映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

終の信託

2012年11月09日 | 邦画(12年)
 『終の信託』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)これまで周防正行監督の作品は、『シコふんじゃった』(1991年)、『Shall we ダンス?』(1996年)、『それでもボクはやってない』(2007年)と見てきていますので、この作品もと思って映画館に出かけました。

 物語の舞台は1997年のある大きな病院。
 映画の冒頭は、大きな川の堤防を、花束を持って歩く女が映し出されて、タイトル・クレジットが入り、次いで、同じ女が「検察庁」の看板が掛けられている建物に入って、事務官に待合室で待つように言われます。
 映画の大部分は、その女性、すなわち、病院で呼吸器内科医として働く折井医師(草刈民代)が、塚原検事(大沢たかお)の呼び出しを受けながらも、1時間近くも待合室で待たされている間の回想として描かれます。
 まず、彼女は、同僚の医師・高井浅野忠信)と長年不倫関係にありましたが、ある出来事がきっかけで簡単に捨てられてしまいます。



 そんなこともあってか、彼女は、自分の患者である江木役所公司)のいかにも誠実な生活態度に惹かれるものを感じて行きます〔具体的なきっかけは、江木にオペラのアリアの入ったCDを手渡されたことです〕。
 さらには、江木の小さい頃の話を聞いたりし、江木に対し好意の念が募っていきます。
 ですが、江木の病状(重い喘息)が次第に昂進し、あるとき、「その時が来たら、なるべく早く楽にしてください」「僕がもう我慢しなくていい時を決めてほしいんです」と江木に言われ、折井も「わかりました。でも江木さんがいなくなったら、私はどうしたらいいんですか」と答えてしまいます。
 そして、2001年になって、江木が、突然心肺停止状態で折井の病院に運ばれます。
 さあ、折井はどのように江木に対応するのでしょうか?
 塚原検事の呼び出しとは、……?

 恋人にすげなく捨てられて自棄的になった主人公の折井医師が、誠実な生き方をする患者の江木に心を惹かれていって、ついには大変なことをしでかすに至る流れがなかなかうまく描き出されているのではと思いました。

 主人公の折井医師を演じる草刈民代は、折井医師の純心さを実にうまく出しているだけでなく、大沢たかおの塚原検事との長時間のやりとりでも破綻なくこなしていて、元バレリーナなことを忘れてしまいます。



 また、喘息患者江木に扮する役所公司は、彼にしてはそれほどの演技力を示さずに済む役柄のような気がしたものの、それでも、喘息の発作が起きて川の堤防で倒れこむシーン(注1)などは印象深いものがありました。



 塚原検事役の大沢たかおは、40分以上に渡る折井医師の取調シーンが圧巻でした。
 映画『桜田門外ノ変』において主役の関鉄之助に扮しているのを見ただけながら、自分の信念をかたくなに信じてそれを貫こうとする人物を演じるにはうってつけの俳優だと思いました。




(2)本作は、周防監督の言によれば、「終末医療」や「検事の取調べ」などの社会的な問題を描き出すことに力点があるわけではなく、折井と江木との「ラブ・ストーリー」を描くことに主たる狙いがあるとのことです。
 でも、たとえそうにしても、折井と江木の関係はプラトニックなものである一方(注2)、「終末医療」や「検事の取調べ」といった問題は現在のところ非常に大きなものがありますから、どうしても後者の方に目が行ってしまいます。
 ただ、「尊厳死/安楽死」については、現在までのところ司法では認められていないので(注3)、塚原検事の取調べは、当局に都合のいい方向に持って行こうと誘導しているのが明らかだとはいえ、大きな問題はないのではと思われます(注4)。

 問題は、折井医師の方にあるのではと思われます。
 というのも、彼女のやることなすことがあまりにも“初心”過ぎる(良く言えば、過度に“純心”でしょうか)のではと思えて仕方がありません。
 元々、同僚の高井との関係も、彼女ほどの歳で、それも長年付き合っていれば、彼が幅広く女に手を出しているくらいなことが分かりそうにもかかわらず、現場を見つけるまで気が付かなかったとは初心過ぎる気がします。
 ですがそれはさておき、いくら、江木に好意を寄せているからといって、江木に安楽死を要請された際に、「はい」と簡単に請け合ってしまうのは、常識的にはなかなか考えにくいことではないでしょうか(注5)?

