映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

サラの鍵

2011年12月27日 | 洋画(11年)
 『サラの鍵』を銀座テアトルシネマで見ました。

(1)この映画は、以前見た『黄色い星の子供たち』で描かれたのと全く同様の事件(注1)を取り扱った作品で、そちらがかなり実録ベースであるのに対して、こちらはフィクション仕立てになっています(注2)。
 そして、そちらは、当時のユダヤ人の視点に立ちながら、検挙されたユダヤ人が一旦「屋内競輪場ヴェル・ディヴ)」に集められ、そこからフランス国内の収容所に移されて、ついにはドイツやポーランドの絶滅収容所に送られるところまでが映し出されますが、こちらは、現在の時点で展開される物語の中で、同じ事柄が描かれています。
 すなわち、ジャーナリストのジュリアクリスティン・スコット・トーマス)〔元はアメリカ人ですが、もう長いことパリで生活しています〕は、この事件に関するレポートを雑誌に掲載すべく取材しているうちに、とんでもないことが分かってきます。というのも、内部を大改装して自分たち家族がこれから住もうとしているアパートは、実は、この事件で検挙されたユダヤ人が居住していたものだったのです(ユダヤ人が立ち退いて空き室になったものを、昔、彼女の義理の祖父母が取得したという訳です)。
 さらには、まさにその部屋で、この事件にまつわる忌まわしい出来事があったこともわかってきます。すなわち、1942年の事件に際して、その部屋に住んでいたサラメリュジーヌ・マヤンス)という少女が、ユダヤ人を検挙すべくフランス警察が押し入ってきた際に、弟ミシェルを逃れさせようと、納戸に入れて外から鍵を掛けてしまったのです(注3)。



 サラは、「屋内競輪場(ヴェル・ディヴ)」を経由して地方の収容所に送られたものの、納戸に閉じ込めたままになってしまった弟のことばかりが気懸りで、やっとのことでそこを脱出して(注4)、パリのアパートに立ち戻り、それまで大事に握りしめていた鍵を使って納戸を開くのですが、……。

 ジュリアは、その後のサラの行方を追い求めて、フィレンツェからニューヨークまで足を延ばします。
 その間、なかなか身ごもらなかった彼女が2番目の子供を妊娠するも、夫のベルトランは、今更子供は欲しくないと言い出して(注5)、夫婦の間に大きな溝が出来てしまったり、過去の忌まわしい出来事をほじくり返そうとするジュリアに対して、義父とか、アメリカに渡ったサラにできた息子ウィリアムなどが強い不快感を示したりします。

 映画を見るまでは、そして初めのうちは、『黄色い星野子供たち』と同じように、強制収容所のことが専ら描かれるのかな、と思っていましたが、現代に生きるジュリアが主人公だとわかってくると、映画の複雑な構成にも引きつけられて(注6)、久し振りに質の高い文芸作品を見たな(注7)、という充実した気分になりました。

 主演のクリスティン・スコット・トーマスは、昨年公開された『ずっとあなたを愛してる』や『ノーウェアボーイ』で大変印象に残る演技を披露したところですが、本作においても、まさに彼女ならではの存在感のある瞠目の演技を披露しています。




(2)本作は、様々なレベルで読むことが出来ると思います。
 例えば、いうまでもなく、1942年の「ヴェル・ディヴ事件」という観点から(ただこれは、『黄色い星の子供たち』でかなり描かれています)。
 中心的には、ジュリアの生き方(アメリカ人が、「ヴェル・ディヴ事件」を通してユダヤ人問題に触れてどのように変わっていくか、など)。
 あるいは、ジュリアとベルトラン(それに娘のゾーイ)の家族という観点。
 または、過去の真実の追求ということ(注8)。
 それに、サラの生きざま(注9)、などなど。

 ただここでは、少し趣向を変えて、本作において重要な役割を果たしていると思われる「」について少しばかり見てみましょう。
 一つは、むろん、サラが弟を閉じ込めた納戸の「」です。弟は自分の言うことを聞くから、自分で納戸を開けて出てきはしない、それでは大変なことになると思い、フランス国内の収容所に送られたサラは、「鍵」を使って納戸を開けることだけを考え詰めます。要すれば、開くために使われる「鍵」といっていいでしょう。

 ところが、ジュリアの義理の父親は、ジュリアらがこれから住もうとしている家は1942年に祖父母が取得したものであること、さらにはサラが戻ってきて納戸を開けたことまで知っているにもかかわらず、それをずっと黙ってきたのです。その上、その事実をジュリアが明るみに出そうとすることに対して、義父は強く非難したりします。ここでは、過去を封じ込めるために、想像上の「」が使われているといえるのではないでしょうか?

