映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

Somewhere

2011年04月23日 | 洋画(11年)
 『Somewhere』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。

(1)映画を制作したソフィア・コッポラ監督については、少し前にDVDで見たことがある『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)が、東京を舞台にした大変興味深い作品だったこともあり、今回の作品にも期待したところです。
 実際に見てみると、期待にたがわず、なかなかよくできた映画だなと思いました。

 とはいえ、問題がないわけではないでしょう。
 まずは、長回しがとても多く使われている点があげられるでしょう。
 たとえば、冒頭のシーンでは、主人公のジョニースティーヴン・ドーフ)がフェラーリに乗り、けたたましい爆音を鳴り響かせながら、野原の周回コースのようなところを何度も何度も繰り返し走り回るのです。



 また、ジョニーは、宿泊先のホテル(ハリウッドにあるシャトー・マーモント)に戻って自分の部屋に入ると、二人の若い女性が演じるポールダンスを暫くの間じっと見ています(折りたたむことの出来るハンディなポールを持ってきて、部屋の中で演じます)。彼女たちは、別に服を脱いでいくわけでもなく、ただ単にポールに手をかけてグルグル回ったりするだけで、ジョニーの方も、ベッドで寝ころびながらそれをじっと見つめるにすぎません(このポールダンスは2回ほど映画に登場します)。
 さらにジョニーは、離婚した妻レイラの元にいる娘クレオエル・ファニング)と一緒に過ごせる週末に、スケートリンクに出かけて、娘のフィギュアスケートを眺めるのですが、この場面も長く続きます。クレオは、まだそんなに上級の技術を身に着けておらず、従って回転ジャンプなど出来ないわけで、これも単調にぐるぐるリンクを滑って回るだけながら、それをジョニーは観客席から静かに眺めています。

 このように、一見すると余り特徴のない退屈さを感じさせる長回しが、本作品では多用されています。
 ただ、それがこうも繰り返し使われると、見ている方もそれには何か意味が込められているのだなと推理しはじめます。
 おそらくは、超有名映画スターであるジョニーの生活の空虚さ・単調さといったことが反映されているのでしょう(どの長回しも、描き出されるのは、どれも円運動をするものばかりですから。一回転すれば、また元の地点に戻ってくるにすぎません!)。
 そして、そうに違いないことは、以降の様々な場面を見ていくうちに、見る方も次第にわかってきます。

 でも、言うまでもないことながら、事態はそんなに簡単には進行しません。
 前から予定されていたのでしょう、ジョニーが出演した作品がイタリアで賞を受けることになり、急遽ミラノに飛ぶことになります。クレオを養育しているはずの前妻が家を空けなくてはならないというので、ジョニーは仕方なしに、クレオを伴ってイタリアに向かうことになります。
 ただ、このイタリアでの有様は、実にゴージャス(何しろ、隣室に屋内プールが設けられている豪華な部屋を宿泊先としてあてがわれるのですから!)、かつ愉快なもので、それまでこの映画の基調を形作っていた重苦しさとは対極にある感じです(注)。

 でも、やはりそれは一時の気分転換にすぎません。ジョニーの内面の空虚さは広がってくるばかりです。フェラーリをぶっ飛ばしても、女性と様々に付き合っても、「自分には何もない」という思いが募ってきます。
 と言って、何の趣味もないのかというと、どうやら音楽には造詣が深いようです。クエオと一緒にロック・ギターを弾いたりしますし、バッハのゴールドベルグ変奏曲のアリアをピアノで弾いたりします。ただ、いずれも中途半端のレベルで、演奏する自分の心が癒されるまでには到達していない様子です。