 そして、最悪なのが、チューブを外してからの折井医師の慌てふためき様(注6)。
 見ながら、クマネズミは、「アレ、この映画は“安楽死”の映画ではないの?」と思ってしまいました。
 逆にいえば、それほど江木を演じた役所公司の苦悶の演技がすごかったわけながら、一方で、チューブを外したらどのような事態になるのかについて、そして予想外の出来事にどう対処すべきかについて、折井医師が何も考えていなかったという点に酷く驚きました。
 これに関しては、このサイトの記事を書いている長尾和宏氏は、「彼女がした行為は全くの殺人と言われて返す言葉が無い」と述べています。

 とはいえ、こうした思いがけない出来事がなく、チューブを抜き取るとすぐに江木が死んでしまったとしたら、それでも刑事事件としては立件され塚原検事載取調は行われるにしても、この映画は全くつまらない作品になってしまったのではないでしょうか?
 あの出来事が描かれているからこそ、人間の死というのはなかなか簡単にはとらえられないものであり、「尊厳死/安楽死」に関しては、確かに、living willを明確化しておくことは大切にしても、決してそれだけで済まされる問題ではないかもしれない、と思いました。

(3)渡まち子氏は、「ほとんど会話劇とも言える構成で、ヒロインの人間性や死生観をくっきりと浮かび上がらせる構成は見事だ。尊厳死は「もし、自分だったら…」と誰もが考えてしまう、非常に同時代性の強いテーマで、作品としての訴求力は大きい。本作がヒロインに下す“裁き”は苦いが、このあいまいさに倫理観が揺らぐ現代日本のビター・テイストが感じられる」として65点をつけています。



(注1)とはいえ、江木に関しては、全体が折井医師の回想のはずですが、このシーンは客観的第3者の視点になってしまっています。

(注2)折井医師は、高井医師とは病院内で性的関係を持つほどですが、その関係は極秘になっていたようで、そして江木とは無論そんなことはありません。としたら、あれだけ美貌の医師ですから、周囲の男が放っておくわけはないと思われるところ、そんな兆候は微塵も見られません。暫くしたら、病院の担当部長になったほどですから、折井医師に人格的におかしなところがあるわけでもなさそうで、なんだか不思議な気がするところです。
 あるいはこうした点は、いくらフィクション仕立てとはいえ、映画の原作(朔 立木氏の同名小説)が依拠した「川崎協同病院事件」〔1998年(平成10年)〕における当事者(このサイトの記事には実名が記載されています)が実在することからくる制約なのかもしれませんが。

 なお、この当事者に対しては、このサイトの記事によれば、2011年10月から2年間の医業停止の行政処分が下されています(当事者は、事件後、病院を退職し、診療所を開いていました)。

(注3)映画の中で、塚原検事が引用する「横浜事件」とは、平成3年(1991年)に起きた「東海大学安楽死事件」でしょうが、同事件に関するWikipediaの記事によれば、「日本において裁判で医師による安楽死の正当性が問われた現在までで唯一の事件」とのことです〔その前に、「名古屋安楽死殺人事件」(1961年)がありますが、この事件には医師は関与していませんでした〕。
 そして、その判決では、「被告人を有罪(懲役2年執行猶予2年)とした(確定)」ようです〔平成(1995年)7年3月28日〕。
さらにまた、このサイトの記事でも、「今までに日本で安楽死が認められた実例はない」と記載されています。

(注4)何回か、塚原検事が大声で折井医師を威嚇するシーンがありますが、殺人容疑者に対しては、あの程度のことならやむを得ないのでは、という感じがします。

(注5)江木の方も、妻になかなかそんなことを言えないのは妻が「勇気がないから」、などと言って、妻を酷く気遣うわけで、そうした気働きが十分にできる人間なのですから、折井医師に対し、CDを貸してあげたり、「信頼している」と言ったりして好意を持っているのであれば、そんなことを言えば、折井医師を窮地に追い込む可能性があることくらい、よく分かりそうなものです。

(注6)「川崎協同病院事件」に関するWikipediaの記事では、「S医師は患者Aが死亡することを認識しながら、気道確保のため鼻から気管内に挿入されていたチューブを抜き取った。ところが、予想に反して患者Aは身体をのけぞらすなど苦悶様呼吸を始めたため、S医師は、鎮静剤のセルシンやドルミカムを静脈注射したが、これを鎮めることができず、そこで、S医師は同僚医師に助言を求め、その示唆に基づいて筋弛緩剤のミオブロックをICUからとりよせ、3アンプルを看護師に静脈注射させた。注射後、数分で呼吸は停止し、11分後には心拍も停止して患者Aは死亡した」と述べられています。
 こうした経緯もあって、本事件はいわゆる「安楽死事件」として数えられないように思われますが、それでも尊厳死を巡っての事件であることに違いがないように思われるところです。