 さらに、本作とは離れますが、もう一つの「鍵」の使い方もあるようです。
 谷崎潤一郎の小説『』においては、夫と妻が、それぞれ付けている日記を抽出などの隠し場所に隠していて、それに「鍵」をかけているのですが、その鍵の在り処をお互いに知っていて、隠してある日記はお互いに盗み見られていることがお互いに分かっている、という設定にされた上で、それぞれの日記がほぼ交互に掲載されていきます(注10)。
 つまり、この小説における「鍵」は、かかっているようでいて、実はかかってはいない感じなのです(注11)。

 なお、アメリカに渡ったサラが産んだウィリアムは、当初は、「鍵」をかけてしまっておく過去など何も持っていなかったにもかかわらず、ジュリアに母親がユダヤ人であると告げられると、鍵をかけておくべき過去があたかもあったかのような態度に出て、ジュリアを激しく拒絶します。これは、鍵のもう一つの使い方(なかった鍵を新たに作り出す、とでもいったらいいのでしょうか)といえるかもしれません(注12)。

(3)渡まち子氏は、「この物語は、ホロコーストを過去の“点”ではなく、現代へと続く線、あるいは面としてとらえることで、命は次世代に引き継がれ、未来への希望が生まれることを教えてくれる。ラストシーン、娘の名を聞かれたジュリアが答える場面では、胸いっぱいにあたたかい感動が広がった」として70点を付けています。
 また、粉川哲夫氏は、ジュリアが、「謎を追い、パリから生まれ故郷のブルックリン、さらにはフィレンツェまで動くのは、一見「探偵ドラマ」風だが、それは、交互に描かれる古い時代のシーンとのたくみなバランスのなかで単なるエンターテインメントに堕すことをまぬがれる。収容所からからくも逃れ、生き延びたサラという少女の悲痛なドラマは、そのままならお涙頂戴のドラマになりかねないが、交互に挿入されるジュリアの「現在」(2009年とそれ以後)によって「異 化」され、内省的な静溢さをもたらしている」と、★を5つ付けています。




(注1)1942年に、パリのユダヤ人を一斉検挙した「ヴェル・ディヴ事件」のこと。1995年になって、当時のシラク大統領がその事実を公式に認めて、犠牲者に謝罪しました

(注2)本作は、タチアナ・ド・ロネの同名の小説(邦訳は高見浩訳で新潮社から)を映画化したものです。

(注3)劇場用パンフレットのProduction Notes には、「ブレネール監督とジョンクールが共同で手掛けた脚本は小説に忠実」ながら、「警察が来たとき、サラの弟は自ら納戸に隠れる」が、「映画では、サラが彼に隠れるように言う」、とあります。
 確かに、原作小説では、警察が踏み込んできたとき、「僕、秘密の場所にいくよ」とミシェルは「ささやき」、「だめー」「一緒にいくのよ。こなきゃだめ」とサラは「せっつ」きます。サラは、「弟をつかまえようとし」ますが、ミッシェルは、「寝室の壁の裏に設けられた、奥行きのある納戸の中にもぐりこ」みます。「そこはいつも2人が隠れんぼをして遊ぶ場所」でした。そして、ミッシェルは、「怖くない。鍵をかけてくれれば、絶対につかまらないよ、ぼく」と言うのです。サラは、「外部の人間には、この壁の裏に納戸があるなどと見抜けないはずだ。弟はここにいたほうが安全だ。間違いない」、「あとで、きょうのうちに帰宅が許されたら、もどってきて弟を出しやればいいのだ」と思います(邦訳P.16~P.17)。

(注4)『黄色い星の子供たち』でも、少年ジョーがもう一人の少年と収容所を脱出するのですが、その作品では、途中経過が省かれて(裕福な家の養子となった、と説明されますが)、いきなり戦後となって、メラニー・ロラン扮する看護士がジョンと再会する場面となります。
 これに対して、本作では、サラは友達と一緒に収容所を脱出しますが(『黄色い星の子供たち』と同じように、収容所の周囲は、背の高い草が一面に生えている草原なのです)、そこからサラが、自分のアパートに戻るまでが詳しく描き出されています。



