に申し訳ありません〕。
Unknown (ほし★ママ)
2011-06-25 19:15:11
ブログにコメントを頂いておきながら
ROM専で、なかなか伺えなくて申し訳ありませんでした。

記事に書きました「倉田さんが言ってくれた」事について
クマネズミさんの記事にそのままある気がしますが
私は、川本氏のもう一つ下の年代~
彼らの行動の総てを知ってしまって批判してきた年代なんですが
もし、この時代に自分が身を置いていたら
「どちらかと言うと賛成していた」と、なっていたのではと、思います。
そして、「でも、今回の事(人を死に至らしめた事)に関しては、違うと思う」
彼女の言葉に大いに頷いてしまったという事です。
もちろん、「きちんと泣ける男が好き」です。
倉田の言葉 (クマネズミ)
2011-06-26 05:44:20
「ほし★ママ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
クマネズミは、コメントに関しては、次のように考えています(随分偉そうなことを書いてしまい、申し訳ありません)。
・映画についての一般的な感想は、ブログ本文に書くこととして、コメントには書かない。
・コメントには、投稿先のブログ本文の内容に即したことを書く。

というわけで、「ほし★ママ」さんのブログへのコメントでも、あのようなことを書いてしまいました。
としたところ、わざわざこちらにその返事を書いていただき、大変恐縮いたしております。
なお、「ほし★ママ」さんが、倉田が話した言葉のうち、「でも、今回の事(人を死に至らしめた事)に関しては、違うと思う」の部分を指しておられるとしたら、それは原作本の「幸福に恵まれた女の子の死」の章には見当たりません。
何しろ原作本では、「彼女にとっては私など編集部の一部員にしか過ぎず、たまたま年が近かったので一度、映画に行っただけのことに過ぎなかったのだと思う」とあるくらいですから(P.44)。
従って、あるいは「山下監督のメッセージ」なのかもしれませんが、原作本の後半では、作者のお兄さんが類似のことを言っていますから(P.178)、もしかしたらそれを踏まえているのかもしれませんが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[映画『マイ・バック・ページ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この映画、面白い!  二時間半の長尺だが、夢中になってみた。  内容は、東大安田講堂事件以後の、輝きを失いつつある全共闘運動を背景にした、とある、運動家か、運動家に憧れる者か、正体判別つからざる「革命家」と、遅れてきた運動同調派・新米左翼ジャーナリス...
『マイ・バック・ページ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...
映画『マイ・バック・ページ』  (よくばりアンテナ)
ちょうど40年くらい前の、 団塊の世代の方々の青春時代、「全共闘時代」の頃。 『ノルウェイの森』や『TAROの塔』や『ゲゲゲの女房』にも描かれていた、 何か新しい時代の幕開けを予感させるような、そん...
『マイ・バック・ページ』 (こねたみっくす)
学生運動が世の中を変えられると信じられていた時代の息遣いが聞こえてくる。東大安田講堂陥落をリアルタイムでは知らない世代が作っているのに、そんな感じがする映画でした。 ...
映画『マイ・バック・ページ』、「何か嫌な感じ」を身にまとう秀逸さ。 (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
「何か嫌な感じがする」。 映画の終盤、編集部に別れを告げにきた倉田眞子(忽那汐里)の口からその言葉が漏れたとき、僕たちはああ、そうなのか、と、沢田(妻夫木聡)同様に血の気が引くような思いになるでしょう。 そのとき沢田は、それまでの笑みを凍りつかせて、無...
勘違い男の暴走。『マイ・バック・ページ』 (水曜日のシネマ日記)
1969年から1972年を舞台に左翼思想の学生と雑誌記者の関係を描いた作品です。
映画鑑賞【My Back Page】妻夫木聡・松山ケンイチ他 (愛知女子気侭日記)
【マイ・バック・ページ】2時間21分 原作:川本三郎(1944年7月15日東京生まれ) 東京大学法学部卒業後、朝日新聞社に入社。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」の記者を経て、評論活動に入る。96年に「荷風と東...
マイ・バック・ページ/妻夫木聡、松山ケンイチ (カノンな日々)
私の大好きな『リンダ リンダ リンダ』その他いろいろの山下敦弘監督が実話ベースの社会派作品を手がけたというだけでもちょっと驚きでしたけど、その主演が妻夫木くんに松山ケン ...