★★★☆☆



象のロケット:終の信託
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルゴ | トップ | 声をかくす人 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり (sakurai)
2012-11-13 10:35:44
折井医師の描き方に難点があったように思えますよね。
実際にあった事件がベースになっているとはいえ、医師のキャラ付けは、創作になったのでしょうね。
それがいい方向に生かされてなかった感じがしました。
難しい問題を提起して、映画にした気概は買いますが、焦点が定まらなかったような気がしました。
Unknown (ほし★ママ)
2012-11-14 07:53:32
本当は、すごく好きな映画で、折井医師に
大いに感情移入するだろうと思っていたのですが
どうしても彼女の行動に理解できない部分があって
何をどう見たらよいのかわからなくなってしまいました。
焦点 (クマネズミ)
2012-11-14 20:23:54
「sakurai」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ラブストーリーという観点からすれば、高井医師に振ら
れてからの折井医師の行動は初心過ぎる感じがし、深
刻な社会問題を扱っているにしても、チューブを抜きとっ
てからの折井医師の行動がどうも不可解な感じがしま
す。
そんなところから、おっしゃるように、本作はどうも「焦点
が定まらなかったような気」がしてしまうのではと思いま
す。
Unknown (クマネズミ)
2012-11-14 20:25:03
「ほし★ママ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「彼女の行動に理解できない部分」とは具体的にどんなこ
とかわかりませんが、もう少し彼女が大人びて行動したら
なと思う点がいくつかありました。
版画 (ポンテヴぇッキオ)
2012-11-22 03:12:11
大沢たかおの検事の部屋に、版画が飾ってありましたが、それがフィレンツィエのポンテ・ヴェッキオの絵であることに気が付かれたでしょうか?
周防監督、遊んでるな~とシリアスなシーンなのに、爆笑してしまいました。
気がつきませんでした (クマネズミ)
2012-11-22 06:34:55
「ポンテヴぇッキオ」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
えっ、そうだったんですか!全然気がつきませんでした。
それでネットを調べてみましたら、「鉄平ちゃんの相模原ディープサウス日記」(http://blogs.yahoo.co.jp/teppeichang0340/30769632.html)というサイトに掲載の写真にはっきり写ってます。
もっと目を凝らして見ないといけませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
終の信託 (あーうぃ だにぇっと)
終の信託@ニッショーホール
終の信託/草刈民代、役所広司 (カノンな日々)
宣伝そのまんまの表現になっちゃいますけどスマッシュヒット作『Shall we ダンス?』の周防正行監督×草刈民代さん×役所広司さんの3人が再び顔合わせた作品です。しかしその内容は『Sh ...
終の信託 (佐藤秀の徒然幻視録)
それでも私は殺してない? 公式サイト。朔立木原作、周防正行監督、草刈民代、役所広司、大沢たかお、浅野忠信、細田よしひこ、中村久美。現実に起き、世間を騒然とさせた女医によ ...
終の信託 (勝手に映画評)
2007年の『それでもボクはやってない』に続く、周防監督の社会派作品。あわせて、1996年に大ヒットしてハリウッドでもリチャード・ギア主演でリメイク作品まで作られた『Shall we ダンス?』以来の周防正行・草刈民代・役所広司が揃った作品としても話題になっている。 で...
『終の信託』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「終の信託」□監督・脚本 周防正行□原作 朔立木□キャスト 草刈民代、役所広司、浅野忠信、大沢たかお、細田よしひこ■鑑賞日 10月28日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  ...
最期のときに~『終の信託』 (真紅のthinkingdays)
 呼吸器内科の医師・折井綾乃(草刈民代)は、検察庁から召喚を受ける。自身 が担当し、3年前臨終に立ち会った喘息患者・江木(役所広司)の家族から、彼女 は殺人罪で告発されたのだ。  周防正行監...
終の信託 (花ごよみ)
監督、脚本は周防正行、 朔立木の小説「終(つい)の信託」 (以前のタイトルは「命の終わりを決める時」)が原作。 尊厳死、終末医療がテーマ。 同僚の医師高井(浅野忠信)と、 不倫関係が続いていたが 裏切られ心に深い傷を負った、 呼吸器内科の医師の折井綾乃(草...
終の信託 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
終の信託 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る現実世界でも議論が絶えない尊厳死を扱う社会派ドラマ「終の信託」。取調べ室と医療現場を行き来する構成がサスペンスフルだ ...
当事者同士は納得済でも・・・。『終の信託』 (水曜日のシネマ日記)
患者の希望で延命治療を止めた女医と彼女を取り巻く環境を描いた作品です。
終の信託 (いい加減社長の映画日記)