 すなわち、サラは、一度は追い出された農家で何とか匿われた上(もう一人の友人は、ジフテリアに罹って死んでしまいますが)、男の子に変装してパリに戻って、元の家に入り込みます。その後は、またその農家で働きますが、戦後暫くして、家出をしてしまいます。

(注5)夫のベルトランは、一人娘のゾーイが10代になっていることだし、アパートも整いつつあるし、それに年老いた父親になりたくない、といった理由で、ジュリアが子供を産むことに強く反対し続けます。

(注6)映画は、「1942年の最初の小麦がペタン元帥に送られました」との文字映像から始まり、フランス警察がサラたちの住むアパートに乗り込んで来る場面となり、ついで、ジュリアが勤務する雑誌社の編集会議のシーン、そして1942年の「冬季競輪場」へという具合に、当時と今とが煩雑に入り組んで映し出されます。

(注7)例えば、ジュリアの一家の一人娘ゾーイは、多感な時期で(14歳)、ジュリアが何も説明しないで各地を飛び回っていることなどに批判的ですし、また今頃自分に妹ができることも釈然としない感じです。ジュリアが出産後夫と別れてニューヨークで生活するときも同行するものの、やはり父親のいるパリの方がいいと言い出す始末。といった具合に、登場人物一人一人に複雑な性格が与えられているのです。
 なお、ゾーイが父親とPC電話で話していると、その最中に、父親の方の画面に、彼が一緒に暮らしているらしい女性が一時現れたりするのです。

(注8)サラがアメリカで産んだウィリアムエイダン・クイン)は、生まれてスグにカトリックの洗礼を受けたこともあって、自分がユダヤ人であることを知らずに大人になりました。ですから、当初ジュリアから母親のサラのことを聞いた時は、酷いショックを受け、その事実を受け入れることを拒絶します。



 ですが、その後、病に伏せる父親から、母親サラの真実の姿を知らされ(「彼女は私が人生の中で出会った女性の中で一番美しい」などと語ります)、また遺品なども手渡されます(手渡されたノートから、例の「鍵」が出てきます)。
 それで、ジュリアがニューヨークに移り住んで再会した時には、ウィリアムの態度は一変しています。ジュリアが、「自分の態度は傲慢だった」と述べると、ウィリアムの方も、「あなたのおかげで、父も落ち着いて死んだ」と述べたりします。
 さらに、ジュリアが、生まれた娘をサラと名付けたと言うと、ウィリアムは泣き崩れてしまいます(こうした姿から、ジュリアとウィリアムとが結婚するに至るのではと考えられもしますが、ただジュリアは、ウィリアムに対し、「そろそろパリに戻ろうと考えている、ゾーイがニューヨークは嫌いというもので」と言うことなどからすると、そこまでには至らないのではと考えられるところです)。

(注9)サラシャーロット・ポートレル)は、車の事故で亡くなりますが、ウィリアムの父親(すなわちサラの夫)によれば、それは事故ではなく自殺だったとのこと。鬱状態となっていて、クスリやアルコールに溺れていたようです。
 なお、劇場用パンフレットのProduction Notesには、「ブレネール監督とジョンクールは、小説では描かれなかった“大人になったサラ”のキャラクターを作り上げた」と述べられています。
 確かに、原作小説では、サラを匿ってくれた農夫の孫の話として、「フランスとちがってホロコーストと無関係だったところにいきたい」と言って、「サラは1952年の末にフランスを出国した」とあったり(邦訳P.279)、「母の死は自殺だった」とウィリアムが述べるくらいがせいぜいのところです(邦訳P.375)。



(注10)妻の日記には、例えば、「私は勿論夫が日記をつけていることも、その日記帳をあの小机の抽出に入れて鍵をかけていることも、そしてその鍵を時としては書棚のいろいろな書物の間に、時としては床の絨毯の下に隠していることも、とうの昔から知っている」(P.14)と記載されている一方で、夫の日記には「妻ガコノ日記帳ヲ盗ミ読ミシテイルコトハ殆ド疑イナイ」と書かれているのです(新潮文庫P.33)。
 また、夫の日記にも、「ヤッパリ推察通リダッタ。妻ハ日記ツケテイタノダ」、「今日彼女ガ映画ヲ見ニ出カケタ間ニ茶ノ間ヲ探シテ、容易ニ探リアテルコトヲ得タ」(新潮文庫P.56~P.57)と書かれています。