 そこでもう一つの問題も浮上してきます。すなわち、ジョニーは、自分の抱える虚しさの余りの大きさから、涙を流しながら前妻のレイラに電話をかけるのです。「自分には何もないんだ、こっちに来れないか、また一緒にやっていかないか」とレイラに向かって話しかけます。
 でも、それはあまりに身勝手というべきでしょう。
 自分の方では、行き当たりばったりにドンドン女を引っ掛けているくせに、それに虚しさを感じると、元の奥さんに泣き言を言うのですから、やってはいられません。
 ただ、そう言ってしまうと彼も逃げ場がなくなってしまうでしょう。
 それに、逆に、自身の中に大きな空洞を抱え込んでいるからこそ、女性を渡り歩くのであって、なにもそうして楽しみたいからというわけでもなさそうなのです(ポールダンスの女性を部屋に呼んでも、あまり楽しそうにダンスを見ているわけでもありませんし)。
 おそらく、ジョニーの心の空虚さは、前妻のレイラが仮に戻ってきたとしても、消えることはないでしょう。

 となると、最後のよりどころは娘のクレオ。
 確かに、イタリアなどでクレオと楽しい一時を過ごしはします。
 ですが、それだって彼女には学校生活があったり、友人と過ごす時間の方が長いでしょう。現にそのクレオも、学校のキャンプに参加せねばならず、ついにはジョニーは一人きりになってしまいます。
 それに、たとえクレオがキャンプに行かなくとも、すぐに大きくなって独り立ちし、親元から離れてしまうのですし!

 ラストでは、ジョニーはフラーリを走らせて、単調にまっすぐに道路が続くだけの草原で車を放棄して一人とぼとぼと歩きだします。どこに向かって歩いていこうというのでしょうか?それでもどこか(somewhere)があるに違いありません。

 この作品にはもう一つ問題があるように思われます。
 すなわち、心にポッカリと大きな穴が開いて何もそれを埋めることが出来ない状況というのは、これまでも散々文学等で取り上げられてきており、この作品は、単にそれらの長いリストにもう一つ名前を連ねただけではないか、という点です。
 確かに、主人公が超売れっ子のハリウッドスターであるとか、フェラーリを乗り回すとか、娘がフィギュアスケートをするとかの点では、新奇性があるかもしれません。ですが、それは取り替えのきく外観だけのことであって、基本的なところを見てみれば、旧態依然たるものがあるようにも考えられるところです。
 ただ逆に、そう言ってしまうと身も蓋もない話になってしまい、むしろ現代人の有様を少しでも真正面から捉えようとすれば、どんな作品であっても、多かれ少なかれ現代人の心の空虚さを描かざるをえないのではないか、とも思われてきます。
 そしてこの作品は、むしろ、そういった面をことさら大きく捉えようとしている点に面白さがあると言えるのかもしれません。
 としたら、フェラーリを投げ出してsomewhereに向かって歩いて行くジョニーを温かく見守っていこうではないかと言ってみたくもなってきます。

 なお、主人公を演じるスティーヴン・ドーフは、オフのスターだったらこんな感じになるのだろうなと見る者を納得させるような雰囲気を、実にうまく作り出していると思います(『パブリック・エネミーズ』に出演していたのですが、あまり印象に残っていません)。


(注)イタリアでジョニーは、イタリア放送局のアナウンサーからのインタビューを受けます。その際、質問に対して一言二言で簡潔に答えるにもかかわらず、長々とイタリア語に翻訳されて放送されてしまいます。ソフィア・コッポラ監督の前々作『ロスト・イン・トランスレーション』には、ビル・マーレイに日本人演出家が長々指示をするものの、通訳が一言二言で済ませてしまうシーンがありますが、これはそのシーンと逆の意味で通じるものがあって、非常に面白いなと思いました。




(2)本作品は、ジョニー役のスティーヴン・ドーフと、娘のクレオ役のエル・ファニングとで作られていると言っても過言ではないでしょうが、そうなると、最近見た『トゥルー・グリット』のヘイリー・スタインフェルドと比べてみたくなってしまいます。





 年齢の点では、 ヘイリー・スタインフェルドが14歳で、エル・ファニングが11歳と随分と近いものの、これまでの経歴の点では、前者は短編映画2本に出演しただけであるのに対して、後者は幼いときから超売れっ子子役でした。
 役の点からすると、マティが実年齢と同じ14歳であり、またクレオも13歳とほぼ同じですが、マティの武器が大人顔負けの度胸であるのに対して、クレオの方はフィギュアスケートなど多彩な才能を持っているようです。
 そして、マティは毒蛇に噛まれて腕を一本失ってしまいますが、クレオの方も頼りにしていた母親に捨てられてしまったようなのです。
 マア類似点と相違点とがあって、どちらが良いか比べても意味はないかもしれず、ここは両者とも実に適切にキャスティングされているとして、彼らをそれぞれ選び出したスタッフの確かな目を賞賛すべきでしょう。

