映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

マリアンヌ

2017年02月28日 | 洋画(17年)
 『マリアンヌ』を新宿ピカデリーで見ました。

(1)前回取り上げた『たかが世界の終わり』に出演しているマリオン・コティヤールが本作にも出演しているというので、映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭では、プロペラ機の音がして、原題の「ALLIED」が映し出された後、夕日が沈んだ後に、主人公のマックスブラッド・ピット)が、落下傘で砂漠地帯に降下します。
 そして、「フランス領モロッコ 1942年」の字幕。

 マックスは、落下傘を外し、砂漠の中に設けられた土の道を歩きます。
 手にした双眼鏡で前方を見ると、1台の車がこちらに進んでくるのが見えます。
 念のためにピストルに手を掛けながら車を待つと、その車はマックスの前で回り込んで停まります。
 マックスが後部座席に乗り込むと、車はもと来た方向に走り出します。
 座席に置かれていたトランクを開けると、新しいパスポートや銃、資金が用意されています。
 運転手は、マックスに指輪を渡し、「あんたの“妻”の服装の色は紫で、目印はハチドリ」と告げます。

 カサブランカの市街に入ると、マックスは車を乗り換え、それでクラブに乗り付け、中に入っていきます。
 すぐに“妻”・マリアンヌマリオン・コティヤール)が見つかります。



 マリアンヌは、マックスと顔が合うと笑顔を返し、抱きついてキスをし、そこにいた友人たちに「私の夫のマックス・ヴァタン」と紹介します。
 友人の一人が「どのくらいここに?」と尋ねると、マックスは「6週間」と答えます。
 マックスは「失礼して、妻を連れ帰ります。空白期間を埋めないといけませんので」と言って、マリアンヌを連れてクラブを出ていきます。

 車の中で。
 マックスが「上出来だ」と言うと、マリアンヌは「あなもよ」と応じます。
 さらにマックスが「君の活躍は聞いている。パリ支局がやられたとか?」と尋ねると、マリアンヌは「今度の任務に関係しないことは話さない」と答えます。

 こうして2人はホテルに入って、外見上は夫婦を演じながら、その実は諜報活動をすることになりますが、さあ、どうなることでしょうか、………?

 本作は、第2次大戦中に活躍したイギリス人とフランス人のスパイをめぐるラブストーリーです。ストーリー上の難点はいくつもありますが、ブラピとコティヤールという美男と美女の恋愛物語ということで大目に見れば、なかなかきれいな映像の連続なので、楽しんで見ることができるでしょう。いうまでもなく、こうした作品に反戦を読み取る必要性など、ありはしないでしょう(注2)。戦争が悲劇を生みますが、戦争がなければ本作の美男と美女は出会うこともなかったでしょうから。

(2)本作の劇場用パンフレットの「Production Notes」では、本作の物語が“実話”にもとづいているかのような解説がなされています(注3)。
 仮にそうだとしても、本作が依拠しているのはごくごく大雑把な枠組みだけであり、個別のエピソードはどれもフィクションではないかと思われます。
 というのも、例えば、最初の方でマックスとマリアンヌは、駐モロッコのドイツ大使らを殺害しますが、なぜわざわざそんなことをするのかよくわかりません(注4)。それも、大使館で開催されたパーティーという衆人環視の中で実行するとは、諜報活動をする者の仕業とも思えないところです(注5)。
 その後のストーリーにも、腑に落ちないところがいくつも見受けられます(注6)。

 でも、本作は、スパイが活躍するアクション物というよりは、公式サイトの「Introduction」が強調するように、「マックスとマリアンヌが繰り広げる切ないラブストーリー」「「感涙」のラブストーリー」なのでしょう(注7)。



 そう思ってみると、ドイツ大使殺害シーンにしても、マックスを演じるブラッド・ピットもマリアンヌに扮するマリオン・コティヤールにしても、大使主宰のパーティーに出席しているために2人が正装しているせいでもありますが、最初から最後まで実にきれいに撮れています。
 また、砂嵐の砂漠に置かれた車の中で2人が結ばれるまでの様々なやりとりも、二人の様子を覗き見する関係者を欺くためでしょうが、なかなか面白いものがあります(注8)。
 それに、そうした場面の背景として描かれるカサブランカの街について、本作を制作したゼメキス監督は、随分と意欲的に美しく描いているのですから(注9)。

 本作の後半になっても、印象的な場面がかなりあります。
 例えば、ドイツ空軍によるロンドン空襲の最中に、マリアンヌが病院の外で出産をする場面とか、撃ち落とされたドイツ空軍の爆撃機がマックスらの暮らすロンドンの住宅の直ぐ側に落下するシーンなど、なかなか見応えがあります。