(注11)この小説は、これまで都合4回映画化されています〔Wikipediaのこの項目を参照。ただし、3番目の作品について、若松孝二は監督ではなくプロデューサー(監督は木俣尭喬)〕。
 そこで、有名な第1番目(1959年)の市川昆監督のものをDVDで見てみましたが、映画自体は素晴らしい作品ながら、なんとそこでは「日記」も「鍵」も登場せずに、小説では脇役でしかない木村の話として、それもサスペンス物として描かれているのです。
 なお、「鍵」について、3番目の作品(1983年)においては、このHPによれば、「この映画で言う「鍵」は日記帳の鍵ではなく、主人公の書斎にある金庫の鍵です。金庫の中には、妻との房事を事細かに綴った日記帳、怪しげな精力剤のアンプルと注射器、妻の裸体を撮るのに使うポラロイドカメラなどが入っている」とのことです。

(注12)なお、3月上旬の公開されるマーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』の予告編を見ると、「ハート型の鍵」が重要な働きをするようで、また楽しみが一つ増えました。




★★★★☆





象のロケット:サラの鍵
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミッション・インポッシブル | トップ | 明けましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パリ暗黒史解明等への鍵 (黒と赤)
2011-12-31 14:49:16
 ナチの大虐殺がらみということで、本来は好きなテーマではなく、普段ならパスするような映画でしょうが、週刊誌などで評判がよく、これは逃げられないと思って行ったところです。女性ジャーナリストの行動という現代的な視点がかなり入っているというのも、見ようとした契機の一つでした。
  全体のストーリーの流れとしてあまり無理がなく、なかなかの緊張感を保って展開していきますので、東京国際映画祭で受賞など高い評価を受けたのはよく分かります。ヒロインのジュリア役はもちろん、ここでも、幼い少女役のメリュジーヌ・マヤンスは立派な演技を見せてくれます。また、その成長した美少女で、どこか蔭がある無言の役を演じたシャーロット・ポートレルもお似合いでした。

  しばらく経って思い返したらまた違うかも知れませんが、とりあえずの感触をいうと、次のようなものであり、全体的に高く評価できる映画だと思われます。
①弟の遺体発見は、普通ならユダヤ人一家の残された持ち物をすべて処分する時になされるはずですから、納戸が多少分かりにくい場所にあっても、それに鍵がかかっていたとしても、それが見つけだされるはずです。この辺に、やや無理がありますが、物語の展開上、やむをえないとしてよさそうです。
②物は考えようで、弟を残したことでそれが気懸かりなヒロインの必死な収容所脱走につながり、サラが最終的に命を救われたと考えれば、亡くなった弟や家族の分だけ、健気に有効に生きようと考えるのかもしれません。物語の展開上、サラの自殺のような死によって、その後のサラの息子との対応がジュリアにでてくるようにストーリーが作られているのではないかと感じます。これは、次の③とも関連します。サラの夫との対面を病気ということでできなかったのも、ジュリアの夫との離婚・別居も、やはりそれにつながりそうです。
③ジュリアが生んだ娘に「サラ」と名づけたのは、ややあざといという評価も少し見ましたが、それだけ思入れのあった調査をやったのだというジャーナリストとしてプライドが根底にあったのでしょうし、これには、サラの息子とジュリアがその後に結びつくことを示唆したのかも知れません。後半が少しタレるとかいう評もありますが、追求する調査が自分自身のことではないので、ある程度事情が分かってくると、この辺はむしろ自然でしょう。本作映画の終わりにはいろいろ含みを持たせたようで、この辺は人によって受けとり方がちがうかもしれません。

