映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

あやしい彼女

2016年04月08日 | 邦画(16年)
 『あやしい彼女』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)『ピース オブ ケイク』で好演した多部未華子の主演作ということで、映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭は、病院の手術室でしょうか、傷ついた男(注2)がベッドに横たわっています。
 そして、その隣に据えられたベッドに横になっている女(大鳥節子多部未華子)から血液が管を通って流れていきます。

 タイトルが映し出されて、女(瀬山カツ倍賞美津子)が踊りながら商店街を歩く姿が画面で描かれます。
 洋品店の店主に向かって、カツが「この服、去年のじゃないの?」とイチャモンを付けると、店主は怒って「余計なお世話」と言い返します。
 若者とぶつかってよろけて倒れたので、若者が「お婆さん、大丈夫?」と尋ねると、カツは「失礼だね、あたしには名前があるの」と応じます。

 カツは近くの稲荷神社にお参りをしますが、「とかく、この国は若い女至上主義、1歳でも若い女の勝ち」とか、「中年を過ぎた女は女ではない、老人という別の生き物となる」、「私も、若いうちは、お婆ちゃんになる前に死んでしまおうと思ってた」などとつぶやきます。

 そして銭湯の場面。
 カツはここでパートで働いているところ、客のみどり金井克子)とは犬猿の仲。カツが娘(幸恵小林聡美)の自慢話をしたり、「家には孫がいて、私がいなきゃあ回っていかない」などと言うと、みどりは「娘、娘とうるさい」と反撃し、「私はシニアなの」、「海外旅行をするので、パスポートの写真を撮ってきた」と自慢すると、カツは「遺影にちょうどいい」と皮肉ります。

 こんなカツが、幸恵と喧嘩して家を飛び出して夜道を歩いている時に、オードリー・ヘップバーンの大きな写真が飾られている写真館(「オオトリ写真館」)を偶然見つけ、その店主(温水洋一)の勧めに従って写真を撮ることになるのですが、さあ、物語はどのように展開するのでしょうか、………?

 本作は、韓国映画『怪しい彼女』(未見)のリメイク作で、舞台を日本に移して、中身は73歳にもかかわらず外見は20歳の主人公が、様々の歌を歌って大人気を集め、そして…、というストーリー。実に他愛無いお話ながら、主演の多部未華子をはじめ、出演者が随分と張り切っていて、まずまず面白い作品に仕上がっています。

(2)本作はタイムスリップ物ではなく、ふしぎな写真館に入った73歳の老女・カツが、外見だけ20歳の若い女・大鳥節子として同館を出てきて大活躍するというファンタジーです。
 活躍するのは歌を歌って。
 初めは、商店街主催ののど自慢大会で『見上げてごらん夜の星を』(注3)を歌い、新人発掘に悩んでいた音楽プロデューサーの小林要潤)に注目されます。



 次いで、カツの孫の翼のバンド「怪しい彼女」のヴォーカルとして、『真っ赤な太陽』を路上で歌い、さらに、バンドが小林のサポートでメジャーデビューし、『悲しくてやりきれない』をTVで歌います。



 クライマックスは、「TOKIO ROCK FESTIVAL」の沢山の聴衆の前で『帰り道』(注4)を演奏するところ(注5)。

 ここで注目されるのが、節子が歌う歌が発表された年です(注6)。特に、最初の『見上げてごらん夜の星を』が1963年です。
 というのも、節子の意識は73歳のままですから、上手く歌える歌というのは若い時分に感動して覚えた曲でしょう。1963年といえば、カツがちょうど20歳の頃に該当し、説得力は充分あると思います。

 加えて、オリジナルの『怪しい彼女』では70歳の老婆が20歳になるという設定ですが(注7)、変身する年齢をオリジナルのまま20歳とし、さらに本作において『見上げてごらん夜の星を』を使うということになれば、カツの現在の年齢を70歳ではなく73歳とする必要が出てくるでしょう。