マイ・バック・ページ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。 川本三郎原作、 山下敦弘監督、妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、山内圭哉、中村蒼、韓英恵、長塚圭史、石橋杏奈、あがた森魚、三浦友和。 評論家川本三郎の自伝的 ...
映画レビュー「マイ・バック・ページ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
マイ・バック・ページ オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆現実と理想の狭間で揺れる若者たちの苦い挫折の物語。妻夫木聡vs松山ケンイチの演技合戦は見応えがある。 【7 ...
マイ・バック・ページ (LOVE Cinemas 調布)
作家・評論家の川本三郎が自らの体験を綴った同名の回想録を映画化。1969年から72年と言う学生運動が終わりに近付いた時期を舞台に、雑誌記者と活動家の出会いから破滅までを描く。主演は『悪人』の妻夫木聡と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に忽那汐里、中...
マイ・バック・ページ (花ごよみ)
監督は山下敦弘。 川本三郎のノンフィクションの映画化。 キャストは妻夫木聡 、松山ケンイチ、忽那汐里、 石橋杏奈、中村蒼、あがた森魚、三浦友和… あるジャーナリストの、 衝撃的な過去の出来事を描いています。 1969年、沢田(妻夫木聡)と関わった 活動家、梅...
[Review] マイ・バック・ページ (Diary of Cyber)
昨今の時代劇を観て、脚本家などによる大胆な構想や当時の時代背景の描き方に、ネット上では一部良い意見もあるものの、多くの場合で悪い意見が見受けられます。「その時代に即した演出をしていない」とか、「あまりにも現代寄りの演出」とか、「史実ではあり得ない」とか...
マイ・バック・ページ (とりあえず、コメントです)
1969年からの数年間を舞台に学生闘争に巻き込まれていく新聞記者を描いた、 妻夫木聡&松山ケンイチ主演の人間ドラマです。 重そうだな… だけど気になるな…と、やっぱりチャレンジしてみました。 学生闘争に魅せられた若者と、彼に動かされる人々の姿に あの時代は何だ...
山下敦弘・監督『マイ・バック・ページ』Have You Ever Seen The Rain? (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。川本三郎がジャーナリスト時代の経験を記したノンフィクション『マイ・バック・ページ』を『リンダ リンダ リンダ』『松ヶ根乱射事件』『天然コケッコー』の山下敦弘監督が映画化。
『マイ・バック・ページ』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注:ラストに触れています。 ----これは、フォーンも一緒に観た映画。 えいが、とても観たがっていたし、 じゃあ、付き合ってみようかと…。 でも、ニャんだか複雑な顔してたね。 「うん。 これって、原作が川本三郎氏。 彼の実体験に基づいた話だよね。 観て...
『マイ・バック・ページ』 (Rabiovsky計画)
『マイ・バック・ページ』公式サイト 監督:山下敦弘 出演:妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、石橋杏奈 2011年/日本/141分 おはなし Yahoo!映画 全共闘運動が最も激しか ...
映画「マイ・バック・ページ」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは9割くらい、妻夫木×マツケン共演作だからなのか女性客が多い。
『マイ・バック・ページ』 (千の天使がバスケットボールする)
内務官僚の父をもち、麻布高校から東京大学法学部に入学。卒業後は朝日新聞社に入社。 ところが入社して3年目の秋、過激派グループ「赤衛軍」による「朝霞自衛官殺害事件」で犯人隠匿及び証拠隠滅の罪により逮捕され、容疑を認めたため、会社は、即日懲戒免職となった。....
「若さ」という熱病~『マイ・バック・ページ』 (真紅のthinkingdays)
 東大を卒業し、念願のジャーナリストになるべく東都新聞に入社、雑誌記者と して働く沢田(妻夫木聡)。1971年、彼は梅山と名乗る学生運動の活動家(松山 ケンイチ)と接触し、ある事件に巻き込まれる。...
マイ・バック・ページ (うろうろ日記)
試写会で観ました。学生運動のリーダーとリーダーを追いかけるジャーナリストのお話で
「マイ・バック・ページ」みた。 (たいむのひとりごと)
昭和30-40年代での学生運動が盛んだった頃は、まだ生まれていないか赤ん坊であり、彼らと同じ年頃になった時にはバブル真っ盛りという世代のため、未だに彼らの心理とか行動原理がのみこめない私で、どうもこの
*マイ・バック・ページ* (Cartouche)
  1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田雅巳(妻夫木聡)は、激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平武弘(古舘寛治)とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男からの...