 こんなところから、ブラッド・ピットもマリオン・コティヤールも、本作の役柄からすると歳を取りすぎているとする評論家(注10)がいるとはいえ、クマネズミの目には、さすがの美男・美女の取り合わせだなと思え、ストーリーの難点に目をつぶれば、楽しく見ることのできる作品なのではと思ったところです。

(3)渡まち子氏は、「(ブラッド・ピットは)本作では、戦争が恋を生み、同じ戦争が愛を奪おうとする物語をダンディーかつセクシーに演じて存在感を示している」し、「国際的に活躍するオスカー女優のコティヤールの知的な美しさもまた絶品」として65点を付けています。
 前田有一氏は、「「マリアンヌ」は決して長く後に残る映画作品ではないが、ストーリーが疾走しており、週末のディナーのお供ならば十分にその役を果たすだろう」として70点を付けています。



(注1)監督は、『フライト』や『ザ・ウォーク』のロバート・ゼメキス
 脚本は、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のスティーヴン・ナイト
 原題は「ALLIED」(とりあえずは、「枢軸国」に対する「連合国」の意味でしょうが、あるいはマックスとマリアンヌとの関係を暗示しているかもしれません)。

 なお、出演者の内、最近では、ブラッド・ピットは『マネー・ショート 華麗なる大逆転』、マリオン・コティヤールは『たかが世界の終わり』で、それぞれ見ました。

(注2)本文の(3)で触れる渡まち子氏は、「サスペンス・タッチではあるが、本作は王道のメロドラマ。だがその根底にある反戦のメッセージを見逃してほしくない」と述べています。

(注3)劇場用パンフレットの該当箇所では、「彼(脚本家のスティーヴン・ナイト)は、互いの身分がばれると命の危険があることを承知の上で、恋に落ちた第二次世界大戦時の2人のスパイの話を聞いたという」、「ナイトを魅了した物語は、カナダ人のスパイと元教師のフランス人レジスタンスをめぐるものだった」と述べられています。

(注4)後から英国諜報機関の高官がマックスに話すところによれば、マリアンヌを英国諜報機関側にすんなり受け入れさせるために、危険人物視していた当該ドイツ大使をナチス側が人身御供として差し出したとのこと。
 でも、そうであれば、そしてそのことを英国諜報機関側が予め知っていれば、大使殺害計画など立案しなかったでしょう(大使暗殺を計画するのは、ナチス側ではなく英国側なのです)。
 また、そのことを英国諜報機関側が知らなかったとしても、当該ドイツ大使の存在は、死をもって排除しなければならないほど連合国側に酷いダメージを与えるものでなかったのではないかと推測されます(なにしろ、標的のドイツ大使は、ナチスによって反体制的と目されているくらいの人物なのですから)。

(注5)諜報機関が要人を暗殺するのであれば、今回の金正男暗殺事件のように(?!)、衆人環視の中で実行する場合でさえ、結局、真の犯人が誰であるのか捜査できないような状況にするのではないでしょうか?
 本作の場合は、目撃者を全員撃ち殺したわけではありませんから、すぐに身元がバレてしまうように思えます。
 それに、マリアンヌとマックスが、建物の外での爆発に呼応して、パーティー会場に置かれていた机の下に隠されていた銃器を取り出して乱射するわけながら、2人が全くの無傷で大使館を抜け出し、車に乗って逃走してしまうというのは、今時のアクション映画では見かけないほどの大雑把な描写のように思えます。

(注6)ほんの少し待てば、マリアンヌに対する嫌疑の真偽が判然とするにもかかわらず、どうしてわざわざマックスは、死の危険を犯してまでナチス占領下のフランスに調査に出向くのでしょうか、自分たちが24時間、機関の監視の下に置かれているのが明らかにもかかわらず、なぜ2人は大っぴらに脱出を図ろうとするのでしょうか、などいくつも疑問が湧いてしまいました。

(注7)「D姐(でぃーねえ)」によるこの記事の冒頭では、「昨年、アンジェリーナ・ジョリーとのまさかの離婚劇で一躍お騒がせ対象になってしまったブラッド・ピット。しかも離婚の一因と噂されたのが、共演者である仏女優マリオン・コティヤールとの不倫!とまで囁かれたのを覚えている人も多いと思いますが、その真相は別として、『マリアンヌ』こそがその問題の共演映画」と述べられています(尤も、同記事では「アテクシ的判定、シロ」とされていますが)。

(注8)例えば、マックスがモロッコにやってきた最初の夜、マックスは屋上でブランケットを敷いて寝ることになりますが(これは、任務を上首尾に遂行するために、男女の関係になるべきではないとの考えによっています)、マリアンヌが、最上階の部屋からランプを手にして「最初の夜から妻がソバにいないと疑われる」と呟きながらマックスのもとにやってきて、彼とキスをしたり、彼に「見ている人がいるから、どんどん喋って」と要求したりします。