(3)映画評論家の意見は分かれるようです。
 渡まち子氏は、「センチメンタルなのにどこか乾いた空気が、ソフィア・コッポラならではのテイストで、それは自伝的要素の強い本作でも強く感じられる」。主人公とその娘の「二人がかけがえのない時間を過ごす様子が、切なくもいとおしい。なんだかヘンテコなイタリア旅行、午後のまどろみ、たわいないおしゃべり。キャンプに持っていく持ち物を決めるだけでも楽しくてたまらない。さりげない感情のうつろいを、センスのいい音楽にのせてスケッチするのがいかにもソフィア・コッポラらしい」などとして65点を付けています。
 他方で福本次郎氏は、「連綿たる間延びしたシーンと緊張感に乏しい演出は、時間の流れをリアルに再現してはいるが、感情の起伏に乏しく平板な印象は禁じえない」、「カメラはあえてジョニーの内面に踏み込もうとはせず、不器用な彼の行動を見守るばかり。そこからはユーモアもペーソスも感じられなかった」として40点しか与えていません。
 ただ、福本氏の「「連綿たる間延びしたシーンと緊張感に乏しい演出」との評は、この映画のキモを見ていないのでは、としか言いようがありません。




★★★☆☆






象のロケット:Somewhere
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しみのミルク | トップ | 婚前特急 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございました (シムウナ)
2011-04-24 17:40:14
何不住なくみたされているようで
心が満たされない空虚な毎日。
気付いたとき、人生を振り返り
後悔の念にとらわれてしまう。
観ている自分にも痛烈に訴えかけられた
ような作品で胸が痛いです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
SOMEWHERE (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、ソフィア・コッポラ監督、スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス、ベニチオ・デル・トロ、ミシ ...
SOMEWHERE /サムウェア (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ヴェネチア映画祭、金獅子賞受賞で箔がついた、ソフィア・コッポラの4年振りの新作 むむむ、感想から言っちゃうと そんなとるほどの話じゃない。 タラちゃんが審査委員長で今回ひいき目だという声もあがって....
SOMEWHERE (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映像センスには定評があるソフィア・コッポラらしいドライな感覚の人間ドラマだ。映画業界ならではのセレブな空気と、そこに潜む孤独には、巨匠フランシス・フォード・コッポラの ...
【SOMEWHERE】 (日々のつぶやき)
監督:ソフィア・コッポラ 出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、ミシェル・モナハン、ベニチオ・デル・トロ 父にとって、それは忘れかけていた日常。 娘にとって、それは忘れられない時間―。 「人気俳優のジョニー・マルコはハリウッドにあるホテルに
SOMEWHERE/スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング (カノンな日々)
2010年ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したソフィア・コッポラ監督が手がけたこの作品はハリウッドスターの主人公の光と影、孤独な生活や家族との絆を描いた人間ドラマです。 ...
SOMEWHERE (201X 映画観てきましたっ!)
北海道ではシネマフロンティアで上映中の 「SOMEWHERE」を 観てきましたっ!
『SOMEWHERE/サムウェア』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
     ソフィア・コッポラ監督・脚本・製作   ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品 この作品がヴェネチアでタランティーノ絶賛で賞を獲ったのは知ってたけど、 キャストまではよくわかってなかった。 『英国王のスピーチ』の時だったかスクリーンで予告...
SOMEWHERE (シネマDVD・映画情報館)
SOMEWHERE 監督・脚本:ソフィア・コッポラ 出演:スティーヴン・ドーフ/エル・ファニング/クリス・ポンティアス 内容:ハリウッドの人気俳優、ジョニー・マルコは、かつて伝説のスターたちも暮らしていたホテル“シャトー・マーモント”で暮らしている。...
『SOMEWHERE』 メローな空虚 (Days of Books, Films )
SOMEWHERE(film review) 「俺は空っぽの男だ」。ハリウッドの