  ジュリアがジャーナリストとして、フランスのナチス協力とユダヤ人迫害について真相を追求していくのは、これを認識していなかった外国人の立場からは、気持ちとしてよく分かります。そして、「事実を知るためには、それに関する代償も必要だ」という趣旨を彼女が言うのは、これが彼女自身に起こったことを踏まえていわれるのは、そうかもしれません。そこにはジュリアの精神と前向きな生き方も示されるようであり、サラの生き方とも対比して、考えさせられます。
  フランスでもナチ占領下にその政策に加担したことを、本作映画がきちんと事実的に示してくれるのは、創作としてもなかなか面白いと感じました。題名の「鍵」には、多くの意味があるようで、戦時中のパリ暗黒史解明の手がかり、それに因る生き方への手がかりという意味もあるのでしょう。だから、反戦映画、反ナチ映画だけとしてとらえてよいものではないと思われますし、そこに私が魅力を感じるところがあります。ともあれ、こうした良作は多くの人々に見てもらいたいと感じたものでもあります。
お礼 (クマネズミ)
2012-01-02 05:26:49
「黒と赤」さん、大晦日にもかかわらず、実に行き届いた素晴らしいコメントをいただき、感謝申し上げます。
なお、「納戸が多少分かりにくい」というのは、上記の「注3」でも触れましたが、原作では外部の人にはわからないとされており、映画のような普通の納戸(鍵の位置がスグに分かるような)ではないのではないかと思われるところです。
また、「サラの息子とジュリアがその後に結びつく」という点に関しては、上記の「注8」でも触れましたが、ゾーイの存在を考えると(彼女は、ウィリアムとは何の関わりも持っていませんから:それに、ジュリアはNYに来ていながら1年以上ウィリアムに会っていないのですし)、なかなか難しいのではと思っています。
コメント。 (ほし★ママ。)
2012-02-12 10:00:04
昨日お邪魔して、残させて頂いたつもりでしたが
上手く送れていなかったようです。
 