「マイ・バック・ページ」 (元・副会長のCinema Days)
 楽しめた。何より、学生運動が最後の盛り上がりを見せた1970年前後の世相を一刀両断に切り捨てているのが痛快だ。もしも本作を団塊世代の演出家がメガホンを取って作ったとしたら、甘ったるいノスタルジアと身も蓋もないエクスキューズで溢れ返っていたところだろ....
『マイ・バック・ページ』 (beatitude)
1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田雅巳(妻夫木聡)は、激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平武弘(古舘寛治)とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男....
山下敦弘監督 「マイ・バック・ページ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
妻夫木聡と松山ケンイチが共演し、1970年代初頭の全共闘運動を舞台に描いた映画、というくらいの感覚で、正直関心はなかったのですが キネ旬での評価が結構良いので、やっぱ観ておくべきかと 今日の休みに観てきました。 http://mbp-movie.com/ 原作は評論家・川....
映画「マイ・バック・ページ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マイ・バック・ページ」観に行ってきました。学生紛争の末期となる1969年から1972年の日本を舞台に、雑誌記者と自称革命家との出会いから破滅までを描く、妻夫木聡と...
マイ・バック・ページ #33 (レザボアCATs)
’11年、日本 監督:山下敦弘 プロデューサー:青木竹彦、根岸洋之、定井勇二 原作:川本三郎 脚本:向井康介 撮影:近藤龍人 音楽:ミト、きだしゅんすけ 美術:安宅紀史 編集:佐藤崇 VFXスーパーバイザー:小田一生 主題歌:真心ブラザーズ、奥田民生   妻夫...
11/06/07 松ケン×妻夫木の映画「マイ・バック・ページ」は苦過ぎた (ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記)
松山ケンイチは「デスノート」のL役以来のご贔屓若手俳優。出演した映画も全て観ているわけではないが、「カムイ外伝」以来なので少々欠乏症気味(笑) チラシをGETしてずっと気にしていた「マイ・バック・ページ」だが、近くのシネコンで早々に上映回数が一日一回にな...
マイ・バック・ページ (シネマDVD・映画情報館)
マイ・バック・ページ 1971 年。若きジャーナリストと活動家。二つの運命は交錯し、事件は起きた……。1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌編集記者として働く沢田。彼は激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それ...
マイ・バック・ページ(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
全共闘世代の物語。東大安田講堂陥落のナレーションが冒頭から入って、最初は試写会にありがちな音声ミス?と思ったけれど、それも演出のひとつでした。 まだまだ全共闘運動の余熱冷めやらぬ時代に、新人雑誌記者の沢田(妻夫木聡)は、京西安保を名乗る梅山(松山ケン....
映画『マイ・バック・ページ』 (ぷくの日記)
【ストーリー】'69年、激動の時代。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田は、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける中で、梅山と名乗る男から接触を受ける。沢田はその男に疑念を抱きながらも、不思議な親近感を覚え、惹かれていく。...
「マイ・バック・ページ」思想を信じてしまった先にみた思想を理解せず起こした殺人事件の犯人の誤った思想 (オールマイティにコメンテート)
「マイ・バック・ページ」は1970年前後に盛んだった全共闘運動時代にジャーナリストを目指した新聞記者がある男と出会い、その行動に共感してしまいある事件の引き金になる事 ...
マイ・バック・ページ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1971年、自衛隊朝霧駐屯地で、一人の自衛官が殺害された。 事件の背後にいたのは、新左翼の過激派青年と理想に燃える雑誌記者。 なぜ、それは起こったのか?彼らは何を目指そうとじていたのか? 「マイ・バ...
映画『マイ・バック・ページ』 (健康への長い道)
 大阪ステーションシティシネマに初見参・・・人が多すぎてエレベータに乗れません。仕方なく、11階までエスカレータで登りましたが、時間がかかります。土日の利用は避けたいなぁ。  思ったほど大きな映画館ではないです。ロビーの作り方や劇場の配置には、もうひとつ...