Some where (ケントのたそがれ劇場)
★★★  フランシス・F・コッポラの娘であるソフィア・コッポラが『ロスト・イン・トランスレーション』、『マリー・アントワネット』に続いて撮った三作目の映画である。本作は『ロスト・イン・トランスレーション』同様、ドキュメンタリータッチのけだるい雰囲気が漂...
SOMEWHERE (ここにあるもの)
ソフィア・コッポラが正解な理由が、明確になる映画。 光と音楽と家族と素敵がバランスよく全編を覆う感じに、ふわっとできる。 待ちに待ったソフィア・コッポラの新作『SOMEWHERE ...
SOMEWHERE (風に吹かれて)
娘と過ごして気づいた事公式サイト http://somewhere-movie.jp監督: ソフィア・コッポラハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAにあるホテル“シャ
~『SOMEWHERE 』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、ソフィア・コッポラ監督&脚本、スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス出演。
『SOMEWHERE』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
楽天ブログ「Nice One!!」2011年4月9日日記のコピー記事です。 TBはこちらにお願いします。 Somewhere (trailer HD) 原題: SOMEWHERE 監督: ソフィア・コッポラ 出演: スティーブン・ドーフ 、エル・ファニング 、クリス・ポンティアス 、ベニチオ・デル・....
SOMEWHERE (うろうろ日記)
試写会で見ました。俳優の主人公が離れて暮らす娘との交流で娘っていいなー。という感
SOMEWHERE (LOVE Cinemas 調布)
典型的なセレブの生活を送る映画スターの下に、前妻との間にできた思春期の娘がやってくる。娘との瑞々しい交流を描きつつも、彼は己の心の空白に気付くのだった…。『マリー・アントワネット』のソフィア・コッポラが送る最新作は2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受...
SOMEWHERE(2010) (銅版画制作の日々)
どうしてだろう、娘との時間が美しいのは。 MOVX京都にて鑑賞。ソフィア・コッポラ監督の待望の新作。 2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作だそうです。ということでかなり期待度高い作品でしたが、、、、。う~ん特に大きな展開があるわけではなく、意外に淡々...
SOMEWHERE (とりあえず、コメントです)
ソフィア・コッポラ監督がヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したドラマです。 監督の作品は『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』の前2作を観ていたので、 今回はどんな作品を創り上げたのかなと楽しみにしていました。 主人公の孤独をしみ...
『SOMEWHERE』 (ラムの大通り)
(原題:SOMEWHERE) ----これってソフィア・コッポラ』監督の映画だよね。 確かヴェネチア国際映画祭金獅子賞だったような…。 「うん。 実を言うと、 あまりノレた映画じゃなくって、 いったんはスルーしようかと思っていたんだけど、 今回の地震で思うところがあっ...
シャトー・マーモントホテル~『SOMEWHERE』 (真紅のthinkingdays)
 SOMEWHERE  ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAの ホテル「シャトー・マーモント」で暮らし、空虚な日々を過ごしていた。そこへ、 前妻と暮らす...
『SOMEWHERE』  (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY )
音楽がバツグンなのはいつものこと。ガス・ヴァン・サント作品でおなじみのハリス・サヴィデスの撮影もステキ。限りなく透明なパステルトーンの空気が心地よい。 ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”で暮らすハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(ステ...
SOMEWHERE (映画情報良いとこ撮り!)
SOMEWHERE ジョニー・マルコは、ハリウッドの人気俳優だ。 そんな彼には、前妻との間に一人の娘がいた。 その娘が突然やってきて、しばらく生活を友することとなる。 しかし、彼は普段シャトー・マーモント暮らし、享楽的で、少し物悲しい暮らしをしていた。 ...
隙間を埋める存在 (笑う学生の生活)