タイトルの「鍵」とは「心の鍵」のことですね。
と言うようなことを申し上げたんですが

今日は、記事への「ストレート」な感想を!!
『麒麟の翼』よりこっちの原作を読みなさい!私…
納戸 (クマネズミ)
2012-02-12 22:18:22
「ほし★ママ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
『サラの鍵』については、また原作も味わい深いと思いました。
むろん、原作と映画とは別物ですから、原作に基づいて映画の問題転を論っても意味はないと思うところ、ただ、弟が隠れた「納戸」については、映画は随分と簡単に明けられるようにできていましたが、原作の方では、ソコに納戸があることを知らないと外見からでは分からないように出来ていると書かれていて、なるほどと思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サラの鍵 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。タチアナ・ド・ロネ原作、原題:ELLE S'APPELAIT SARAH(彼女の名はサラ)、英題:Sarah’s Key。ジル・パケ=ブランネール監督。クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ ...
サラの鍵/クリスティン・スコット・トーマス (カノンな日々)
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェル・ディヴ事件」を題材にある家族にまつわる悲劇を描いた社会派のヒューマン・ドラマです。タチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を原 ...
サラの鍵 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Elle s'appelait Sarah (Bande originale du film de Gilles Paquet-Brenner)戦争中の悲劇をひも解く、ミステリー仕立ての社会派ドラマ「サラの鍵」。歴史告発というより、個人史として描いている。パリで ...
2011年9月19日 『サラの鍵』 赤坂区民センター (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『サラの鍵』です。 【ストーリー】  1942年、ナチス占領下のパリ。ユダヤ人一斉検挙によってヴェルディヴに連れてこられた人々の中に、少女サラはいた。それから60年後。パリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリア(クリスティン・スコット・トー...
*『サラの鍵』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:フランス映画、ジル・パケ=ブレネール監督、タチアナ・ド・ロネ原作、クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストラップ、エイダン・クイン出演。 ≪【第18回(2011年)大阪ヨーロッパ映画祭】先行上映にて観賞≫
サラの鍵 (LOVE Cinemas 調布)
世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネが原作。フランスで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」をテーマに、過去事件迫害を受けた少女の生きた軌跡を現在に生きるジャーナリストの女性が追いかける形で、現在と過去をかわるがわる描きながら物語が進行し...
『サラの鍵』 (ラムの大通り)
(原題:Elle s'applelait Sarah) ----これって、去年の東京国際映画祭で話題になった映画だよね。 「うん。周りで観た人のほとんどがベストとして推していた。 それを裏付けるかのようにこの作品は、 最優秀監督賞と観客賞をW受賞している。 さあ、どんな映画だ....
サラの鍵 #81 (レザボアCATs)
’10年、フランス 原題:Elle s’appelait Sarah 監督:ジル・パケ=ブレネール 原作:タチアナ・ド・ロネ 脚本:ジル・パケ=ブレネール、セルジュ・ジョンクール キャスト:クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ・マイヤンス、ニエル・アレストラップ、...
サラの鍵 #81 (レザボアCATs)
’10年、フランス 原題:Elle s’appelait Sarah 監督:ジル・パケ=ブレネール 原作:タチアナ・ド・ロネ 脚本:ジル・パケ=ブレネール、セルジュ・ジョンクール キャスト:クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ・マイヤンス、ニエル・アレストラップ、...
東京国際映画祭 *サラの鍵* (Cartouche)
Elle s'appelait Sarah - Teaser   タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説の映画化で、人生を変えるほどの大きな決断に迫られるアメリカ人ジャーナリストの物語である。ジュリアは、1942年フランスのヴェルディヴで起きたユダヤ人迫害事件を取材す...
サラの鍵 /ELLE S'APPELAIT SARAH /SARAH'S KEY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第23回東京国際映画祭にて監督賞と観客賞を受賞 試写で観ていたんだけどupが遅れちゃってた。 17日から公開中 タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー。 「黄色い星の子供たち」でも描かれたヴェル....
【TIFF 2010】『サラの鍵』 (2010) / フランス (Nice One!! @goo)
原題:Sarah's Key / ELLE S'APPELAIT SARAH 監督:ジル・パケ=ブレネール 原作:タチアナ・ド・ロネ 出演:クリスティン・スコット・トーマス メリュシーヌ・マイヤンス ニエル・アレストラップ エイダン・クイン 公式サイトはこちら。(2011年12....
『サラの鍵』試写 (2回目鑑賞) (Nice One!! @goo)
昨年、第23回東京国際映画祭にて鑑賞した時の感動が忘れられずに、今もずーっと心に残る作品。 ようやく今週末、12月17日より一般公開となります。 まるで自分のことのように嬉しくて仕方がないのです。 そのサラに、ジュリアに、早く逢いたくて、試写会に行って来まし...
『サラの鍵』:第18回大阪ヨーロッパ映画祭 (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしくて見応えのある作品でした。
『サラの鍵』 (beatitude)
夫と娘とパリで暮らすアメリカ人女性記者ジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、45歳で待望の妊娠をはたす。が、報告した夫から返って来たのは、思いもよらぬ反対だった。そんな人生の岐路に立った彼女は、ある取材で衝撃的な事実に出会う。夫の祖父母から譲り...
サラの鍵 ELLE S'APPELAIT SARAH (まてぃの徒然映画+雑記)