「マイ・バック・ページ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給:アスミック・エース監督:山下敦弘プロデューサー:青木竹彦、根岸洋之、定井勇二原作:川本三郎脚本:向井康介 元・朝日新聞社記者の川本三郎による同名のノンフィクションを、「リンダリ
『マイ・バック・ページ』こそ「これでいいのだ!!」だよ。 (かろうじてインターネット)
 今回は山下敦弘監督待望の最新作『マイ・バック・ページ』の感想です。  観に行った映画館は吉祥寺バウスシアター。いちばん最後の回の鑑賞だったので公開2日目でしたがけっこう空いていました。日曜...
マイ・バック・ページ (気ままにブログ)
 4月27日(水)アスミックエース試写室にて映画「マイ・バック・ページ」を鑑賞。  妻夫木&松ケン初共演も気になるが、全共闘時代の事実を元にした映画とのことで観たいと思った作品です。  原作...
マイ・バック・ページ (りらの感想日記♪)
【マイ・バック・ページ】 ★★★ 映画(29)ストーリー 東大安田講堂事件が起きた1969年、理想を胸に大手新聞社に入社し週刊誌編集記者とし
映画『マイ・バック・ページ』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
去年からずっと公開を、心待ちにしていました。 今、「やっと観れた~」と、ある意味ホッとしています。   【倉田さんが、み
マイ・バック・ページ 2011.4.27 (Penguin Cafeのいろいろ感想文)
タイトル:「マイ・バック・ページ」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id338494/ 日にち:2011年4月27日(水) 場所:都内試写室(試写会)==================== 1970年前後の学生運動を中心とした作品。 妻夫木聡は新聞記者...
マイ・バック・ページ (Diarydiary! )
《マイ・バック・ページ》 2011年 日本映画 若手ジャーナリストの沢田は梅山と
『マイ・バック・ページ』 「後ろめたさ」に寄り添って (Days of Books, Films )
My Back Page(film review) 原作ものの映画の場合、監督と
★ 『マイ・バック・ページ』 (映画の感想文日記)
2011年。「マイ・バック・ページ」製作委員会。   山下敦弘監督。向井康介脚本。川本三郎原作。  映画評論家、文芸評論家として知られる作家の川本三郎が雑誌、『朝日ジャーナル』...
■映画『マイ・バック・ページ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
妻夫木聡と松山ケンイチの競演が話題の山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』。 1969年から始まる映画というので、“LOVE & PEACE”で牧歌的でハッピーな青春物語かと思いきや、学生運動家とそれを取材するジャーナリストを描いたビターな物語でした。 あるシ...
「マイ・バック・ページ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
山下敦弘監督、微妙な題材を選んじゃったかなあ。 どうして? だって、全共闘運動が激しかった1970年前後に事件を起こした左翼思想の学生と若きジャーナリストにまつわる話だぜ。 いまどき、ハードな題材に、いつもは脱力系の山下敦弘監督が臨む。野心的な試みじゃな...
「マイ・バック・ページ」 (2011 アスミック・エース) (事務職員へのこの1冊)
川本三郎はわたしにとって現代最高の映画評論家。 該博な知識に裏打ちされた、節度あ
マイ・バック・ページ (ここにあるもの)
熱に浮かされたような時代を、私は知らない。 過去のニュースやドキュメンタリーでしか知らない学生運動が盛んな時代のこと。 前時代的な熱が私には伝わらなかった。 公開前の ...
マイ・バック・まほろ駅前 (Akira's VOICE)
「マイ・バック・ページ」 「まほろ駅前多田便利軒」 
『うさぎドロップ』『マイ・バック・ページ』を三軒茶屋シネマで観て、もふもふバタンキューふじき★★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
三軒茶屋の戦前からありそうな映画館でマツケン2本立て。 マツケンはどっちも主役の筈なのに食われまくり。 椅子が昭和映画館椅子で硬くって尻泣きまくり。 そうだそうだ。昔は ...
映画『マイ・バック・ページ』 (虎犇秘宝館)
監督 山下敦弘 妻夫木聡 (沢田雅巳)松山ケンイチ (梅山)忽那汐里 (倉田眞子)石橋杏奈 (安藤重子)韓英恵 (浅井七重) 東大安田講堂事件をきっかけに全共闘運動が急激に失速を見せていた、1969年。東都新聞社で週刊誌編集記者として働く沢田は、取材対象であ...
「マイ・バック・ページ」 あの事件を思い出した (はらやんの映画徒然草)
本作の舞台となる時代は69年の東大安田講堂事件から71年の朝霞自衛官殺害事件あた