(注9)劇場用パンフレット掲載の監督インタビューの中で、ゼメキス監督は、「モロッコの風景については、私は、『カサブランカ』(42)を讃えたいと考えていた。当時のハリウッドでは想像もつかなかったような視覚効果を駆使しているとはいえ、この映画は私たちが古典的名作ですでに知っているカサブランカの街を思い起こさせるものにしたかったんだ」、「今や私たちはVFXでなんでもできる時代にいる。1940年台のヨーロッパや北アフリカの都市を再想像することができたよ」などと述べています。

(注10)本文の(3)で触れる前田有一氏は、「この青臭いストーリーとキャラ設定には、どう考えてもブラピ(63年生まれ)はおっさんすぎるし、マリオン(75年生まれ)はおばちゃんすぎる」と述べています。



★★★☆☆☆



象のロケット:マリアンヌ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たかが世界の終わり | トップ | 雨の日は会えない、晴れた日... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2017-02-28 19:35:23
私はこちらのコティヤールを今回は先に見ました。期せずして同時期に彼女の対象的な姿が見れたのは大変ラッキーでした。
スパイ的なアクション、心理的なサスペンスもありますが、私も根底は二人の恋愛ドラマという感じがしましたね。だからこそのラストの悲劇が際立っていると思いました。
こちらからもTBお願いします。
TBありがとうございます。 (すぷーきー)
2017-02-28 21:23:48
予告編のマリオン・コティヤールの表情を見て、てっきり何か企んでいて捻りがあるのかと思っていたら、ストレートなラブストーリーでした。
『たかが世界の終わり』ではごく普通の妻でしたが、こちらは運命の女的な妻で、演じるのが仕事とはいえ女優さんってすごいな~と思いました。
Unknown (クマネズミ)
2017-02-28 21:26:01
「atts1964」さん、TB&
コメントをありがとうございます。
クマネズミも、コティヤールについて、「期せずして同時期に彼女の対象的な姿が見れたのは大変ラッキー」だと思いました。
クマネズミは、このコティヤールとメラニー・ロランをフランス人女優として注目しているのですが。
Unknown (クマネズミ)
2017-02-28 21:36:41
「 すぷーきー」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、コティヤールは、「『たかが世界の終わり』ではごく普通の妻」で、登場する3人の女の一人を演じているに過ぎませんでしたが、本作ではブラピの相手役として絶えず焦点が集まる役を演じていて、その演技の幅がものすごく広いことを見せつけました。
今週末に公開される『アサシンクリード』でも重要な役についているようで、どんな演技が披露されるのか楽しみです。
Unknown (なな)
2017-03-17 22:56:28
こんばんは