『黄色い星の子供たち』と同じ、フランスのユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」を題材にした作品。 1942年7月の早朝、突然警官がアパートを訪れ、スタジンスキ一家をはじめユダヤ人を連行する。サラ(メリュジーヌ・マヤンス)はとっさに弟ミシェルを納戸に隠し鍵をか...
サラの鍵 (とりあえず、コメントです)
タチアナ・ド・ロネ著の同名小説を映画化した作品です。 好きな女優のクリスティン・スコット・トーマスが主演だったので気になっていました。 第二次世界大戦中に全てを奪われてしまった少女サラの人生が痛々しかったです。
真実を知ること (笑う学生の生活)
21日のことですが、映画「サラの鍵」を鑑賞しました。 フランスで行われた ユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件で起きたある悲劇 現代 その謎を追うジャーナリスト 2つの時代から見せていく構成の巧さが光り ストーリー展開で引き込みますね この話は原作のあるフィクショ...
サラの鍵 (映画 K'z films 2)
原題ELLE S'APPELAIT SARAH監督ジル・パケ=ブランネール出演クリスティン・スコット・トーマス メリュジーヌ・マヤンス ニエル・アレストリュプ エイダン・クイン フレデリック・ピエロ公開2011年 12月
サラの鍵 (こんな映画見ました~)
『サラの鍵』---ELLE S'APPELAIT SARAH---2010年(フランス)監督: ジル・パケ=ブランネール 出演:クリスティン・スコット・トーマス 、メリュジーヌ・マヤンス 、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー...
【サラの鍵】ヴェル・ディブ事件の爪痕を開く鍵 (映画@見取り八段)
サラの鍵 ~ ELLE S'APPELAIT SARAH ~ 監督: ジル・パケ=ブランネール    出演: クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、フレデリック・ピエロ...
サラの鍵 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  パリ住まいのアメリカ人女性記者ジュリアは、40代半ばで妊娠するのだが、喜ぶと思っていた夫の反対に失望する。そんなときにある取材がもとになって、1942年に起ったナチによるユダヤ人迫害事件に興味を持ちはじめるのだった。 また偶然にも、夫の父が...
サラの鍵 (A Day In The Life)
毎日新聞の映画評で一押しの映画であったことも あり、最寄りの劇場で鑑賞 解説 ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件を題材に、 過去と現代を交錯させながらユダヤ人一家に起こった悲劇を描く感動的な 社会派ドラマ。 世界中で300...
サラの鍵 (A Day In The Life)
毎日新聞の映画評で一押しの映画であったことも あり、最寄りの劇場で鑑賞 解説 ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件を題材に、 過去と現代を交錯させながらユダヤ人一家に起こった悲劇を描く感動的な 社会派ドラマ。 世界中で300...
映画『サラの鍵』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-86.サラの鍵■原題:Elle s'appelait Sarah(英題:Sarah's Key)■製作年・国:2010年、フランス■上映時間:111分■字幕:斎藤敦子■料金:1,800円■鑑賞日:12月17日、新宿武蔵野館(新宿)□監督・脚本:ジル・パケ=ブレネール□脚本:セ...
『サラの鍵』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
劇場鑑賞は逃してしまったのですが 先日、自宅で『黄色い星の子供たち』を観ました。 鑑賞後、ネッ友さんのレビューを読ませて
「サラの鍵」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Elle s'appelait Sarah」…aka「Sarah's Key」 2020 フランス ジュリアに「ルパン/2004」「ブーリン家の姉妹/2008」「ずっとあなたを愛してる/2008」「お買いもの中毒な私!/2009」「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/2009」のクリスティン・スコット・...
現在、過去、真実 ~『サラの鍵』 (真紅のthinkingdays)
 ELLE S'APPELAIT SARAH  1942年7月、パリ。フランス警察が何千ものユダヤ人を逮捕し、屋内競技 場に収容した日。少女サラは弟ミシェルを納戸に匿い、鍵をかけた。  2009年、夫と娘の3...
サラの鍵 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件にまつわる悲劇を描いたタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・ ...
サラの鍵 (心のままに映画の風景)
1942年、ナチス占領下のパリ。 フランス当局によるユダヤ人一斉検挙が始まり、10歳のサラは、弟を納戸に隠して鍵を閉める。 一家はヴェルディヴに連れていかれるが…。 2009年。 パリに暮らすアメリカ...
サラの鍵 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★4.5“二人の女性の人生が時代を越えてつながっていく運命の不思議さに魅せられます” 映画は現代を生きるジュリアと、ヴェル・ディブ事件やその後のサラが交互に描かれています。 ベルトランはジュリアに“家族がアパートに関する真実を知ることを恐れている”...
サラの鍵 (いやいやえん)
「サラの鍵」とは、ユダヤ人の一斉検挙が行われた際、サラが弟をとっさにかくまった納戸の鍵のこと。すぐに帰れると思っていたサラが何気なく取ったこの行動が悲劇を生みます。 賢くて凛としたサラ役の少女の演技に
DVD:サラの鍵  ヴェルディヴ事件を追う女性記者が、少女サラを通して辿り着く真実とは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
1942年、ナチス占領下のパリ。 ユダヤ人一斉検挙がフランス警察によって行われ、競輪場に集められ迫害を受けた後、収容所に送り込まれ 死に追いやられていた。 この重い事実をネタにした映画(ヴェルディヴ事件) 最近でいうと「黄色い星の子供たち」 LA RAFLE(2011-07-...
サラの鍵 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【ELLE S'APPELAIT SARAH】 2011/12/17公開 アメリカ 111分監督:ジル・パケ=ブランネール出演:クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン、フレデリック・ピエロ ただ、伝えたい。決してあなたを忘...
サラの鍵 (映画の話でコーヒーブレイク)
本作を見た時、以前よく似た映画を見たことを思い出しました。 メラニー・ロラン、最近「ドラえもん」で話題のジャン・レノが出演した「黄色い星の子供たち」です。 フランスでは1995年シラク大統領が公式に認めるまで封印されていたヴェル・ディヴ事件。 1942年7月、ヴ...
ヴェル・ディヴ事件の映画2本 (Akira's VOICE)
「黄色い星の子供たち」 「サラの鍵」