 ただ、節子を演じる多部未華子の現在の年齢は27歳で、20歳というには少々難があるのかもしれません(もちろん、充分すぎるほど可愛いのですが!)。



 仮に、節子の年齢設定を25歳としてみたらどうでしょう。
 その場合には、今度はカツの年齢設定を78歳くらいにする必要が出てきますし、69歳の倍賞美津子の方に年齢の開きがかなり生じてしまいます。

 とはいえ、カツはよく笠置シヅ子の「東京ブギウギ」を鼻歌交じりに歌います。この歌は、1947年発表の歌ですから、本作の年齢設定の場合、カツがまだ4歳の頃となり、そんな歌が身につくのかどうか少々疑問に思われます。他方、現在のカツの年齢を78歳とすれば、その曲を耳にするのは9歳くらいであり、覚えていてもおかしくない年齢になると思われます(注8)。

 しかしながら、こんなつまらないことは全くどうでもいいことであり、本作については、多部未華子の歌の巧さを堪能し、カツと幸恵の母娘関係に思いを致し、さらにはカツとみどりと銭湯の主人・次郎志賀廣太郎)の三角関係のドタバタを愉しめば良いのではないでしょうか。

(3)渡まち子氏は、「韓国映画「怪しい彼女」を日本映画がリメイクした「あやしい彼女」は、多部未華子のコメディエンヌぶりが光る快作だ」として65点をつけています。



(注1)監督は、『謝罪の王様』の水田伸生
 脚本は吉澤智子

 なお、出演者の内、最近では、多部未華子は『ピース オブ ケイク』、倍賞美津子は『一枚のハガキ』、要潤は『吉祥寺の朝日奈くん』、温水洋一は『Zアイランド』、志賀廣太郎は『森のカフェ』、小林聡美は『紙の月』で、それぞれ見ました。

(注2)実は、交通事故に遭った(瀬山カツの孫:北村匠海)。

(注3)エンドロールでもこの歌が歌われますが、その際の舞台はライブハウスで、曲もロック調にアレンジされていて、節子は実に楽しげに歌い、観客もノッています。

(注4)本作ではフェスのために翼が創った曲とされていますが、実際には、ユニット「anderlust」のデビュー曲(デビューは、本年3月30日)。作詞・作曲は、本作の劇中歌プロデュース担当の小林武史氏とanderlustの越野アンナ(彼女は、本作において、翼が思いを寄せるアンナとして出演しています)の共作とされています。

(注5)初めて披露する曲にもかかわらず聴衆のノリがいいのはふしぎですが。

(注6)他の2つは、『真っ赤な太陽』が1967年、『悲しくてやりきれない』は1968年。

(注7)同作の公式サイトの「STORY」によります。

(注8)もっと言えば、本作の回想シーンからすると、夫に死なれたカツは幼い娘の幸恵を連れて大変な生活を強いられています。ただ、それが20歳位のことだとしたら(多部未華子が演じていますから)、東京オリンピック(1964年)とか大阪万博(1970年)などで日本経済が上昇する直前のことのように思われ、なんだかそぐわないような感じもするところ、それよりも5年ほども前であったなら、昭和30年代であり、描かれているような厳しい生活もあったのかなとも思えるところです(実際のところはサッパリわかりませんが、井戸端での酒瓶の洗浄とか健康食品の販売といったことはいつまで行われていたのでしょう?総じて、回想で映し出される映像は、歴史ドキュメンタリーなどでしか知りませんが、なんだか戦後すぐの復興期のもののようにも思えるところです)。

 また、20歳に若返ったカツが、銭湯でのぼせて倒れた際に名前を聞かれて「大鳥節子」と言ってしまいます。これはオードリー・ヘップバーンと原節子とを合わせたものとされています(公式サイトの「ストーリー」によります)。ただ、こうした場合に咄嗟にそうした名前が出てくるのなら、78歳の年齢設定の方がふさわしいような気もします。