重いテーマだけど、観ておくべきかなぁ、と思って・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 呼吸器内科医の折井綾乃は、同じ職場の医師・高井との不倫に傷つき、沈んだ日々を送っていた。 そんな時、重度のぜんそくで入退院を繰り返す患者・江木秦三の優しさに触れ...
映画『終の信託』★その人の苦痛に寄り添おうと思う気持ちが愛なんじゃないかなと (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159644/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     担当患者から、“命の終末”を託された女医が、コトを為し終えたあと 検察から追及される……...
『終の信託』 (こねたみっくす)
尊重すべきなのは命か、幸せか。 これは『それでもボクはやってない』の周防正行監督が尊厳死をテーマにした「それでも私はやってない」なのですが、どうも説得力に欠けていると ...
終の信託 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】役所さんが死ぬときに、安楽死をお願い
「終の信託」:ヘヴィーな圧迫感 (大江戸時夫の東京温度)
映画『終の信託』を観て、心底疲れました。精神的に、とってもヘヴィーです。 検察庁
*『終の信託』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2012年:日本映画、周防正行監督&脚本、草刈民代、役所広司、浅野忠信、大沢たかお、 細田よしひこ、中村久美出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
「終の信託」 (2012 東宝=フジテレビ=アルタミラピクチャーズ) (事務職員へのこの1冊)
ロアルド・ダールに「音響捕獲機」という短篇がある。世の中の、人間には聞こえない音
「終の信託」みた。 (たいむのひとりごと)
果たして「安楽死は殺人か?」という、事実が必ずしも真実ではない場合での、非常に難しい問題を扱った作品で、実際の事件を元に現役法律家が書き起こした小説が原作とのこと。女医が安楽死を望む患者の希望に応える
「終の信託」検察は有罪ありきの終末医療に本当にどうするべきだったのか?真剣に考えさせられる人生最期の時 (オールマイティにコメンテート)
「終の信託」は周防正行監督最新作品でぜんそくで余命いくばくもない患者を殺した罪に問われた女医がそこに至るところの過程を回想しながら検事の事情聴取を受けてその真相と終末 ...
[映画][☆☆☆★★]「終の信託」感想 (流浪の狂人ブログ~旅路より~)
 現役弁護士でもある作家・朔立木原作の医療小説を、「Shall we ダンス?」の周防正行監督、草刈民代・役所広司主演で映画化。実際に起きた事件を題材に、終末医療のあり方を問うヒューマンドラマ。 単純に構成的な部分だけを評すると、前半から中盤にかけての展開がや...
終の信託 (とりあえず、コメントです)
朔立木著の同名小説を周防正行監督が映画化した人間ドラマです。 『それでもボクはやってない』も考えさせられたなあと思いつつもチャレンジしてみました。 主人公たちの想いを丹念に描くと共に、後半の取調べのシーンに圧倒されるような物語でした。
終の信託 (迷宮映画館)
ほぼ民代さん、出ずっぱり。監督の気持ちが全面に出てる映画のような。
映画『終の信託』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
試写会で、ひと足お先に鑑賞させていただきました。 制作テレビ局のネット局の試写会でしたので 「もしかしたら、舞台挨拶」と
映画「終の信託」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「終の信託」観に行ってきました。朔立木原作の同名小説を、草刈民代と役所広司が「Shall we ダンス?」以来16年ぶりに共演し、終末医療のあり方をテーマとした、周防正行監督の...
『終の信託』に必要なものとは? (Healing )
終の信託 ★★★ もっと家族で話し合おう 自らのリビングウイルとエンディング それは医療か?殺人か? 『Shall we ダンス?』以来、 草刈民代と役所広司で 周防監督が16年ぶりに送るラブストーリーという触れ込みでした。 テーマは尊厳死、延命治療、終末医療、リビング...
映画「終の信託」 (FREE TIME)
映画「終の信託」を鑑賞しました。
「終の信託」 いろいろ考えさせられました (はらやんの映画徒然草)
「尊厳死」を題材にしているのは予告からわかりました。 重いテーマだなと思い、これ
『終の信託』 作文には書けないもの (映画のブログ)
 さすがは周防正行監督だ。『終(つい)の信託』は144分もの長さがありながら、名人芸ともいえるショットの積み重ねで、一瞬の無駄もない。  いや、一瞬の無駄もなく切り詰めに切り詰めたからこそ、この緊迫...
終の信託 (まてぃの徒然映画+雑記)
周防正行監督の新作は、尊厳死をテーマにした重い作品。検察の高圧的な取り調べの様子は『それでも僕はやってない』と相通じるものもあったりして。 喘息の発作を起こして入院した江木(役所広司)と担当医の折井(草刈民代)、江木は最初ステロイド剤の服用にも警戒心....
映画『終の信託』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-90.終りの信託■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:144分■観賞日:11月18日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:0円 □監督・脚本:周防正行◆草刈民代(折井綾乃)◆役所広司(江木泰三)◆浅野忠信(高井則之)◆大沢たかお(塚原透)◆...