「虎猫の気まぐれシネマ日記」のななです。
TBをいただきありがとうございました。
詳しい解説記事、面白く読ませていただきました。

この作品はとても美しく王道なラブサスペンスだとは思いますが
確かに後世に残る名作というほどには感じませんでした。
それでも何度か見返したくなる安定した魅力はあると思いますが・・・。
マリオン・コティヤールとメラニー・ロランさん・・・おふたりとも魅力的な女優さんですね。
フランス女優さんはハリウッドとは一味違った美しさがありますね。
Unknown (クマネズミ)
2017-03-18 06:51:52
「なな」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、本作には「何度か見返したくなる安定した魅力はある」とクマネズミも思います。ソレもひとえに、ブラピとマリオン・コティヤールという美男・美女の俳優に依っているように思いました。
また、メラニー・ロランも期待しているのですが、このところどうもうまく出会えません(秋に「エターニティ(原題)」が公開されるようなので、その時まで待つことと致します)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「マリアンヌ」 (日々“是”精進! ver.F)
本物の愛のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702100000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ALLIED【輸入盤】
マリアンヌ (atts1964の映像雑記)
2016年作品、ロバート・ゼメキス監督、ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール出演。 1942年、フランス領モロッコ。 マックス・バタン(ブラッド・ピット)は、パラシュー......
マリアンヌ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ALLIED-VERTRAUTE FREMD [CD]1942年、カサブランカ。極秘諜報員のマックスとフランス軍のレジスタンスのマリアンヌは、ドイツ大使を殺害する重大な任務につく。敵の目を欺くために夫婦を装......
『マリアンヌ』 2017年2月12日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『マリアンヌ』 を鑑賞しました。 今日の2本目。#ブラ泣き が話題。 #ドラ泣き の真似で酷いとのこと。 それで話題になり客が増えれば儲けもの。 【ストーリー】  1942年、極......
マリアンヌ。 (すぷのたわごと。)
『マリアンヌ』を観に行ってきました。 野次馬根性です。 ブラピとアンジーの離婚原因のひとつだと言いがかりをつけられている作品を観ておこうかと。 我ながら、バカな動......
マリアンヌ / Allied (勝手に映画評)
カサブランカで出会った妻は、敵国のスパイ・・・? 昔の映画では“異常な状況下で結ばれた男女は長続きしない”と言われましたが、マックスとマリアンヌの二人には通用しないよ......
"I want you to play the piano for me"『マリアンヌ(Allied)』ロバート・ゼメキス監督、ブラッド・ピ...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストに触れています。『マリアンヌ』Allied監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ブラッド・ピットマリオン・コティヤールリジー・キャプランマシュー・グッドジャレッ......
『マリアンヌ』 正統派でクラシカルな作品? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ザ・ウォーク』などのロバート・ゼメキス監督の最新作。  主演にはブラット・ピットとマリオン・コティヤール。  原題は「Allied」。こ......
マリアンヌ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 序盤のモタツキをクリアすれば、かなりいい映画。
マリアンヌ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
第二次世界大戦下の1942年のモロッコ。夫婦を装ってナチスの要人暗殺の任務についたケベック出身の空軍情報員マックス(ブラッド・ピット)と,フランスの女性工作員マリアンヌ(......
【映画】マリアンヌ (アリスのさすらい映画館)
 マリアンヌ(2016)アメリカ 原題:Allied 監督:ロバート・ゼメキス 脚本:スティーヴン・ナイト 出演:ブラッド・ピット/マリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス/サ...
『マリアンヌ』 (beatitude)
1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)はこの地で出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス。決して交わることのない......
マリアンヌ (セレンディピティ ダイアリー)
ブラッド・ピット&マリオン・コティヤール主演の第2次世界大戦時を舞台にしたラブストーリー、「マリアンヌ」(Allied)を見ました。ロバート・ゼメキスが監督し、「イースタン・......
マリアンヌ~007+カサブランカ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Allied。ロバート・ゼメキス監督。ブラッド・ピット、 マリオン・コティヤール、リジー・キャプラン、マシュー・グード。1942年のモロッコ・カサブランカとなると、......
『マリアンヌ』 美男美女の映画 (Days of Books, Films )
Allied(viewing film) 美男美女を主役に第二次大戦中のカサブラ
「マリアンヌ」ハリウッド王道ラブ・ストーリーの復活! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マリアンヌ] ブログ村キーワード 今やハリウッドを代表する俳優の1人となった、ブラッド・ピット。対するはフランスを代表する国際派オスカー女優、マリオン・コティヤール。2......
マリアンヌ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ALLIED】 2017/02/10公開 アメリカ PG12 124分監督:ロバート・ゼメキス出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール 、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー 、リジー・キャ......
マリアンヌ ★★★・8 (パピとママ映画のblog)
俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピットと、アカデミー賞受賞監督ロバート・ゼメキスがタッグを組んだラブストーリー。第2次世界大戦下を舞台に、ある極......
マリアンヌ (映画と本の『たんぽぽ館』)
久々に端正なブラピ * * * * * * * * * * 1942年、モロッコのカサブランカ。 そう、あの「カサブランカ」と同じ舞台、ほぼ同時代、 というところから本作は始......
マリアンヌ (映画好きパパの鑑賞日記)
 ベテランのロバート・ゼメキス監督にブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの二大スター共演ということで、一定のレベルには達していて飽きませんでしたけど、ちょっとあり......
[映画『マリアンヌ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・大人の抑制の感じられる、だけど飽きさせないアクションシーンも多い良作だった。 アクションは淡泊のように思え、その活躍でブラッド・ピット演じる主人公が有能な軍人......
「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スパイと言えば美男美女。 吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆ ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne
マリアンヌ(2016)**ALLIED (銅版画制作の日々)
 何度涙を流せば、愛する妻を守れるのか。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ポイントが貯まったのでポイント鑑賞。どちらかといえば、恋愛ものはどうも苦手なのですが、観たい作品が......
マリアンヌ (to Heart)
上映時間 124分 監督 ロバート・ゼメキス 脚本 スティーヴン・ナイト 出演 ブラッド・ピット/マリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス /サイモン・マクバーニー/リジー・キャプラ......
「マリアンヌ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/パラマウント・ピクチャーズ 配給:東和ピクチャーズ 原題:Allied 監督:ロバート・ゼメキス脚本:スティーヴン・ナイト音楽:アラン・シルベストリ製作:グレア......
マリアンヌ (そーれりぽーと)
『マリアンヌ』 ★★★★ ブラッド・ピット+スパイ物と言うと、共演したアンジーとの不倫でジェニファー・アニストンと離婚した某映画を思い出さずにはいられません。 そのアン......