★★★☆☆☆



象のロケット:あやしい彼女

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無伴奏 | トップ | ちはやふる 上の句 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2016-04-11 09:24:30
この作品は、田部未華子演じるカツ改め大鳥節子の歌が染み入りました。
数か月ボイトレをしてこの作品に望んだ彼女の歌唱が、しっかり生きていましたし、泣きながら歌う「悲しくてやりきれない」が、こっちまでジーンときました。
女優が本気で歌うと、さすがだなあと感じたシーンでした。
オリジナルを見なさいと、ブロともさんのご指摘もあるんで、機会あれば見ようと思っています。
TBこちらからもお願いします。
Unknown (クマネズミ)
2016-04-12 05:55:17
「 atts1964」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるとおり、本作は、「田部(→多部)未華子演じるカツ改め大鳥節子の歌が染み入りました」。
クマネズミも、ぜひオリジナル版を見てみたいと思っています。
Unknown (ふじき78)
2016-04-17 22:00:17
> また、20歳に若返ったカツが、銭湯でのぼせて倒れた際に名前を聞かれて「大鳥節子」と言ってしまいます。これはオードリー・ヘップバーンと原節子とを合わせたものとされています

江戸川なん子でもいいかな。
(小さくなっても頭脳は同じ、迷宮無しの名シンガー)
Unknown (クマネズミ)
2016-04-18 05:18:23
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「江戸川なん子」だと「江戸川コナン」のアナグラムになってしまいインパクトに多少難があるとはいえ、「小さくなっても頭脳は同じ、迷宮無しの名シンガー」は良く出来ています!ラストに「歌で世界を一つに」とでも付けてみてはいかがでしょうか?