15日のことですが、映画「SOMEWHERE」を鑑賞しました。 ホテル シャトー・マーモントで暮らしている映画スター、ジョニー 孤独で空虚な生活な彼の前に 娘クレオが現れて・・・ ジョニーの孤独な日々、クレオと一緒な日々 淡々と、詩的に描かれていく 本当に ただそれだ...
『SOMEWHERE』はセレブの清貧論だよ。 (かろうじてインターネット)
 ちょっと映画の感想が溜まっています。  今回はソフィア・コッポラの新作映画『SOMEWHERE』の感想。  観に行った映画館は吉祥寺バウスシアター。毎週月曜日のメンズデー割引で1000円で見て参...
[映画]「SOMEWHERE」監督ソフィア・コッポラ at 国際松竹。 (映画的日乗)
フィックスのフレームの中をぐるぐると円を描くように走る黒いフェラーリ。何度も何度も回り続け、いい加減しつこいぞと思う頃、フレームの真ん中にピタリと止まるその車。そうか、この調子で今回も「退屈な人生」を描く気だなとソフィア監督の「意外に強靭にして揺ぎな...
ソフィア・コッポラ監督『SOMEWHERE』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督『 SOMEWHERE 』 主演は「バック・ビート」「ブレイド」の スティーヴン・ドーフと
【映画】SOMEWHERE (KINOMANIE)
2010年アメリカ 原題:SOMEWHERE 監督・脚本:ソフィア・コッポラ 出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング他 2011年4月9日 ワーナーマイカルシネマズ板橋 評価★★★★(4/5) ハリウッド・セレ...
■映画『SOMEWHERE』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ソフィア・コッポラ監督の新作映画『SOMEWHERE』。 これは巨匠と言われる映画監督フランシス・フォード・コッポラの娘である彼女、映画業界の表と裏、光と影、華やかさの裏にある空虚さを知り尽くしている彼女だからこそ作れた作品だと思います。 派手なストーリー...
16.(?)SOMEWHERE (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 31オープニング土日動員: 9310人オープニング土日興収:
SOMEWHERE (心のままに映画の風景)
ハリウッドスター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”に住み、酒と女に明け暮れ、高級車を乗り回し、孤独を紛らわす生活をおくっていた。 ある日...
SOMEWHERE (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、空虚な日々を送るハリウッドスターと、別れた妻と暮らす娘とのひと時の交流を優しい眼差しで描いたドラマ。出演は ...
[映画『SOMEWHERE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆うん、分かる分かる、映評ブロガー・セレブとして名高い私の、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作の感想を聞きたいんだろう?  でもね、私、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを一作も見たことがないんだわ^^;  一週間程前に、前三作を借りてきて見...
『SOMEWHERE』 (だらだら無気力ブログ)
「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」の ソフィア・コッポラ監督が、すさんだセレブ生活を送る映画スターと、 前妻との娘である思春期の少女との束の間の心のふれあいを綴るハートフル ・ヒューマン・ストーリー。 主演は「パブリック・エネ...
『アメイジング・グレイス』『SOMEWHERE』をギンレイホールで観て、なるほど、そして横でガーガーふじき☆☆☆☆,☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『アメイジング・グレイス』 五つ星評価で【☆☆☆☆ちゃんと面白くて新たな知識も頭に入ってきてお得な感じ】 ※ 核心みたいなものは書かないけど ネタバレ っぽい部分 ...
SOMEWHERE (C'est joli~ここちいい毎日を~)
SOMEWHERE'10:米◆原題:SOMEWHERE◆監督:ソフィア・コッポラ「マリー・アントワネット」「ロスト・イン・トランスレーション」◆出演:スティーブン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポ ...
【SOMEWHERE】チャラ父の行く末「今頃すがりついても遅い?!」 (映画とYシャツと和菓子)
何も起きない。 あまりに何も起きなさすぎて逆に衝撃的。 大きな事件は「エンスト」である 笑 最初だけはえ?って思ったよ。 ポールダンサーのお姉さんが部屋の中でクルクルしてんだもん。 人気そ...
どこかでファイター (Akira's VOICE)
「SOMEWHERE」 「ザ・ファイター」