コメントを投稿

関連するみんなの記事

23 トラックバック

映画『あやしい彼女』★若返れば心ウキウキ♪実年齢にもローマの休日(^_-)-☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/168755/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   映画『怪しい彼女』は面白いと評判だったのに、未見だったので 日本版リメイクは、楽しみでした!   ...
あやしい彼女 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
「あやしい彼女」オリジナル・サウンドトラック [CD]女手一つで娘を育て上げた73歳のカツは、頑固で毒舌のため、周囲とトラブルばかり起こしている。ある日、ふと入った写真館で写真 ...
あやしい彼女 (あーうぃ だにぇっと)
あやしい彼女@丸の内ピカデリー
劇場鑑賞「あやしい彼女」 (日々“是”精進! ver.F)
もう一度、人生を謳歌したい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604010000/ 「あやしい彼女」オリジナル・サウンドトラック [ サントラ ]価格:3,240円(税込、送料込) あやしい彼女 [ 豊田美加 ]価格:540円(...
『あやしい彼女』('16初鑑賞33・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月2日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 18:10の回を鑑賞。
あやしい彼女  (Break Time)
今日は、朝から曇り・・・
「あやしい彼女」:多部ちゃんの歌が見事! (大江戸時夫の東京温度)
映画『あやしい彼女』は、そのリメイク元である韓国版を観ておりません。ですが、ぶっ
あやしい彼女 (atts1964の映像雑記)
2016年作品、水田伸生監督、多部未華子主演。 東京の下町。 毒舌で頑固でおせっかい、トラブルばかり引き起こす73歳のおばあちゃん、瀬山カツ(倍賞美津子)は、周囲から煙たがられてばかりの毎日。 商店街をいろんな店にちょっかいを掛けながら歌いながら歩いて...
あやしい彼女 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
日本でも評判を呼んだ韓国映画「怪しい彼女」の中国版「20歳よ、もう一度」に続く日本ローカライズ版。73歳の頑固おばあちゃんが、ひょんなことから姿だけ20歳の娘に若返り、やり残してきた青春を取り戻そうと奮闘する姿を描くファンタジー・コメディ。主演は「夜のピク...
あやしい彼女(2016) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/04/01公開 日本 125分監督:水田伸生出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、賀廣太郎、三鴨絵里子、温水洋一、小林聡美 いきなり、20才(ハタチ)。 STORY:女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のた....
あやしい彼女 (そーれりぽーと)
73歳のおばあさんが21歳に若返ったら?韓国映画の日本リメイク『あやしい彼女』を観てきました。 ★★★★ 最近テレビでも似たようなドラマがやってたけど、若返り系ブームなのか? この映画は2014年に韓国で大ヒットした映画のリメイクですが、調べてみると日本だけでは...
あやしい彼女(2016) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/04/01公開 日本 125分監督:水田伸生出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、賀廣太郎、三鴨絵里子、温水洋一、小林聡美 いきなり、20才(ハタチ)。 STORY:女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のた....
『あやしい彼女』 2016年4月9日 MOVIX亀有 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『あやしい彼女』 を鑑賞しました。 本家韓国版の『あやしい彼女』はシム・ウンギョンも可愛らしく 映画としても面白くて良かったが、評判の良い日本版はどうかと思って観た次第である。 【ストーリー】  女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固...
あやしい彼女 (映画好きパパの鑑賞日記)
 韓国のヒット映画「怪しい彼女」のリメイク。オリジナルのパワフルさに比べると、日本版はこぢんまりまとまった感じがあります。原因は制作者なのか、それとも日本の観客か。   作品情報 2016年日本映画 監督:水田伸生 出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤 上映...
あやしい彼女 (とりあえず、コメントです)
2014年の韓国映画「怪しい彼女」を多部未華子主演でリメイクしたコメディです。 オリジナルも観ていたので、あの作品をどんなふうに邦画にするのだろうと気になっていました。 俳優陣のさすがの演技と戦後の動乱期を時代背景にしたエピソードや懐かしい歌謡曲の数々に こ...
『あやしい彼女』をトーホーシネマズ日本橋3で観て、悔し泣きということでふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲この仕草が可愛いわあ。 五つ星評価で【★★★ラストのストーリー展開はコテコテに意味がないのに、これでもかとおいおい泣かされてしまうのが非常に悔しい】 原典の韓国映 ...
人生が二度あれば~『あやしい彼女』 (真紅のthinkingdays)
 東京の下町に住む73歳のカツ(倍賞美津子)は、身勝手で毒舌な、商店街の 鼻つまみ者。女手ひとつで育てた娘の幸恵(小林聡美)が、有名女性ファッショ ン誌の編集長であることが自慢の種だ。しかも幸恵は離婚しており、その息子、 孫の翼(北村匠海)はカツが育て...
No.543 あやしい彼女 (気ままな映画生活)
20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こす騒動を描いた韓国のヒット映画「怪しい彼女」のリメイク。ヒロインの20歳の姿を多部未華子が、73歳の姿を倍賞美津子が演じ ...
あやしい彼女 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:水田伸生 出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎、三鴨絵里子、越野アンナ、久保佑太、Kilt、田村健太郎、温水洋一、小林聡美 【解説】 2014年公開の韓国映画『怪しい彼女』を、『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などの水田伸生監....
映画感想『あやしい彼女』-2016年 日本 (見取り八段・実0段)
遅れレビュー…オリジナルの韓国版が名作なので、なるべく比較しないようにしないように呪文唱えながら見た。結果、大きく改変された部分以外は良かったと思う。もっとも大きく改変...
あやしい彼女 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年 日本 上映時間:125分 監督:水田伸生  歌あり、笑いあり、涙ありの楽しくて良質のファンタジー映画なのだが、韓国映画『怪しい彼女』のリメイク版というところが非常に残念である。もし本作がオリジナル作品なら、満点に近い出来栄えと言
あやしい彼女 (いやいやえん)
【概略】 可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子。口を開けば超毒舌、時には熱く説教もする「あやしい彼女」の正体は、73歳のおばあちゃんだった。 コメディ ......
「あやしい彼女」 (或る日の出来事)
思ったとおり、よかった。